ニュース
» 2020年12月14日 19時00分 公開

宇都宮駅「あつあつとちぎ霧降高原牛めし」(1300円)〜栃木で頑張る205系電車

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 宇都宮駅「あつあつとちぎ霧降高原牛めし」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年2月5日)

駅弁 05系電車・普通列車、日光線・今市〜日光間
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

日付を聞いて車両形式をイメージしてしまうのは、鉄道好きの性というもの。

2月5日ですと、ちょうど「205系電車」といった具合でしょうか。

いまでも205系電車がよく見られるのが栃木県。

京葉線出身で、いまは日光線を走っている“メルヘン顔”の205系電車には、10年ほど前から日光線の車両で採用されている、レトロ調の色彩が施されています。

駅弁 205系電車・普通列車、東北本線・宝積寺〜岡本間

“メルヘン顔”があるということは、“普通の顔”もあるということ。

東北本線(宇都宮線)の宇都宮以北を中心に走る車両のなかには、“普通の顔”の205系電車も活躍しています。

山手線や埼京線、京浜東北線や中央総武各駅停車、横浜線・南武線などでも活躍しましたので、鉄道好きでなくても「昔、こんなの走ってたなぁ」と記憶の片隅にあるかもしれません。

駅弁 205系電車・普通列車(2004年撮影)

昭和60(1985)年にデビューした205系電車は、昭和から平成にかけての1980〜1990年代、ちょうど国鉄からJRに移行した前後に活躍した車両です。

軽量ステンレス製の車体となり、塗装が要らなくなってメンテナンスが大きく軽減された他、車両の仕組みにも、コストを抑えながら省エネルギー効果を高めた工夫があるのだそう。

15年ほど前はまだ、当たり前のように山手線ですれ違う様子が見られたんですよね。(参考)JR東日本ホームページ

駅弁 あつあつとちぎ霧降高原牛めし

205系電車がまだまだアツく頑張っている栃木・宇都宮駅「松廼家」の駅弁のなかから、きょうは「あつあつとちぎ霧降高原牛めし」(1300円)をご紹介。

すっかりレギュラー駅弁として定着している「とちぎ霧降高原牛めし」の加熱式バージョンが、例年、冬季限定で販売されています。

加熱式駅弁は、紐を引き抜いて蒸気が上がってくると、何ともワクワクしますよね。

駅弁 あつあつとちぎ霧降高原牛めし

【おしながき】

  • 白飯
  • とちぎ霧降高原牛の牛肉煮
  • 煮玉子
  • 小松菜
  • 竹の子煮
  • 新生姜甘酢漬け
駅弁 あつあつとちぎ霧降高原牛めし

地元産コシヒカリを使った白いご飯に、栃木のオリジナルブランド、「とちぎ霧降高原牛」の牛肉煮が一面に載っています。

改めて牛肉とごぼうの相性のよさが感じられる、いい味付け。

煮たまごと新生姜で、甘辛のバランスを取りながらいただいていくのが楽しくなります。

暦の上では春でも、まだまだ温かい駅弁が恋しい時期ですよね。

駅弁 205系電車・普通列車、鶴見線・昭和駅

東京から近いところでは、横浜・川崎の鶴見線や同じく神奈川県の相模線などで、まだまだ活躍している205系電車。

ただ、一般に鉄道車両の寿命は30〜40年と云われていますので、全国各地の80〜90年代生まれの車両にも、世代交代の波が押し寄せてきています。

いまある日常の風景を大切に、記憶に残し、そして記録しておきたいものです。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン