ニュース
» 2020年10月01日 19時41分 公開

いよいよPASMOがiPhone/Apple Watch対応、10月6日から! ユーザーの反応は?(1/2 ページ)

ようやくか……! 【更新】利用は「iOS 14以降」必須。主な機能、iPhoneへの登録条件、「丸ごと移行」の方法など。

[ねとらぼ]

 いよいよiPhone/Apple Watchでも「PASMO」が使えるようになります。

PASMO iPhone対応 いよいよPASMOがiPhone/Apple Pay対応に

  首都圏の交通事業者で構成されるPASMO協議会は10月1日、Apple PayでPASMOを利用できるようにすると発表。2020年10月6日にサービスを開始します。

 PASMOは、首都圏の100を超える私鉄やバス事業者などで使える共通ICカード乗車券および電子マネーサービス。Apple Pay機能を備えるiPhoneやApple Watchで利用可能とし、電車やバスの交通利用、電子マネーサービスに対応します。

PASMO iPhone対応 首都圏の私鉄・地下鉄・バスなどで使えるPASMO(画像:パスモWebサイト)
PASMO iPhone対応 2020年3月、一足先にAndroid向け「モバイルPASMO for Android」が開始(画像:パスモWebサイト)
PASMO iPhone対応 私鉄・地下鉄沿線住みの多くはこれまで仕方なく「2つ持ち」をしていた

 サービス内容詳細は開始日の10月6日に告知予定。2020年3月、一足先に開始したAndroidスマホ向けサービス「モバイルPASMO for Android」(関連記事)と同様に「定期券機能」の実装も望まれます。

 電子マネーやIC乗車券の機能はJR東日本が展開する既存の「モバイルSuica」でほぼカバーできます。しかし私鉄や地下鉄沿線に住み、かつ会社の最寄り駅も私鉄や地下鉄の人には「定期券機能が使えない」ことが、古くはフィーチャーフォン時代から課題になっていました(関連記事)。2020年10月現在、感染症流行の影響で生活様式が変わった人も増えましたが、ともあれ「待っていた」という人は多そうです。

【更新】Apple Pay対応PASMOのサービス概要 手持ちのPASMOカードを「丸ごと」移行できる

 10月6日、Apple Pay対応PASMOの提供が始まりました。

PASMO iPhone対応 サービスが始まった「Apple Pay対応PASMO」(画像:パスモWebサイト、以下同)

 Apple Pay対応PASMOは「PASMOアプリ」かiOSの標準アプリ「Wallet」での作業で発行できます。「iOS 14.0」以降がインストールされたiPhone 8以降、watchOS 7.0以降がインストールされたApple Watch Series 3以降で使えます。

 iOS 14にアップデートすることでWalletアプリのカード追加項目にPASMOが現れます。なお2020年10月6日現在、一部にiOS 14へのアップデートで不具合が生じる可能性のある(iOS 14に完全対応していない)アプリもあります。OSアップデート前に、日常使うアプリの対応状況をチェックしておきましょう。

PASMO iPhone対応 Apple Pay対応PASMOに備わる機能

 実装機能は鉄道やバスの交通系IC乗車、交通系電子マネー、PASMO定期券。アプリから初回チャージなしで新規発行(無記名PASMOの発行)ができるほか、手持ちのPASMOカードやPASMO定期券は「電子マネー残高や定期券情報、オートチャージ設定ごと」取り込んでスマホへ移行できます。

 スマホ対応PASMOにおける待望機能だった「PASMO定期券」は、アプリから定期券の新規購入、継続購入、区間変更手続きができるようになります。

PASMO iPhone対応 Walletアプリから「手持ちのPASMOカード情報を丸ごと転送」する手順

 認証なしで利用する「エクスプレスカード」設定もできます。既に利用するモバイルSuicaとの併用も可能です。ただしエクスプレスカード設定はどれか1つに限られるので、常時使う方を選択しましょう。

PASMO iPhone対応 「エクスプレスカード設定」にする手順


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10