ニュース
» 2021年02月10日 13時30分 公開

無事発売……! 2021年度の「青春18きっぷ」、何が変わる? 鉄道ファン目線でポイントチェック(1/2 ページ)

春期は2月20日発売です。

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 JRグループは2月8日、2021年度の「青春18きっぷ」を発売すると発表しました。

鉄道 青春18きっぷ 旅行 ムーンライトながら ホームライナー 鈍行旅行の代名詞「青春18きっぷ」(写真:呼んでる渋沢)

 鉄道ファンにとってはおなじみの青春18きっぷは、年度ごとにJRグループから発売することが告知されます。

 1982年の登場からこれまで発売されなかったことはありませんが、2021年度は感染症の影響で発売を見合わせるのではないかと不安の声がありました。それだけに本年度の無事登場にファンとして安堵。もちろん、利用者側の感染症対策意識も必須です。

鉄道 青春18きっぷ 旅行 ムーンライトながら ホームライナー 2021年も発売が決定。普通列車の旅が楽しめる(写真:呼んでる渋沢)

 では、2021年度の青春18きっぷの楽しみ方と、本年度から変わりそうな注意点を鉄道ファン目線でチェックしていきましょう。

長期休暇シーズンに合わせて販売される「1万2050円でJR全線が5日間乗り放題」となるお得きっぷ

 青春18きっぷは、毎年「春・夏・冬休み」などの長期休暇シーズンに合わせて販売される「1万2050円でJR全線が5日間乗り放題」となるお得きっぷ。JR全線の普通列車、快速列車が終日乗り放題となり、1人ならば5日分(5回分)、または5人で1回といったグループで利用できます。

 青春18きっぷは販売期間と利用できる期間が決まっています。「2021年春季」は販売期間が2021年2月20日〜3月31日で、利用期間が2021年3月1日〜4月10日。「2021年夏期」は販売期間が2021年7月1日〜8月31日で、利用期間は2021年7月20日〜9月10日。「2021年冬季」は販売期間が2021年12月1日〜12月31日で、利用期間は2021年12月10日〜2022年1月10日となります。

 併せて北海道エリア向けに、奥津軽いまべつ〜木古内間の北海道新幹線や道南のローカル線「道南いさりび鉄道」に青春18きっぷと合わせて乗れるオプション券「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」も発売。こちらは2490円です。

鉄道 青春18きっぷ 旅行 ムーンライトながら ホームライナー 2021年度青春18きっぷの販売期間と利用期間(JR東日本プレスリリースより

18キッパーの強い味方だった「ムーンライトながら」は運行終了

 青春18きっぷ利用者御用達の、東京駅と大垣駅(岐阜県)を結ぶ夜行快速「ムーンライトながら」。こちらは残念ながら運行終了が発表されています(関連記事)。

 長距離移動の強い味方だった列車がなくなるので、特に関東〜関西の移動手段が大きく様変わりしそうです。

鉄道 青春18きっぷ 旅行 ムーンライトながら ホームライナー 2020年春の運行が最後となった「ムーンライトながら」(写真:呼んでる渋沢)

「ホームライナー」の人気が高まるかも? 「リゾートビューふるさと」「奥出雲おろち」などの観光列車も要チェック

 青春18きっぷでも乗車できる通勤ライナーのうち、東京駅と小田原駅を結ぶ「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」が2021年3月12日で廃止となります(関連記事)。

 2021年春季の青春18きっぷは利用期間が2021年3月1日から。期間はわずかですが、青春18きっぷを利用してお別れ乗車もできそうです。

 なお、湘南ライナーは廃止になりますが、東海道本線の静岡地区や名古屋地区で運行している「ホームライナー」は引き続き運行します。特に静岡地区のホームライナーは距離の長い静岡県内を特急型電車で通過できるとして人気の列車です。ムーンライトながらが運行終了したことで、この列車の人気が高まるかもしれません。

鉄道 青春18きっぷ 旅行 ムーンライトながら ホームライナー 特急「伊那路」や「ふじかわ」で運行する373系は、青春18きっぷでも乗車ができる「ホームライナー」としても活躍中(写真:呼んでる渋沢)

 ホームライナーのほか、JR東日本の「リゾートビューふるさと」やJR西日本の「奥出雲おろち」など、青春18きっぷで乗車できる観光列車タイプの快速列車も運行も予定されています。



 普段の普通列車とは異なる、個性豊かな観光車両などにも乗れる青春18きっぷの楽しみ方は2021年も健在です。

鉄道 青春18きっぷ 旅行 ムーンライトながら ホームライナー 南小谷駅と長野駅を結ぶ「リゾートビューふるさと」。別に指定席券を購入すれば青春18きっぷでも乗車可能(写真:呼んでる渋沢)

 ムーンライトながらが運行を終了してから初となる2021年度の青春18きっぷシーズン。「1日でどこまで行けるかチャレンジ」(関連記事)といった手段のほか、根本の計画の立て方も変わりそうです。

 決して無理せず、密を避け、感染症対策などをしっかり心掛けた上で、長距離の移動だけでなく、近場への旅行や観光列車の乗車などの使い方も楽しみたいところですね。


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」