ニュース
» 2020年09月12日 00時00分 公開

『連ちゃんパパ』のモデル・あだち充の兄の半生描く『あだち勉物語』 実録漫画がサンデーうぇぶりで連載開始!

待望の連載開始。

[しげる,ねとらぼ]

 『連ちゃんパパ』の作者であるありま猛さんの新作が、「サンデーうぇぶり」で9月12日から連載開始となりました。タイトルはその名も『あだち勉物語』

 国民的漫画家であるあだち充さんの実の兄であり、自身も漫画家や赤塚不二夫のアシスタント、そして充さんのマネジャーとして活動したあだち勉さんを題材とした作品です。併せて、長らく絶版状態でプレミアが付いていた漫画『あだち充物語』(あだち勉著)の電子版配信も各種ストアで始まりました。



 5月に突如SNS上で大きな話題を呼んだ漫画『連ちゃんパパ』。ほんわかした絵柄にもかかわらず、首までパチンコにハマることの恐ろしさ、そして主人公である日之本 進(ひのもと すすむ)を始めとした登場人物のナチュラルなクズっぷりを容赦無く描いた内容で、ネット上で多くの人の度肝を抜きました。

 作者のありまさんは、以前ねとらぼのインタビューに対し「『連ちゃんパパ』の主人公のモデルはあだち勉さん」と証言していました。パチンコに振り回され、そして周囲の人間に迷惑をかけまくる主人公のモデルとなるくらい、破天荒な人物として知られていた勉さん。ありまさんは元アシスタントとして、16歳から勉さんが亡くなる2004年まで長年の付き合いがあったのです。

若き日のあだち勉さん

 『あだち勉物語』第1話では、そんなありまさんがなぜあだち勉の元でアシスタントをすることになったのか、そして当時から天才ぶりを発揮していたあだち充さんのすさまじさが語られます。以前のインタビューでも「勉さんに直接原稿を送りつけたら返事が来て、それをきっかけにアシスタントとして手伝うことになった」「勉さんの自宅を訪ねた時、最初に出てきたのが弟の充さんだった」というお話をしてくれたありまさん。第1話ではそこに至るまでの経緯が、ありまさん本人の筆によって詳細に語られます。


いきなり現役漫画家から添削付きの返信が! そりゃ、入門したくなっちゃうよなあ……

あだち充先生とも衝撃の対面!

 当時あだち充さんは、『750ライダー』などで知られていた漫画家の石井いさみさんの下でチーフアシスタントをしつつ、兄の作業の手伝いも行っていました。第1話の後半では、小銭をダシにして弟に背景カットを描かせる勉さん、そして短い時間で強烈にうまいカットを仕上げてしまう充さんのエピソードが。その驚異的な画力に、ありま少年が大きな衝撃を受ける様子も描かれています。


落雷級の原稿

 最初の師匠としてありまさんに強烈な印象を与えたであろう勉さん。その当の本人を題材とした作品ということもあり、『あだち勉物語』はこの先ありまさん本人の半自伝的な作品になっていくはず。

 また『連ちゃんパパ』のモデルとなったほどの勉さんの破天荒な生活はどのようなものだったのか、読者として興味は尽きません(周囲の人は大変だっただろうけど……)。2話以降、勉さんはどれほど大暴れするのか、そしてありま少年は一体どうなってしまうのか。今後が非常に楽しみな作品です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン