ニュース
» 2020年09月26日 13時00分 公開

中国の通販サイトでスーパーカーを激安購入→届いたものがこれ……!? 海外YouTuberのトホホな動画が人気

ちゃんと走るクルマが届いただけマシかも……?

[志田原真俊,ねとらぼ]

 中国のe-スーパーカーを買ってみたという海外YouTuber「The Inja」さんの動画が大きな話題になっていなっています。すでに100万再生を超える人気で、衝撃の展開がウケています。

I Bought an ELECTRIC SUPERCAR from CHINA ($31,000 NEW)(YouTube/The Inja)
中国 EV スーパーカー 本来届くはずだった電動スーパーカー「Qiantu K50」

 彼が購入したはずのクルマは、中国の自動車メーカー「Qiantu Motor」が手がけたEVスーパーカー「K50」。188馬力のモーター2基を搭載するクーペ型の電気自動車で、2018年の北京モーターショーで量産モデルの最終形が発表され、中国市場向けに販売されている高級車です。

 本来は数千万円もするクルマですが、なんと3万1000ドル(約327万円)という激安価格で購入できたそうです。

 それからしばらくして、The Injaに「K50が届いたぞ」と港から連絡があり、さっそく受け取りにいきました。そこで彼が目にしたのは……おやぁ?

中国 EV スーパーカー 木箱に入った状態で到着。なんか小さくない……?

 スーパーカー(仮)が入っている輸送用の木箱と対面するものの、なんだか少し小さいような……?

 持ち帰って箱を開けるとイヤな予感が的中。箱から出てきたのは、真っ赤なスーパーカーではなく、似ても似つかないピンクと白のツートンカラーに塗られた謎のコンパクトカーでした。なんてこったい。

中国 EV スーパーカー クルマが見えてきた、でもやっぱりなんか違うような
中国 EV スーパーカー 似ても似つかないピンクのコンパクトカーが登場
中国 EV スーパーカー 成人男性が2人で乗るとかなり狭そう

 値段の時点でお察しの通り、スーパーカーを安く買えるように見せかけたSCAM(詐欺商品)でした。この手の詐欺、しかも輸送費の高いクルマとなると何も届かないオチの方が多そうなところ、一応ちゃんと走る新車(しかもEV)が届いただけマシな方かもしれません。

 YouTuberですし、承知の上でネタとして買っているとは思いますが、みなさんはくれぐれも真似しないでくださいね……!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン