ニュース
» 2021年01月27日 22時00分 公開

世界にはばたく昭和グルーヴ 韓国のDJ・Night Tempoの「真夜中のドア」リエディット決定に、各地から期待(1/2 ページ)

令和に昭和がカムバック。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 日本の昭和ミュージックを中心に手掛ける韓国人DJのNight Tempoが1月26日、松原みきさんの「真夜中のドア/stay with me」のリエディット版を2月12日にリリースすると発表。TikTok主催の昭和ミュージックイベント開催も決定し、逆輸入的に昭和グルーヴ復活の機運が高まっています。

昭和 歌謡曲 シティーポップ ナイトテンポ Night Tempo レイニッチ Raynich TikTok 竹内まりや 松原みき 真夜中のドア 昭和グルーヴのオーガナイザーを名乗るNight Tempo

 Night Tempoは自身のTwitterプロフィールで「昭和グルーヴのオーガナイザー」を名乗り、居住地をNeo Showa(ネオ昭和)に設定するなど、筋金入りの昭和ミュージック好き。当時の音源をカセットでコレクションしていて「真夜中のドア」リリースにあたり「昭和のカセットテープを自慢できる日が来るとは思わなかった」とずらりと並べた写真を投稿しています。ルックスが狂おしく昭和。


 公式YouTubeチャンネルには、独自のアレンジを加えた昭和の音楽を複数公開中。竹内まりやさんや菊池桃子さん、山下達郎さんなどなじみ深い名前がずらりと並び、懐かしくもオリジナルとは一味違った 「フューチャ・ファンク」というジャンルに昇華させています。

欧米で和モノ・シティ・ポップ・ブームをネット中心に巻き起こした「Plastic Love」(竹内まりや)

 Night Tempoが新たに手掛ける「真夜中のドア」は、1979年に発売された松原さんのデビューシングル。シティーポップ人気が各地で高まるとともに、いまやジャンルを代表する楽曲として世界的な認知度を得るまでに。Night Tempoがリリースを発表すると「これを待っていた」「こりゃたまらんぞ」と日本語や韓国語のみならず、英語やタガログ語、スペイン語でのリプライが寄せられました。

 なお同作は11月、チャンネル登録者数138万人を超えるインドネシア人YouTuberレイニッチがカバーしたことも手伝い、発売から40年以上の時を経てApple Music J-Popランキングの世界12カ国で1位を獲得。合計47カ国でTOP10入りするなど再注目を浴び、逆輸入的に国内でも注目度が上昇していました。

昭和 歌謡曲 シティーポップ ナイトテンポ Night Tempo レイニッチ Raynich TikTok 竹内まりや 松原みき 真夜中のドア 「真夜中のドア/stay with me」
昭和 歌謡曲 シティーポップ ナイトテンポ Night Tempo レイニッチ Raynich TikTok 竹内まりや 松原みき 真夜中のドア レイニッチ

 動画SNSのTikTokはこの人気に目を付け、「真夜中のドア」をはじめ「世界中の誰よりきっと」(中山美穂)、「六本木心中」(アンルイス)などを使用した「#昭和に憧れる」チャレンジを1月26日にスタート。さらに30日にはライブストリーミング機能「TikTok LIVE」を用いて「Show What な Night(昭和なナイト)」を配信することを発表しています。

 同イベントでは、Night Tempoに加えてレイニッチも参加。リエディット版の「真夜中のドア」初披露も予定されており、国際的なアーティストが日本の昭和ミュージックにアプローチするレアなイベントとなりそうです。また国内からは東京を拠点に活動する7人組バンド「ウルトラ寿司ふぁいやー」が参加し、DJのTJOがホストを務めます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」