ニュース
» 2020年11月19日 11時30分 公開

「サントリー天然水」に第4の水源「北アルプス」が仲間入り! 南アルプス・奥大山・阿蘇とどう違うのか聞いてみました

2021年夏ごろに販売開始予定です。

[大原絵理香,ねとらぼ]

 コンビニや自動販売機でよく見るサントリー天然水に、実は地域によって「南アルプス」「奥大山」「阿蘇」と3バージョンがあることはご存知でしたか?


北アルプス 「南アルプス」「奥大山」「阿蘇」を並べたもの

 ねとらぼでは以前にもご紹介した、この3種類の天然水。

 簡単にまとめると、水の味も「南アルプス」はキレがあり爽やかな味わいであったり、「奥大山の天然水」は口当たりも柔らかく甘めな味わいであったりと、さまざまな違いが。また、一見同じに見えるパッケージも、イラストの山、鳥、草花に違いがあるのです。

 パッケージの違いは、それぞれの水源ごとの特色を表しています。背景にはそれぞれの水源の山自体が、鳥と草花はその水源近くに実際に生息している生物が描かれているのです。ちなみに、南アルプスの天然水の鳥は「ルリビタキ」、花は「フクジュソウ」なんですよ。


北アルプス 南アルプスの天然水。鳥はルリビタキ、花はフクジュソウ


北アルプス 奥大山の天然水。鳥はオオルリで、花はダイセンキスミレ


北アルプス 阿蘇の天然水、鳥はオオルリで、花はユウスゲ

 そして、現在の「南アルプス」「阿蘇」「奥大山」の3バージョンに加え、2021年夏頃に第4の水源として「北アルプス」の仲間入りが決定しているのです。


北アルプス 第4の水源は「北アルプス」


北アルプス 「天然水 北アルプス」のラベルイメージ

 はたして、新顔の「北アルプス」のパッケージに描かれている生物はなんなのか? また、気になる味の違いについても、担当者に話を聞きました。

ーー今回のパッケージに描かれている、山、鳥、草花について教えてください。また、北アルプスはどういう場所なのでしょうか。

 「北アルプス」のパッケージには、象徴的な山である餓鬼岳を中心として鷹狩山から望む北アルプス連峰を描いています。また、生物は青い羽根色が特長のオオルリと、夏に黄色い花を咲かせるシナノキンバイを描いています。

 北アルプスは、長野県大町市にあり眺望の美しさで知られている場所で、豊かな自然に囲まれた、清冽なおいしさを価値とする「サントリー天然水」にとって理想的な場所になっています。

ーーまた、今回のパッケージは他のデザインと比べ、例えば水源が下に記載されるなど少し違いがあるようです。この理由は?

 ミネラルウォーター市場が伸長していくなか、平時はもちろんのこと、災害などの不測事態発生時においてもより安定した供給を目指して、11月上旬より商品の名称を「サントリー天然水」に統一しています。それに伴いラベルデザインを変更しており、水源を「天然水」の文字の下に記載することになりました。

 今回発表した「北アルプス」以外の商品についても、水源が下に記載されたデザインに順次切り替わっていきます。

ーー水源を増やすのには、なにか理由があるのでしょうか? 近い将来、増える可能性もあるのでしょうか?

 健康志向の高まりや、備蓄意識の高まりなどによってミネラルウォーター市場は伸長しており、さらなる安定供給体制を構築していくことが目的です。

 天然水事業を営む上で重要な良質な水と水量の確保など、多岐にわたる検証が必要です。そのため、今後の新たな水源について現状お話できることはありませんが、将来的には水源がさらに増える可能性もあります。

ーー「北アルプス」の天然水の販売地域はどのあたりになるのでしょうか?

 需給状況にもよりますが、長野県をはじめとした東日本を中心に出荷していくことを想定しています。

ーー「北アルプス」の天然水の味わいには、どのような特徴があるのですか?

 北アルプスの山々に磨かれた水は、適度なミネラル分を含み、クセがなく、すっきりとした飲み心地です。


 「北アルプス」の天然水は、長野県をはじめとした東日本を中心に出荷予定。来夏には、近所のコンビニなどで第4の水源「北アルプス」を見ることができるかもしれません。その際は、ぜひパッケージのイラストや味わいにも注目してみてくださいね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」