甲冑の知識を1枚の折本に オンラインのつながりが生んだ同人誌『超入門 かっちゅうの!折本にございます』司書みさきの同人誌レビューノート

自分で作る楽しみもあります。

» 2020年09月06日 12時00分 公開
[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 朝夕に虫の音が涼やかに聞こえてきます。秋に向かう時候の別名は月見月、紅葉月、菊見月なんていうのもあるそうですよ。暑さが少しだけやわらぐ中、今月は雅やかで華麗な和の世界をかわいらしく感じられる作品です。

今回紹介する同人誌

『超入門 かっちゅうの!折本にございます』A4 カラー

著者:うさうらら(usaurara)


同人誌 図書館 司書 白い背景に鮮やかな甲冑が映えます
同人誌 図書館 司書

1枚の紙から本へと変身。手のひらサイズのかわいい折本

 こちらのご本、実は冊子の状態ではなく1枚の紙にプリントされるのを想定してデータを公開されていました(入手方法は後述の「サークル情報」にて)。読者はそれをダウンロードし、印刷したのちに自分で切れ目を入れて、山折り谷折りすると、ぱたぱたとした小さな本が出来上がる仕組みです。A4サイズに刷り出してハサミで切ったり、こちらかしらあちらかしらと折って形作ったりすることの楽しさ、そして出来上がる意外な形。こんな形、なかなか本屋さんでは見掛けない……としばし眺めてから、おもむろにページをぱたりとめくると、そこに描かれているのは、強く華やかな甲冑(かっちゅう)の世界でした。

同人誌 図書館 司書 思っていたのと違う形に出来上がって、意外な楽しさが

重厚な甲冑を軽やかに

 表紙、裏表紙を足しても合計16ページ。しかも1ページはおよそ5センチ×7センチの小さな中に、ご本を出すに至った経緯、甲冑パーツについての解説、謎に思っていた甲冑の構造で気が付いた点などが、イラストと文章で掲載されています。

 16ページの同人誌は珍しくありませんけれど、なにせ手のひらサイズという限られた大きさです。表紙に「超入門」ともある通り、決して甲冑の全てを網羅しているわけではありません。ですが、ときに1ページまるまる文字に費やし、ときに4ページにまたがる絵もどーんと配置され、という独特の形を生かしたページのレイアウトの大胆さ。要所要所のすてきなイラストや図解はスケッチの線を生かしたような抑えめの色づかいのカットもあれば、色鮮やかな鎧兜のイラストも。文章も、手書きがひょっこり入り込む……。この混じり具合が、小さく不思議なご本の形とうまくかみ合い、重く固いイメージの甲冑の世界への第一歩を軽やかに踏み出させてくれます。

同人誌 図書館 司書 枠線は切り取り線、折線を表しています。見開きを生かして隣接したページからの書き込みも

オンラインでつながる創作の連鎖

 なぜ甲冑のご本を描かれたか、そこにはオンラインを生かした流れがありました。まずは、多様な衣装やポーズなどをTwitter上で披露し参加者がスケッチするエアドローイング会「エア関ドロ会」にて、天心流兵法の滝沢洞風(まーこ)さんが実際の甲冑を身に付けモデルになる会が開催されました。それを偶然にTwitterのタイムラインで知った作者さんが参加され、創作を折本として公開するイベントでかっこいい甲冑姿のスケッチをもとに作品を発表。そうしてその情報をネットで知った私がプリントアウトして、ご本が手元にやってきたのです。

 情報発信の間には必ず誰かの“面白そう”“楽しい”という人の気持ちが挟まって、人と場がつながってつながってすてきな作品がてのひらに届いたことが、しみじみとうれしくなりました。作者さんはご本の中で甲冑の奥深さに触れた面白さについてコメントし、「少しずつ書いたり描いたり楽しみながら勉強していきたいなー」と書かれています。発見したきっかけを柔軟に、そして機敏に取り入れて進む楽しさを一緒に体験させてもらうようなご本に、私も軽やかな気持ちになりました。

同人誌 図書館 司書 甲冑の華やかさと同時に、仕組みの面白さも

サークル情報

サークル名:卯楽々堂

Twitter:@usaurara

スケッチモデル:まーこ(@harima_mekkai

入手方法:セブン-イレブンのネットプリント(9月12日まで)

プリント予約番号「39403958」A4、カラー 1枚60円



今週の余談

 涼しくなったとはいえ、まだまだ頑張る暑さを感じながら、ゴーヤーを調理しました。作っているときは「こんなにまでしてゴーヤーを食べる必要があるのだろうか……」、その下ごしらえの手間に遠い目になりつつ、いざ食べるとシンプルな炒め物がおいしいのですよー!

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  2. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  3. /nl/articles/2404/19/news128.jpg 「プロ野球チップス」で誤字 伊藤大海投手を「176m」と記載してカルビー謝罪
  4. /nl/articles/2404/16/news112.jpg 「ママ友襲来10分前」→さぁ、どうする……? 大爆笑の“あるある”再現が400万再生突破「腹ちぎれました」「バナナ食べんでもええやん」
  5. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  6. /nl/articles/2404/18/news032.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに手をスリスリされた瞬間…… 愛と幸せあふれる空間に笑顔になる「これぞ天使だ」
  7. /nl/articles/2404/18/news130.jpg 漂う違法感 東京に戻る息子へ持たせた“大量のブツ”に「九州人あるある」「帰省からの帰りいつもこれ」の声
  8. /nl/articles/2404/18/news176.jpg 「大型魚の餌に!!」 熱帯魚店の“思わず目を疑うPOP”に恐怖 「サメでも飼うの?」
  9. /nl/articles/2404/18/news015.jpg 【追記】クルマのヘッドライトを「魔法の水」で磨いてみたら…… SNSで話題「ダイソーのアルカリ電解水」の効果に「今日やってみます」「参考になりました」の声
  10. /nl/articles/2404/16/news135.jpg 鼻がムズムズの2カ月赤ちゃん、息を吸い込んだ次の瞬間……! まるで天使な8秒に「このくしゃみは何!?」「全てがかわいい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」