ニュース
» 2020年11月20日 21時00分 公開

『東京BABYLON』は一生引きずる――当時の思い出を描いた漫画にCLAMPの“罪深さ”を感じる

真言唱えられるようになっちゃう……。

[ねとらぼ]

 かつての少年少女たちをざわめかせた『東京BABYLON』アニメ化の報。イラストレーター・漫画家のカマタミワさんが、アニメ化をきっかけによみがえった思い出を漫画をブログで公開しています。CLAMP先生は……罪深いぜ!

 『東京BABYLON』漫画家集団CLAMPが1990年から連載していた漫画。陰陽師一族の当主・皇昴流と、彼の双子の姉・北都、昴流に近づく桜塚星史郎3人をめぐる物語で、衝撃的なラストの展開からさまざまな人にとって特別な一作になっています。

 カマタミワさんが『東京BABYLON』にどハマリしたのは中学生のころ。作品の影響でマントラや真言密教の印に興味を持ち、図書館で本を取り寄せては独学で覚えていたといいます。

東京バビロン
東京バビロン
東京バビロン
東京バビロン
東京バビロン
東京バビロン

 いつものようにカマタさんが真言密教の本を読みふけっていると、「ねえ」と声をかけてくる大学生くらいの男性が。「一人? 高校生? 何読んでるの?」との質問に、疑問に思いつつも、「真言密教の印の結び方の本です…」と読んでいた本を見せます。

 すると男性は、例えるなら“宇宙猫”のような表情で、「そうなんだ…」「頑張ってね…」と言いながら、スサササ……と遠ざかっていくのでした。カマタさんは「あれ人生で初めてのナンパだったのかなと大人になってから思った」と結んでいます。図書館は本を読むところであってナンパするところではないぞ〜とちょっぴりツッコミたくなってしまうところですが、真言密教の印がある意味効いたのかもしれません(?)。

 そんな日々をカマタさんは「病気のような青春」と称しており、今でも時折印を結んでしまうことや、印にドキドキしてしまうときがあることを「病気の後遺症」「一生引きずる」と語っています。その病気、引きずってる人が山ほどいる……! コメントには、「その年代の頃って印を結びたくなる年頃ですよね」「印とか呪文とかね!最高にかっこいいですよね!」「未だに真言宗に憧れます(笑)」などなど、思春期にCLAMPを刻まれてしまった人たちの声が寄せられています。

出典:ライブドアブログ

ブログ名:一人暮らしカマタミワの半径3メートルのカオス

ブロガー名:カマタミワさん

URL:https://kamatamiwa.blog.jp/

LINEで新着記事の更新通知を受けとる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる