ニュース
» 2021年02月01日 20時35分 公開

“アイマス版ツムツム”こと「ポプマス」いよいよサービス開始 「ツムツム」と遊び比べて見えた優しい点・厳しい点モバクソ畑でつかまえて(1/2 ページ)

モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回は「ポプマス」こと「アイドルマスター ポップリンクス」にハマったというお話。

[怪しい隣人,ねとらぼ]

 年末年始はゲームのサービス終了告知が多く、大変忙しい日々を過ごしておりました怪しい隣人です。冥土の旅の一里塚とはよく言ったもので、この時期は年度末に重なるため峠を超えられない作品が増えがちなのです。そんな忙しい中、最近はすっかりアイドルマスター ポップリンクス(以降ポプマス)」にハマってしまい、スキマ時間を奪われています。今日はそのポプマスについてお話したいと思います。


ポプマス アイドルマスター ポップリンクス 「アイドルマスター ポップリンクス」タイトル画面


ライター:怪しい隣人

モバクソ畑でつかまえて

出来の良くないソーシャルゲームを勝手に「モバクソゲー」と名付けて収集、記録、紹介しています。モバクソ死亡リストは500件を超えました。年々ソーシャルゲームが複雑になり、ダメさを判定するのに時間がかかるのが最近の悩みです。本業はインフラエンジニア。そのためソーシャルゲームの臨時メンテは祭り半分胃痛半分な気分です。



ツムツムとの違いは「テンポのよさ」

 アイドルマスター各シリーズから選抜されたアイドルでユニットを組み、パズルに挑む作品であるポプマス。公式でも「スキマ時間にカジュアルゲーム」とアピールしている短時間プレイゲームなのですが、そういうゲームにありがちな「ついついやってしまう」という魅力は十分にあると思います。

 アイマスだけあって3人のアイドルでユニットを組み、アイドルそれぞれにスキルをセットして音符をつなげて消すパズルに挑むのですが、アイドルとスキルは別個に設定できるのが大きな特徴です。この仕様のおかげで「あのスキルとあのスキルを組み合わせたいがアイドルが固定されてしまう」という心配はなくなっています。スキルとアイドルには属性が設定されており、同じ属性でないとセットできないという制限がありますが、アイドルには2つの属性が設定されているため組み合わせにはかなりの自由度があります。


ポプマス アイドルマスター ポップリンクス アイドル一覧画面。アイドルアイコンの左下に属性が2つ並んでいます

ポプマス アイドルマスター ポップリンクス スキル画面。こちらは属性アイコンが1種です

 ポプマスについてはNHN PlayArtが開発を担当していることもあり、当初から「アイマスツムツム」とも呼ばれていましたが、私自身はツムツムをプレイしたことがないためか新鮮に遊べていました。せっかくなのでこの原稿を書くにあたり、ディズニーツムツムをDLして遊んでみました。

 恐らく世間では珍しいポプマスからツムツムへ逆流した人間の感想としては、見た目はともかくプレイフィールはあまり似ていないと感じました。まず、ツムツムに比べると大幅にスピード感がアップしています。3体のアイドルのスキルを次々発動しながら音符を消していくポプマスに比べ、ツムを消してゲージを溜めてスキルを発動して……というツムツムの流れは随分ゆったりしたものに感じます。ただ、ツムツムにある「スキルを抱え落ちするとボーナスルーレットが発生」という要素はポプマスにはなく、これは純粋にうらやましいところです。


ポプマス アイドルマスター ポップリンクス ポプマスのプレイ画面

ポプマス アイドルマスター ポップリンクス ディズニーツムツムのプレイ画面

 パズルゲーム部分は「スピーディに遊べるようにアレンジしたツムツム」という感じなのですが、ツムツムにもあるボムとは別に「ユニットアピール」という全体画面を一気に消せるシステムがあり、これを発動させるためにカガヤキというものを集める必要があります。またカガヤキを効率よく集めるために音符をぐるっと囲って消す「ループ」という要素も独自のものでしょう。ループは「中にある同色の音符を一気に消す」効果もあります。ただ、このあたりは先にも書いたスピード感重点の要素によりいちいち気にしてプレイしていられない、というのが個人的な感想です。


ポプマス アイドルマスター ポップリンクス カガヤキ集めとループの説明

 もちろんパズル部分だけではなく、アイマスならではの要素も存在しています。組んだユニットはどんどん信頼度が高まっていき、ホーム画面でアイドル同士の交流を見ることが可能です。このあたりで「シリーズを横断したゲーム」の強みが生きてきます。ミリオンライブ、シンデレラガールズ、シャイニーカラーズから1人ずつ好みのアイドルを選んだ自分だけのユニットなんかが簡単に作れてしまうわけで。もちろん、現在実装されている面々からだけなので「俺の担当がいない!」という方は今後に期待していただく必要があるのですが。

 先にも書いた「スキルとアイドルの分離」により、ユニットの組み合わせにもだいぶ自由度があります。加えて最初のユニットを育成していく過程でマイクという大幅に能力を上乗せする装備アイテムが入手できます。これらを転用すれば、さらに後続のアイドルたちを育成するのが容易になるでしょう。最初の段階でユニットを組むアイドル3人は好きに選ぶことができ、共通衣装のアイドルであれば、ガチャよりはちょっと多めの石を突っ込めば確定入手が可能という親切設計。作ったユニットにはそのキャラや装飾を使ったジャケットデザインも作ることができ、これも楽しさの1つといえるでしょう。ここまで見ると大変優しいゲームと言えましょう。ここまでは。


ポプマス アイドルマスター ポップリンクス 最初の担当アイドルはご指名が可能です

ポプマス アイドルマスター ポップリンクス アイドルを引くとスキルもついてきます

ポプマス アイドルマスター ポップリンクス スキルは別のアイドルに装備も可能です。真ん中のアイドルに黄色い旗がついているのがおわかりでしょうか

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」