ニュース
» 2019年04月23日 11時00分 公開

「すっきりとキレがある」「やわらかく甘さを感じる」 実は3種類あるサントリーの天然水、味の違いを聞いてみた

南アルプス、奥大山、阿蘇の3種類。

[大原絵理香,ねとらぼ]

 普段、水かお茶しか飲まない都内在住のわたしがコンビニでよく買うのが「南アルプスの天然水」



 ある日、旅行で出かけた金沢で、“いつもの水”を購入しようとしたところ目に入ったのが「奥大山の天然水」。一見するとほぼ同じデザインなのに、名前だけ明らかにちがう。最初はいわゆるパクリ商品かと思いパッケージを見ても「南アルプスの天然水」と同様にサントリーなので、ちゃんとオフィシャルのよう。


奥大山……?(画像はサントリ―Webサイトより)

 もしかしたら、地方によっていろいろな種類があるのかも? と調べたところ、どうやら他にもあるようなので、確認できた3種類をネットで購入してみました。あらためてパッケージを並べて見てみると、商品名以外にも、山や鳥、草花なども異なることを発見。



 これの違いにはどんな意味があるのか、味もそれぞれ異なっているのか。サントリーにインタビューを行いました。

――パッケージは、全3種類でしょうか?

サントリー担当者:はい。現在は全部で3種類です。サントリー天然水は、南アルプス(山梨県)、奥大山(鳥取県)、阿蘇(熊本県)の3つの水源をもとにした天然水を販売しており、ラベルはそれぞれその水源のものを使っています。ちなみに、長野県にも新たに4番目となる水源を確保したので、2021年には新たなラベルの天然水が登場予定です。


南アルプスの天然水


奥大山の天然水


阿蘇の天然水

――また増えるんですね! 3種類、販売エリアはどのように分かれているのでしょうか。

サントリー担当者:「南アルプスの天然水」が、北海道・東北・関東甲信越、および東海北陸の一部エリア(愛知県・静岡県)。「奥大山の天然水」が近畿・中国・四国、および東海北陸の一部エリア(富山県・石川県・福井県・岐阜県・三重県)。そして、「阿蘇の天然水」が九州7県と沖縄県で販売を行なっています。

――商品名だけではなく、鳥と草花がそれぞれ違うようですが、特に山以外の名前と、またこの組み合わせになにか意味があるのか教えてください。

サントリー担当者:「南アルプスの天然水」の鳥は「ルリビタキ」で、花は「フクジュソウ」。「奥大山の天然水」の鳥は「オオルリ」で、花は「ダイセンキスミレ」。「阿蘇の天然水」の鳥は「オオルリ」で、花は「ユウスゲ」です。全て各水源近くに生息しているものを描いています。

――水源ごとに、味の違いはあるのでしょうか。

サントリー担当者:はい。各水源の水にはそれぞれ特徴があり、ミネラルバランスが異なるのでそれぞれ硬度が異なります。「南アルプスの天然水」はすっきりとキレがあり、爽やかな味わい。「阿蘇の天然水」が最もミネラルが多く硬度は約80mg/Lで、口当たりよくまろやかな水の味わい。「奥大山の天然水」は口当たりも柔らかく、甘いと言ってもいいくらい、水のおいしさを感じさせる味わいです。普通の方は気が付かない程度の違いかもしれませんが、もし3種類手にする機会がありましたらぜひ飲み比べていただきたいです。


味の違いをまとめてみた

 せっかくなので、パッケージとご担当者のお話をもとに、表にまとめてみました。



 また、「普通の方は気が付かない程度の違い」とは伺ったものの、一応「普通の人」であるわたしが飲み比べてみたのですが、正直分からなかった……です。が、「南アルプスの天然水」は、普段飲み慣れている味だな、と思ったので、やっぱり微差はあるような気はしています。

 近所のコンビニで、そして、出かけた先で。どの水源から採水した天然水なのかを気にしてみると面白いかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響