レビュー
» 2020年10月04日 13時30分 公開

イグノーベル賞をテーマに15年 研究員×エンジニアのコンビによる同人誌が伝える“知ることの面白さ”司書みさきの同人誌レビューノート

『イグノーベル賞ファンブック』をご紹介します。

[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 毎年秋になると発表される「イグノーベル賞」をご存じでしょうか。『日本大百科全書 ニッポニカ』(小学館)には「ノーベル賞のパロディとして1991年に創設された、世界中の独創性に富んださまざまな研究や発明などに対して贈られる賞」と解説されています。2020年も日本からの受賞者が出たことでも話題になったこの賞に、長きにわたってアプローチし続ける同人誌があります。

今回紹介する同人誌

『イグノーベル賞ファンブックVol.16』A5 60P 表紙・本文モノクロ

著者:綾波書店、××番長


同人誌 図書館 司書 この方が主催者、マーク・エイブラハム氏

“まず人々を笑わせ、そして考えさせる”賞にインタビューで切り込む

 『イグノーベル賞ファンブック』は主に受賞者にインタビューし、その質問と回答を掲載した同人誌です。新刊を出される度、歴代の受賞者の中から毎回およそ2人の方のインタビューや、時には受賞者フォーラムの様子などが紹介されてきました。

 ご本は文章を中心に構成されていて、ごくさっぱりとした作りです。制作メンバーの本職は、科学系企業の研究員さんと、音響関係のエンジニアさんとのこと。受賞者の研究に対して基本的な質問から、時に専門分野に切り込んだ問いも交え、“まず人々を笑わせ、そして考えさせる”というイグノーベル賞の理念に添うように、読者につかず離れず研究の世界をかいま見せてくれます。

同人誌 図書館 司書 エイブラハム氏へのインタビュースタートです

「怖いものを敢えて見て欲しい」。主催者の言葉から明らかになるあれこれ

 なんともう15年も「ファンブック」を出し続けていらっしゃるお2人。この号ではついにイグノーベル賞の主催者、マーク・エイブラハム氏へのインタビューが決行されています。

 医学賞、文学賞、産婦人科学賞など実に多彩な賞の決め方は? なぜ日本人はイグノーベル賞を好むのか? どうやって面白い論文を世界中から発掘できるの? などなど、イグノーベル賞への疑問が解き明かされ、和やかな雰囲気でやりとりをしながら、賞の在り方、本質へと迫っていきます。

 例えば、賞の主要な目的の一つとして語られた「人々に怖いものを敢えて見て欲しい」「怖い物でも面白い研究ばかりなので、笑って楽しむことができる」という言葉からは、単純に恐ろしそうな研究が対象というだけでなく、知らないことは怖い、その怖さを乗り越えるために楽しさが力になると伝えられているように思いました。そこから「そのような研究ばかりなので、この本(『イグノーベル賞ファンブック』)のように他の人達に分かり易い形で示して貰うということが出来ます」と同人誌への言及に続き、賞がただひと時の笑いだけでなく、そこから興味と知識へとつながっていくさまを大切にしている様子が伺えます。こんな、はっとする視点がインタビューから度々引き出されていきます。

 ちなみにインタビューではエイブラハム氏の「人々はどのようにしてこの本(『イグノーベル賞ファンブック』)を入手されるのですか?」の問いに答える形で、コミケ参加についても触れられています。夏コミ会場の写真を見たエイブラハム氏の「ワオ!」のリアクションがなんだかうれしいです。

同人誌 図書館 司書 続いて2015年の受賞者さん。お鼻に大きな虫を載せつつ笑顔な訳は……?

研究紹介だけじゃない。刺さる言葉を引き出し続けるご本に拍手

 この号でのもう一人のインタビュー掲載者、2015年に生理学および昆虫学賞受賞を“虫に刺された際の痛みの評価基準「シュミット指数」”で受賞したジャスティン・シュミット氏。

 実際に虫に刺されて、その痛み度数を自分で決めてみたという、つまり何度も何度も痛い目に合わないと成立しなかった研究! そのいきさつやここまでのご苦労と同時に、「研究者へのアドバイスをお願いします」と問われた際の、「自分の心に従いましょう。即時的な実用性などに関係なく、あなたを興奮させる事をしましょう」の言葉は、研究者でなくとも痺れますね! こんな風に、研究を念頭に置いて語られているのに、ご本のあちこちに創作や、仕事や、何かに励んでいる人に刺さりそうな言葉があるんです。

 専門的に突き詰めた研究を解説する役割を担いながら、ジャンルを超えて多くの人に届くような言葉をも引き出してくる、2つを両立させながら一つの本の形に作り上げてこられた力量を感じます。

 そして、15年もサークルさんを続けられたのも実は本当にすごいPR力だと思うのです。同人誌即売会のカタログにずっと“イグノーベル賞”の文字があり続け、日常生活でふと耳にしたニュースに「あ、イグノーベル賞の同人誌出してるサークルさんいらっしゃるよね」と連想させるのは、エイブラハム氏が「お二人の作っている本は世界に貢献してくれていると思います」と語られている通り、確かに一つの力になっているのではないでしょうか。ユニークな研究をされる受賞者へと同時に、言葉を引き出し、本づくりを重ねてきたサークルさんにも惜しみない拍手を送りたいです。

同人誌 図書館 司書 グノーベル賞では面白い研究の情報を求めているとのこと。イグノーベル賞への情報提供はGoogleで「Ig Nobel Nominations」で検索し、一番上に出てきたサイトにアクセス!(イグノーベル賞主催者さん推奨)

サークル情報

サークル名:綾波書店

メールアドレス:ayanamishoten☆gmail.com(☆→@)

現在入手できる場所:COMIC ZINメロンブックス

次回参加予定イベント:コミックマーケット99(開催未定)



今週の余談

 一見とっつきにくそうな、でも本当はとても楽しいことをどう伝えるかというのは、司書の役割と重なるところが大きいような気がして、ページをめくりながら何度もはっとしました。「知る」ことって面白いですねー!

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」