ニュース
» 2020年11月20日 09時00分 公開

沼津駅「長泉旬便り 冬うらら」(1000円)〜御殿場線・富士岡駅スイッチバック跡からの富士山

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 静岡県・沼津駅「長泉旬便り 冬うらら」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年1月22日)

駅弁 313系電車・普通列車、御殿場線・富士岡〜岩波間
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

東海道本線の国府津(こうづ)から分かれて、御殿場を経由し、沼津に至るJR御殿場線。

昭和9(1934)年の丹那トンネル開通までは、「東海道本線」だった路線です。

現在は国府津〜御殿場間が概ね毎時1本、御殿場〜沼津間は概ね毎時2本の普通列車、

これに松田〜御殿場間で1日3〜4往復、小田急線直通の特急「ふじさん」が加わります。

特急列車の愛称通り、車窓の富士山が美しい路線の1つです。

駅弁 御殿場線・富士岡駅

なかでも“富士山ビュー”が楽しめる駅は、御殿場から沼津方面へ2駅の「富士岡駅」。

当初は信号所として開設され、昭和19(1944)年、「駅」に昇格しました。

ホーム沼津寄りからの富士山は特に美しく、3両編成の上り列車(御殿場・国府津方面行き)が入ると、最後尾付近で列車の“顔”と裾野まで見える富士山をカメラに収めることも可能。

でも、せっかくなら途中下車して、存分に富士山を満喫したいですよね!(参考)御殿場線利活用推進協議会ホームページ

駅弁 富士岡駅・スイッチバック跡

駅から少し沼津寄りに歩いて、最初の踏切を渡ると、細長い丘のような場所があります。

ここは富士岡駅にかつてあった「スイッチバック」の跡。

御殿場線は25パーミル(1000mで25m登る)の急勾配が続き、蒸気機関車の列車などは、力が弱く、水平なスイッチバック式の線路を設け、勢いをつけて勾配を登っていました。

昭和43(1968)年の電化以降、富士岡駅も勾配の途中にホームが設けられています。

駅弁 富士岡駅スイッチバック跡からの富士山(富士見台)
駅弁 「富士見台」からの富士山

そんな明治以来の鉄道遺産の一部が、現在は富士山のビューポイント「富士見台」として、一般の人でも立ち寄ることができるようになっています。

いまでこそ東名・新東名が分岐する御殿場ジャンクションができていますが、高速道路もなく、裾野まで見える富士山の前を、蒸気機関車が行き交っていた時代があったということ。

明治〜昭和初期の旅人は、この富士山を眺めて、駅弁をいただいていたのかもしれません。

駅弁 長泉旬便り 冬うらら

ならば、沼津からボックスシートのある列車を狙って駅弁タイム。

沼津駅弁「桃中軒」の冬駅弁は、今季も「長泉旬便り 冬うらら」(1000円)です。

御殿場線に下土狩(しもとがり)、長泉なめりの2駅がある静岡県長泉町産の食材を使った駅弁で、2段重ねの折が“桃色”のひもで結ばれています。

桃中軒によると、食べて体を温める、いろいろな食感を楽しめることにこだわったのだそう。

駅弁 長泉旬便り 冬うらら

【おしながき】

  • 白ネギと鮪の玉子焼き
  • 鰆のわさび味噌焼き
  • ブロッコリー 花人参
  • 勝利の玉子「あしたかつ」
  • 煮物(高野豆腐、大根、昆布)
  • 海老の酒塩
  • 野菜の寒天よせ
  • 蓮根のもちもち揚げ
  • 白ネギと焼鳥の山椒御飯
  • お茶の葉佃煮
駅弁 長泉旬便り 冬うらら

長泉町の食材は、「白ねぎ」、ご当地ブランド「あしたか牛」、「大和芋」の3つを使用。

特に白ねぎは、ピリっと山椒が効いたご飯に焼き鳥と共に載せられ、おかずの玉子焼きにも鮪と一緒に入っていて、風味豊かに存在感を発揮しています。

また、茹でたうずらの卵を「あしたか牛」で包んで揚げたのは、その名も「あしたかつ」。

沼津・三島は大学・高校も多く、受験シーズンにはゲンかつぎでいただいてもよさそうです。

駅弁 313系電車・普通列車、御殿場線・岩波〜裾野間

富士山の南東斜面は、北西の季節風の影響を受けて、山頂付近の雪も飛ばされてくるので、裾野まで真っ白に見えるのが特徴です。

荒々しい宝永火口も、雪化粧することで、また違った美しさを見せてくれます。

白い富士山には、白いお顔の313系電車も、よく似合うもの。

雪をかぶった富士山を存分に眺めるなら、真冬のいまがベストシーズンです。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい