ニュース
» 2020年08月03日 21時00分 公開

ランボ史上最強V12エンジン搭載のハイパーカー「エッセンツァ SCV12」登場 すごすぎて飛んでいきそう (1/3)

「スーパーを超えた、“ハイパー”カー」なのです。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 アウトモビリ・ランボルギーニ(以下、ランボルギーニ)は7月29日(現地時間)、サーキット専用の特別限定モデル「エッセンツァ(Essenza) SCV12」(関連記事)を発表しました。

ランボルギーニ「エッセンツァ(Essenza) SCV12」 「エッセンツァ SCV12」。ランボルギーニならではの跳ね上げ式ドア(シザースドア)を羽のように広げ、まるで威嚇しているかのような迫力がある(写真:アウトモビリ・ランボルギーニ、以下同)

 エッセンサ SCV12は、ランボルギーニのレース部門「ランボルギーニ スクアドラ コルセ」とランボルギーニのデザイン部門「チェントロ スティーレ」が手掛けた特別モデル。同社はスーパーを超えた“ハイパー”カーと表現し、ミウラ、イオタ、ディアブロなど歴代のV12 NAエンジン搭載ハイエンドモデルにおける直系と位置付けます。公道走行は不可となるサーキット専用車です。

 空気を切り裂くように鋭く低い車体、そこに巨大なウイングをズンと装着した“いかにも”なスタイリングに、鮮やかなグリーンのカラーリング。現行GT3マシンより強力というダウンフォースを発生します。

 車内はまるで「宇宙船の操縦席」。カーボンで包まれた異空間の雰囲気あふれるコックピットに、円形の“ハンドル”ではなくF1マシンのようなディスプレイ付きマルチファンクションステアリングホイールを採用。シンプルに整然と並ぶスイッチとともに得も言われぬすごみと特別感を演出し、オーナーの所有欲も満たします。

ランボルギーニ「エッセンツァ(Essenza) SCV12」(写真:ランボルギーニ、以下同) サーキット走行専用で、「サーキットを思う存分走る」ためのオーナー向け特別会員資格も与えられる
GT3カー以上のダウンフォースを発揮するエクステリア GT3レースカー以上という、時速250キロで1200kgfのダウンフォースを発生
F1カーを連想させるディスプレイ付きマルチファンクションステアリングを装備 すげ……これが運転席!?!? 近代F1マシンのようなディスプレイ付きステアリングホイールを装備

 パワートレインは最大出力830馬力(618kW)を発揮するV12の6.5リッター自然吸気のV型12気筒で、走行風を取り込んでさらに出力を高めるラムエアシステムも備えます。パワーウェイトレシオは何と「1.66」です。うぉ、これやば。

 なおエッセンツァ SCV12のオーナーは、自身のマシンを世界有数のサーキットで走らせられる特別プログラムに参加できる会員制クラブの入会資格が与えられます。この会員制クラブはイタリアのサンタアガタ ボロネーゼに2021年に新設し、アプリで遠隔確認が行える「専用ガレージでの保管サービス」や、ランボルギーニ所属のプロドライバーが実施するものに近いフィットネストレーニングプログラムなども利用できる、特別な顧客のためのVIPサービスを用意します。

 生産台数は40台。価格や日本導入数は未発表ですが、日本のサーキットをこのモンスターが走る姿もぜひ見て見たいものですね!

ランボルギーニ史上最強のV12エンジンを搭載 インテリアのイメージスケッチ。造形がもう……よくあるクルマの内装を超えている


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2009/29/news094.jpg 「結末が載っていないなんて初めて」 「半沢直樹」賀来賢人&西田尚美&児嶋一哉ら出演者もラストを知らされず
  3. /nl/articles/2009/28/news039.jpg 「早く宿題終わったなら余った時間勉強しなさい」 会社でも見掛ける“やる気を無くすシステム”描いた4コマがあるある
  4. /nl/articles/2009/28/news089.jpg 「笠原さん」「笠松だよ!」 アンジャ児嶋、「半沢直樹」堺雅人と2人きりのシーンで“直樹”に名前をイジられる
  5. /nl/articles/2009/21/news034.jpg 「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
  6. /nl/articles/2009/28/news056.jpg 母親「いいことあったから家に来なさい」 実家のかわいい子猫、1年後にめちゃくちゃでかくなるビフォーアフター!
  7. /nl/articles/2009/29/news052.jpg 「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」
  8. /nl/articles/2009/29/news018.jpg ソシャゲのガチャ、物欲センサーで外れを引いたと思ったら…… 思わぬところでレアを引いた漫画にときめく
  9. /nl/articles/2009/28/news085.jpg 虚構新聞が謝罪 運動会のリレーで感染症に“2メートルのロングバトン使用”が事実に、長さまで一致
  10. /nl/articles/2008/31/news101.jpg 「ホラー感がすごい」 「半沢直樹」白井大臣、銀行の一致団結に屈す 崩れ落ちた“片目開眼”で視聴者を圧倒