ニュース
» 2020年10月21日 11時30分 公開

【料理で事故った体験談】「菜箸よりしっかりつかめる」と揚げ物にトングを使っていたら、全治1カ月の大火傷……というお話 (1/2)

「スプーンのように熱い油をすくってしまい、手の甲から肘にかけて油を……」。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、料理中に起こった危険な出来事をインタビューする企画「お料理で事故った話、教えてください」。今回は「揚げ物にトングを使ったら、右腕に油をかぶって大火傷を負った」という体験談を伺いました。

連載:お料理で事故った話、教えてください

 料理は毎日食べるもの。だけど、するのは意外と危ないもの。日々の暮らしの中で見落しがちな「家事にはどんな危険があるのか」「注意すべきポイント」に気付くために、いろいろな人から体験談を募集していろいろ聞いてみよう、という企画です。

菜箸ではなくトングを使ったら「スプーンのように熱い油をすくってしまい……」



 トングで揚げ物をして全治1カ月の大火傷をしたことがあります。

 唐揚げを揚げる際にこちらのトング(画像参照)でひっくり返すなどしていたのですが、手が滑った拍子にトングの先の部分でスプーンのように熱い油をすくってしまい、手の甲から肘にかけて油をかぶってしまいました。


このトングで揚げ物をした結果、右手がこういうこと(全治1カ月の大火傷)に

―― 想像すると怖いですね、ちょっと油がはねるだけでも熱いのに……。

 揚げ物をするときは、普段からトングを使っていました。しっかりつかめるので、菜箸のように食材を落としてはねる可能性が少ないかな、と……。でも、その事故以降は家族にも怒られて、菜箸を使うようになりましたね。多少油がはねても、大量の油がかかるよりはマシですから(笑)。

※編集部注:トングにはさまざまな形状、素材の製品があります。揚げ物にも使えるとうたった製品の場合、耐熱性が高いだけでなく、油がきれるように先端部分に穴が開いていることも。今回の体験談で使われていたのは穴が開いていないタイプ(確かに先端部分がスプーンのような形状)だったもよう。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.