ニュース
» 2020年11月30日 09時00分 公開

郡山駅「ふくしま路 おとなの秋ごはん」(1100円)〜東北の紅葉へGo To しながら駅弁!

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 福島・郡山駅「ふくしま路 おとなの秋ごはん」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年10月27日)

駅弁 E5系新幹線電車「やまびこ」、東北新幹線・福島〜白石蔵王間(2018年撮影)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

全国各地から、紅葉の便りが聞こえるようになってきました。

とくに東北地方は、各地の名所で見ごろを迎えている様子。

東北新幹線は、東京から1〜2時間で美しい紅葉の名所へ連れて行ってくれます。

今年(2020年)の福島・宮城は、「Go To トラベルキャンペーン」の旅行商品を活用すれば、新幹線日帰りでも1万円+αで、地域共通クーポンも付いて、お得な旅が楽しめます。

駅弁 ふくしま路 おとなの秋ごはん

この「地域共通クーポン」で駅弁を買えるお店も増えていて、郡山駅弁の「福豆屋」も対応。

「福豆屋」は、春は三春の桜、夏は相馬野馬追をテーマに、季節感に合わせた駅弁を製造しており、秋には「松茸」、「栗」の駅弁を長年販売しています。

この歴史ある松茸と栗の駅弁を1つの折でギュッと楽しめるようにしたのが、「ふくしま路 おとなの秋ごはん」(1100円)です。

駅弁 ふくしま路 おとなの秋ごはん

【おしながき】

  • しめじご飯 松茸 栗甘露煮 かまぼこ
  • 玉子焼き
  • 海老磯辺揚げ
  • 舞茸の天ぷら
  • 里芋揚げ
  • 煮物(玉こんにゃく、つくね、椎茸、人参)
  • きんぴらごぼう
  • きゅうり漬け
  • 赤かぶ酢漬け
駅弁 ふくしま路 おとなの秋ごはん

掛け紙を外してふたを開けると、ちょっぴり松茸の香りが広がり、色づいた秋の山のよう。

「松茸おべんとう」と「栗めし」のいいトコ取りで、うま味がギュッと凝縮されたしめじご飯の上に載った、松茸と栗の甘露煮がダブルで楽しめるようになっています。

舞茸や里芋といった秋らしい食材や、福豆屋が誇る玉子焼きもしっかり入って、多すぎず、少なすぎない、おかずのバランスのよさも心地よさを感じさせます。

駅弁 E721系電車・普通列車、東北本線・安達駅

旅もラジオなどの番組も、「いま」が詰まっているものは、自然と面白いものです。

「いま」だからできる旅は、やっぱり「Go To トラベルキャンペーン」を活用した旅。

駅弁も2020年10月だから食べられる駅弁を選べば、いい思い出になることでしょう。

ドコへ出かけようか迷っているアナタ、「いま」というキーワードを軸に旅をプランニングしていくと、きっと「いい旅」になりますよ!

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙