ニュース
» 2021年03月02日 10時31分 公開

「るろうに剣心 最終章」、高橋一生&村上虹郎&安藤政信の新キャストに納得の声「豪華かつドンピシャ」(1/2 ページ)

いよいよ最終章公開まであと1カ月半。

[のとほのか,ねとらぼ]

 実写映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」の新たなキャストとして、桂小五郎役に高橋一生さん、沖田総司役に村上虹郎さん、高杉晋作役に安藤政信さんが決定。それぞれのビジュアルが公開されています。

るろうに剣心 高橋一生 緋村剣心 佐藤健 村上虹郎 安藤政信 高橋さん演じる桂小五郎

 2部作から構成される「最終章」は、「The Final」が4月23日に、「The Beginning」が6月4日に公開。主要キャストは続投となっている他、2020年2月には、最終章2作品に大きく関わる、剣心の十字傷の謎を知るシリーズ最恐の敵、雪代縁役として新田真剣佑さん、3月にはかつて剣心の妻であった雪代巴役として有村架純さんが演じることが発表されており、公開を前に盛り上がりを見せていました。

 高橋さんと村上さん、安藤さんは、原作の「追憶篇」をベースに剣心の十字傷の謎に迫る「The Beginning」に登場。動乱の幕末に命を懸けて戦っていた、剣心と関わり合う重要な人物たちを演じます。

るろうに剣心 高橋一生 緋村剣心 佐藤健 村上虹郎 安藤政信 村上さん演じる沖田
るろうに剣心 高橋一生 緋村剣心 佐藤健 村上虹郎 安藤政信 安藤さん演じる高杉

 それぞれのキャスティングについて大友啓史監督は、「一生君は、それ以外ないという唯一無二の表現をしっかり探り当ててくれる。しかもその深度が半端ない」「山椒は小粒でもピリリと辛い、虹郎くんの鋭いイメージと沖田のイメージが自然と重なりました」「一瞬にして人の心を虜にする唯一無二、独特のカリスマ性は、安藤政信ならではと痛感しましたね」とコメント。

 また、大友監督と「億男」「3月のライオン」以降3作品目となる高橋さんは、「また大友組の中でお芝居ができることに、ありたがみと面白みを感じていました」と喜びをつづっており、村上さんは「オリジナリティーを大事にするよう意識しつつ、とにかくアクションは頑張りました」と期待が膨らむコメントを寄せています。大友監督と初作品になる安藤さんは「一度sessionしてみたかったので、オファーがきて素直に嬉しかったです」とコメントしています。

るろうに剣心 高橋一生 緋村剣心 佐藤健 村上虹郎 安藤政信 主要キャストは続投

 今回の発表にネットでは「このキャスティング、健が食われてしまうのでは?w」「めちゃくちゃしっくり来るキャスティングだ」「実写るろ剣 維新志士側のキャスティングが豪華かつドンピシャで怖……」など納得の声が続出。「なに!? 高橋一生が桂小五郎? 村上虹郎が沖田総司? なにそれ! 見たいやつやん!!」「るろ剣はなぜ顔面偏差値高い上に アクション完璧なん」など公開を前にさらに盛り上がりを見せています。

(C)和月伸宏/集英社 (C) 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」