おかえり箱根登山電車! 飲んで食べて、祝う 9カ月ぶりに復旧した「新しい箱根」の旅【漫画】やすこーんの「くらしの鉄道」(2/4 ページ)

» 2020年08月07日 19時00分 公開
[やすこーんねとらぼ]

窓から久しぶりの景色を眺める「線路がつながっているのは当たり前ではないんだなあ……」(漫画は3ページ目!)

 この日の天気予報は晴れのはずだったのですが、雨が降ってきてしまいました。うーん、晴れ女なんだけどなあ? と不思議に思いつつ、まずは風祭駅で下車。

 訪れた「えれんなごっそCAFE107」は、約1年前に引退した箱根登山電車、モハ1形107の車両を使用したカフェ。車両は1年前にこちらに譲渡されました。私もひさしぶりの再会です。

箱根登山鉄道 箱根登山電車 ロマンスカーGSE 「えれんなごっそCAFE107」はかまぼこの鈴廣が経営
箱根登山鉄道 箱根登山電車 ロマンスカーGSE 人気メニューの「登山電車ケーキ」とコーヒー

 さて、現役で活躍している箱根登山電車たちに会いに行きましょう。

 箱根湯本駅でやってきた車両は先ほどの兄弟、モハ1形104-106編成。クーラーが搭載されていない旧型車両が、ゴトゴトと、力強く斜面を登っていきます。このぐんぐん引っ張られていく感じがいいんですよね。

箱根登山鉄道 箱根登山電車 ロマンスカーGSE 箱根湯本駅に入線するモハ1形104-106編成
箱根登山鉄道 箱根登山電車 ロマンスカーGSE 久しぶりのスイッチバック(1回目)

 線路がつながっているのは当たり前ではないんだなあ、とありがたみを噛みしめつつ、開いた窓から久しぶりの景色を眺めます。3回のスイッチバックを経て、小涌谷駅手前、一番復旧工事が大変だったという蛇骨陸橋付近にさしかかりました。

 この辺りはだいぶ景観が変わりました。まず電車を通すことを最優先に考えたそうで、下を見ると橋桁はまだ工事中。工事に携わる方々には本当に頭が下がります。

 沿線にはまだ少しあじさいが残っていました。来年は、あじさい電車に乗りたいなあ。

箱根登山鉄道 箱根登山電車 ロマンスカーGSE コンクリートワッフルで固められた山側斜面
強羅から箱根湯本方面の上り列車、アレグラ号車内から。小涌谷駅を出て蛇骨陸橋付近を通過、宮ノ下駅まで向かうところ

「段々ベンチシート仕様」もいいね 新しいケーブルカー車両と足湯を楽しむ

 強羅に到着。新しいケーブルカー車両は赤い1号車と青の2号車が運行していました。

 座席はこれまでの進行方向向き2人がけクロスシートではなく、ロングシートが段々となった並びになりました。確かにこの方が座りやすいし、より多くの人が乗れそうです。

photophoto 1号車は箱根登山鉄道車両アレグラ号と同じバーミリオンはこね色
箱根登山鉄道 箱根登山電車 ロマンスカーGSE 憩いスペースもある早雲山駅2階エリア。ロープウェイ乗り場もこちらにある

 終点の早雲山駅は様変わりし、おしゃれな施設に変わっていました。置いてあるおみやげも、今までのものとだいぶ種類が違います。インスタ映えしそうなドリンクやフード、待ち合いスペースにはスマホ充電コーナー、そして屋外の展望台には「足湯」が作られていました。

 こちらの足湯で使われている温泉は、大涌谷から強羅まで引いた温泉をそのまま使っています。ほのかな硫黄臭で温度もちょうどよく、景色を眺めながら長くつかっていたくなります。空いていそうな平日に、あらためてのんびり来てみよう。

箱根登山鉄道 箱根登山電車 ロマンスカーGSE 大きな円形テーブル。目の前の山には大文字焼き
箱根登山鉄道 箱根登山電車 ロマンスカーGSE 山側のテーブル下に、足湯がある
photophoto 2号車は箱根山から見る青空をイメージした色

 ケーブルカーで再び強羅駅に戻ります。お腹が空いたので何度か訪れている「田むら銀かつ亭」へ。しかしここは人気店で、この日は70組待ち。ちなみに10組で1時間が目安です。

 諦めて帰る人も多いので比較的早く呼ばれますが、待ちたくない方には隣の「銀かつ工房」で売られている「銀かつサンド」もおすすめです。

 え、朝も食べたって? いいのです。私はカツサンドが好きなのです。

箱根登山鉄道 箱根登山電車 ロマンスカーGSE 「銀かつサンド」は早いと昼過ぎになくなる

 銀かつサンドは、米油100%で揚げられたもち豚を、富士屋ホテル「PICOT」のパンではさんだカツサンド。油が軽くて胃もたれしません。店内のカウンターでも食べられますが、晴れていれば強羅公園で食べたりも。ちなみに強羅公園は、トコトコきっぷがあれば入場無料です(通常は大人550円)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」