ニュース
» 2021年01月21日 20時30分 公開

『枕草子』にも登場した幻の甘味料「甘葛」を復元するクラウドファンディング 平安貴族気分を味わえるリターンも

雅なスイーツを食べて一首読まなければ……!

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 失われた甘味料「甘葛(あまづら)」を復元し、平安貴族が食べた古代スイーツを作るプロジェクトが、講談社のクラウドファンディングサイト「ブルーバックスアウトリーチ」で始まりました。3月20日までに100万円の寄付を目指します。古典好きがワクワクするクラファンがきた!

枕草子 平安時代 スイーツ

 甘葛は砂糖が一般的に広まるまで使われていた甘味料で、『枕草子』でかき氷にかけたり、『今昔物語集』に貴族が大好きなスイーツ「芋粥」の材料として登場したりするなど、優雅な貴族生活を演出する重要な存在でもありました。しかし砂糖の普及により江戸時代には記録から完全に消失、今では原料や製法が一切分からなくなり、“幻の甘味料”となってしまったのです。

枕草子 平安時代 スイーツ 清少納言著『枕草子』四十七段「あてなるもの」(写本)国文学研究資料館所蔵 甘葛をかけたかき氷が上品で雅であると書かれています

 プロジェクトを立ち上げたのは立命館グローバル・イノベーション研究機構の神松幸弘助教。神松助教は原料と考えられる3つの材料すべてから甘葛の復元を試みて、さらに山芋を甘葛で煮た古代スイーツ、芋粥を再現します。

枕草子 平安時代 スイーツ 甘葛の原料候補として分析した植物種群の一部
枕草子 平安時代 スイーツ 複数種の樹液サンプルから抽出された甘葛シロップ

 リターンは2000円の「ニューズレターの謝辞欄にお名前掲載」をはじめ、「甘葛風味の京飴3種セット」や「甘葛の味を再現したシロップ3本セット」など。最高額の50万円では、研究者の特別解説付きで芋粥を味わう「典雅なる平安王朝の食文化体験」が提示されています。十二単衣で平安文化に浸りたくなるようなリターンだ……!

※画像はプロジェクトページから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.