ニュース
» 2021年02月26日 18時00分 公開

【お料理初心者時代のやらかし】“スライム化したお好み焼き”を作ってから、混ぜる目安が載っていないレシピを信用しなくなった(1/2 ページ)

親切なレシピを見つけるのは大事。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、お料理の(今考えると)ありえない失敗をしてしまった体験談を伺う企画「お料理初心者だったころのミス、教えてください」。今回は「タネの混ぜ方が分からず、お好み焼きが“スライム化”した」というお話を伺いました。

連載:お料理初心者だったころのミス、教えてください

 食事は毎日するもので、人生に失敗はつきもの。つまり、料理や食事は誰もがミスしてしまうもの。しかし、それで諦めてしまうのはもったいないので「いろいろな人からお料理でつまずいたポイントを伺って、暮らしのヒントにしよう」という企画です。

“混ぜる目安”のないレシピを信用しなくなったきっかけ



 大学時代、一人暮らしをしていたころの話です。実家ではほとんど料理しておらず、卵焼き、カレーくらいなら下限でも“食べられないほどにマズくはならない”程度のレベルでした。

 ある日、お好み焼きを作ろうと思い、タネを用意しました。

―― こだわりだすと奥が深いようですが、初心者でも作りやすいメニューですよね。

 しかし、当時は料理で液体を混ぜるといえば、ホイップとか「いっぱい混ぜとけばええやろ」という認識しかなくて。

 タネの入ったボウルを抱え、泡立て器で「がしがし」と擬音がつきそうな感じで、10分以上混ぜていたと思います。「角が立つまで頑張ろう」と時間を気にせずにやっていたので、もしかしたら20分くらいたっていたかもしれません。

 当然、角が立つはずもなく、焼いても膨らまず。スライム化してしまったというか、“白くて半透明なゲル”のような仕上がりになり、食べようとしても噛(か)みきれませんでした。

―― 生クリームはそういう立て方をしますが、お好み焼きの場合、グルテンが出て粘りが強くなってしまいますからね……。

 後で「お好み焼きのタネはできるだけ混ぜないほうがいい」と分かったのですが、「具体的にはどうすりゃええんや!」と頭を抱えました。

―― 良くないやり方だったことは分かったけど、良いやり方は分からないまま、という。

 幸い、お好み焼き粉セットのパッケージに混ぜる回数が書いてあって、リベンジ成功した―― というのは後日談。あのときの反省として「作ったことのないものはレシピを探してから」「混ぜ方を回数・時間・混ぜものの様子で、ある程度分かりやすく説明していないレシピは信用しない」を続けております。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい