新神戸駅・淡路屋「ひっぱりだこの珈琲カップ」(1230円)〜食卓にクスッと「笑い」も届ける駅弁グッズ!(1/11 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは駅弁グッズ編、新神戸駅・淡路屋「ひっぱりだこの珈琲カップ」(1230円)です。

» 2021年02月03日 09時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
駅弁 新神戸駅・淡路屋「ひっぱりだこの珈琲カップ」(1230円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年4月17日)

駅弁 N700系新幹線電車「のぞみ」、東海道新幹線・米原〜京都間(2019年撮影)

東京〜新大阪間を約2時間30分で結ぶ、東海道新幹線「のぞみ」号。

多くの列車は、そのまま山陽新幹線に直通運転されています。

「のぞみ」「ひかり」はいまも、コーヒーの車内販売が健在なのが嬉しいところ。

JR東海と西日本の境界駅・新大阪でアテンダントさんも交代しますので、山陽直通列車に通しで乗ると、2つの味の珈琲の味が楽しめますよね。

駅弁 ひっぱりだこの珈琲カップ(包装)
駅弁 駅弁のひっぱりだこ飯

さて、新大阪から山陽新幹線に乗ると、最初の停車駅・新神戸などで販売されているのが、名物駅弁「ひっぱりだこ飯」のたこ壺をモチーフとした「ひっぱりだこの珈琲カップ」(1230円)。

平成30(2018)年の「ひっぱりだこ飯」発売20周年を記念して生まれた駅弁グッズです。

もちろん、このカップも「淡路屋」の「通信販売」サイトで購入することができます。

駅弁のたこ壺を思い浮かべたら…、さあ、気になる中味は???

駅弁
駅弁 ひっぱりだこの珈琲カップ

なんと、あのたこ壺型容器が、ミニチュアサイズになってコーヒーカップに…。

しかも、取っ手の部分が「たこの足」になっていて、思わず笑ってしまいました。

吸盤っぽいデザインゆえ、手元が滑りにくいメリットもあって、カップ自体も電子レンジでの加熱や食器洗浄機にも対応しているのがありがたいところ。

同じ素材のソーサー(受け皿)も付いていて、本格派のコーヒーカップです。

駅弁 ひっぱりだこの珈琲カップ

この「ひっぱりだこ珈琲カップ」…、“ペアカップ”にしてみました。

「淡路屋」によると、最初は“遊び心”で開発したカップだそうですが、予想以上に好評で、とくにいまは「自宅で駅弁!旅気分!キャンペーン」の通信販売で買い求める方が増えているそう。

気を張って暮らすことが多い毎日、ちょっとユニークなコーヒーカップにアレンジすることで、在宅ワークの息抜きも、クスっと笑いながら旅気分が楽しめますね!

駅弁 EF81形電気機関車+24系客車・寝台特急「トワイライトエクスプレス」、東海道本線・大阪駅(2012年撮影)

「ひっぱりだこの珈琲カップ」でコーヒーをいただいていると、かつて寝台特急に乗ったときに、食堂車で味わったコーヒーのことが思い出されてきました。

東日本のNREの方が担当していた「北斗星」のグランシャリオでは、カップの取っ手を左側に置く英国式、西日本のFSNの方が担当していた「トワイライトエクスプレス」のダイナープレヤデスでは、カップの取っ手を右に置く米国式だったと記憶しています。

そんな旅の思い出も、ふとよみがえる、我が家でのコーヒータイムです。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評