ニュース
» 2020年08月13日 09時00分 公開

小淵沢駅「高原野菜とカツの弁当(復刻版パッケージ)」(1000円)〜50年前からベジファースト! 日本初の生野菜入り駅弁が50周年

メインは何といっても「高原野菜」。野菜のシャキシャキ、カツのサクサク、味はもちろん「音」がおいしい駅弁です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

駅弁 キハ100・110系気動車・快速「HIGH RAIL」、小海線・野辺山〜信濃川上間

中央本線の小淵沢と、しなの鉄道(旧・信越本線)の小諸を結ぶJR小海線。

昭和10(1935)年11月29日に全線が開業して、今年(2020年)で85年を迎えます。

清里〜野辺山間でJR線最高地点の標高1375mを通ることにちなんでネーミングされた、観光列車「HIGH RAIL 1375」も、7月下旬から運転を再開。

青い列車が、八ヶ岳を横目に、涼やかな高原の風のなかを駆け抜けて行きます。

(参考)小海線地域活性化協議会ホームページ

駅弁 キハ110系気動車・普通列車、小海線・信濃川上〜野辺山間

JR線の駅としては最高所(標高1345.67m)に位置する野辺山駅周辺から、お隣・川上村にかけては、日本を代表する高原野菜の産地として知られています。

小海線の車窓にも、レタスをはじめとしたさまざまな作物の野菜畑が広がります。

“マルチ”と呼ばれる白いシートが目立つということは、まだ野菜が植えられたばかりか。

農家の皆さんが、1つ1つ丹精込めて、フレッシュな高原野菜をつくり上げていきます。

(参考)JA長野県ホームページ

駅弁 高原野菜とカツの弁当(復刻版パッケージ)

そんな八ヶ岳山麓の高原野菜をイメージしてつくられた駅弁といえば、中央本線から小海線が分岐する小淵沢駅で販売されている「高原野菜とカツの弁当」(1000円)。

小淵沢駅弁「丸政」を代表する名物にして、地元の方にも“カツ弁”と呼ばれ、親しまれている駅弁が、昭和45(1970)年の発売から、今年(2020年)で50周年を迎えました。

これに合わせ、現在は発売当初の「復刻版パッケージ」で販売されています。

駅弁 高原野菜とカツの弁当(復刻版パッケージ)

現在(2020年)は水色の包装が印象的ですが、発売当初は黄色い掛け紙で、価格は300円。

復刻版のパッケージということもあって、「おかげさまで発売から50年」の文字が躍ります。

その横の電話番号も、市外局番6ケタ、市内局番なしというのが、時代を感じさせますね。

昭和30〜40年代の旅行ブームにあって、やや出遅れていた感のあった「丸政」が、起死回生の強い意志で決断したのが、この「高原野菜とカツの弁当」の開発だったと言います。

(参考)鉄道と共に歩んだ丸政の100年の足跡

駅弁 高原野菜とカツの弁当(復刻版パッケージ)

【おしながき】

  • 白飯
  • チキンカツ レモン
  • 生野菜(レタス・セロリ・きゅうり・ミニトマト・カリフラワー・しめじ・コーン・山ごぼう・蕨)
  • スパゲティ―
  • 茎さつま
  • りんご
  • ドレッシング、塩、ソース、マスタード、社名入り紙ナプキン
駅弁 高原野菜とカツの弁当(復刻版パッケージ)

この駅弁のメインは、何といっても「高原野菜」!

野菜をたくさん食べてもらうために、ご飯の量を通常より40g少なめにしていると言います。

いまは当たり前になった“ベジファースト”(野菜から食べ始める食習慣)ですが、じつは「高原野菜とカツの弁当」は、50年前から実践していたことに、先見の明を感じます。

カツはあくまでも付け合わせで、保存性からチキンとし、カットにもこだわっているそうです。

駅弁 高原野菜とカツの弁当(復刻版パッケージ)

私自身が50周年を迎えた「高原野菜とカツの弁当」に感謝したいことは、何といっても、苦手だったセロリの美味しさを知ることができたこと。

やっぱり、本場の美味しいものをいただくことが、食わず嫌いの克服にはいいんですよね。

そして、ラジオに携わる人間としては、野菜のシャキシャキ、カツのサクサクという音!

見た目も味はもちろん、日本一「音」が美味しい駅弁ではないかと思います。

駅弁 キハ110系気動車・普通列車、小海線・小淵沢〜甲斐小泉間

小淵沢を出た小海線の列車は、南アルプスの山並みを横目に、大きくカーブを描いて、八ヶ岳へ向け、エンジンを唸らせながら高度を上げていきます。

高原野菜のふるさとへ向けて標高が上がっていくなか、カラリと揚がったカツを頬張れば、気持ちもぐんぐんアガってハッピーに!

美味しいものをいただきながら、自然のなかでのんびりしたい2020年の夏です。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  5. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  10. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい