東京都が高齢者のインフル予防接種無償化〜コロナと重なる秋以降への対策

しっかりとした手洗いなどの対策も大事。

» 2020年09月05日 10時55分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

 ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月3日に放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。小池都知事が明らかにした東京都の新型コロナへの追加対策について解説した。

飯田浩司のOK! Cozy up! ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

東京都、新型コロナ追加対策で3400億円規模の補正予算案

 東京都の小池百合子知事は9月2日、高齢者施設や障害者施設での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ、東京都独自の検査費用などを盛り込んだ総額およそ3400億円の補正予算案を、9月18日に開会する東京都議会に提出すると明らかにした。

飯田)これで新型コロナウイルスの関連予算は、総額1兆7000億円規模になるということです。

飯田浩司のOK! Cozy up! ロシア、世界初の新型コロナワクチン承認 撮影地:ロシア モスクワ 撮影:2020年08月06日 AFP PHOTO / Russian Direct Investment Fund / Handout AFP=時事 写真提供:時事通信社

インフルエンザと新型コロナが重なるための対策〜東京都は高齢者のインフル予防接種を無償化

鈴木)最初は5000億、8000億と言われていました。では何に使うのかということですが、今回のポイントは秋以降、インフルエンザとコロナが同時期に重なって来るということです。そうなると医療機関が大変なことになってしまいます。

飯田)発熱している人は、インフルエンザとコロナのどちらなのかということになりますよね。

鈴木)そうなのです。インフルの方はワクチンなどを含めて、事前に予防することが可能です。小池さん周辺では、当初からそこにお金をかけようと、ターゲットにしていました。

飯田)秋冬に混乱が来るぞと。

鈴木)そうです。インフルの予防接種を東京都は無償化することにした。よくやったなと思います。全国の政令市では、自己負担を1000円負担にするなどの補助をする。

飯田)だいぶ安くなるように。

飯田浩司のOK! Cozy up! 東京・渋谷のスクランブル交差点をマスク姿で行き交う人たち。大型ビジョンには、東京都で新型コロナウイルスの新規感染者が290人報告されたニュースが流れた=2020年7月18日午後 写真提供:共同通信社

感染に対する危機感をもう1度引き締める

鈴木)もちろん年齢65歳以上や、子供などで分けています。そういう動きが出て来ました。私はよいお金の使い方だと思います。ただ、現在は感染者が減少傾向にあると言われています。皆さんに思い出してもらいたいのですが、最初の方の3月〜4月ごろは、50人の感染者が出ただけで驚きました。しかし、いまは150人や170人の感染者が出ても、「まあその程度か」という感覚の麻痺があると思います。

 症状が軽いということもありますが、私はいまも危機感や感染予防の意識などを保っておかなければならないと考えています。そうしなければ、秋以降のインフルエンザの流行と同じような時期に、また急激に拡がる可能性があります。一言で言えば、気を抜かない。数字に慣れきってしまっている部分があるので、意識をもう1度考え直す必要があると思います。

飯田)手洗いうがいや、マスクの着用など。

飯田浩司のOK! Cozy up! 新型コロナ関連 東京都、酒類提供店に時短要請 新橋の居酒屋=2020年8月3日午後、東京都港区 写真提供:産経新聞社

営業時間の短縮要請の地域を限定してもっと絞るべき

鈴木)東京都のやり方についてですが、東京都は23区と多摩というように、営業時間などを分けましたよね。

飯田)そうですね。営業時間の15日までの延長は分けていますね。

鈴木)私はさらに定点にした方がよいと思います。23区と言っても広いです。ですので、さらにエリアを限定する。当然、補償はセットです。もう少し限定的にやった方がいいのかなと思います。東京都のやり方として、その辺りに踏み切れない怖さがあるのでしょう。

 23区と多摩と言いますが、23区の多くは通勤範囲内ですので、そういう意味では、その区分はいったいどうなのだろうか。さらにエリアを絞り、23区ではなく「何区のどの地域に限定する」など、東京都は思い切ってやるべきだと思います。そうすると、解除もしやすくなるのではないでしょうか。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」