ニュース
» 2021年03月24日 08時30分 公開

姫路駅「せとのあなごめし」(1680円)〜駅弁は見た目が10割!「デザイナーズEKIBEN」(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは姫路駅「せとのあなごめし」(1680円)です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 姫路駅「せとのあなごめし」(1680円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2021年1月26日)

駅弁 500系新幹線電車「こだま」、山陽新幹線・東広島〜広島間(2019年撮影)

平成9(1997)年の登場以来、高い人気を誇る500系新幹線電車。

現在は、身軽な8両編成となって、山陽新幹線の「こだま」で活躍しています。

近年はキャラクターとのコラボでもおなじみですが、人気の秘密はやっぱりデザイン。

その見た目から「500系=カッコいい=乗ってみたい!」というイメージを持つ方は、とても多いのではないかと思います。

駅弁 せとのあなごめし

500系が走る山陽新幹線沿線でも、「見た目」にこだわった駅弁が登場しています。

姫路駅弁「まねき食品」が、昨年(2020年)から展開している「デザイナーズEKIBEN」シリーズは、地元・姫路出身のイラストレーター、イヌイマサノリさんが掛け紙をデザイン。

なかでも、可愛らしい穴子の絵が目をひく「せとのあなごめし」(1680円)は、今年(2021年)、京王百貨店新宿店の「第56回・元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」でも販売されました。

駅弁 せとのあなごめし

【おしながき】

  • だし飯
  • 焼き穴子 醤油だれ
  • ごま昆布
駅弁 せとのあなごめし

紙蓋を開けると、自家製たれのいい匂いと共にふんわり重ね焼きされた穴子が一面に!

掛け紙は女性受けがよさそうな可愛らしさなのに、伝統の経木でつくられた折に、まねき食品自慢の「えきそば」の出汁で炊いただし飯がぎっしり詰まっています。

見た目を追求しながら、中身も充実させた駅弁のつくりに、自然と胸が高鳴ります。

駅弁は「見た目」でしか選ぶことができない以上、“見た目が10割“の食べ物。

だからこそ中身も裏切らないことが、お店にとっても大事なことなのだと思います。

駅弁 N700系新幹線電車「さくら」、山陽新幹線・西明石〜姫路間(2017年撮影)

この春で運行開始から10周年を迎える山陽・九州新幹線の直通列車。

N700系シリーズの新幹線は、その落ち着いた見た目が、安心感につながっています。

しかし、内装のデザインは、「のぞみ」号とは大きく変わっているのが、面白いところ。

新幹線の見た目や内装のデザインの違いを楽しむのと同様に、駅弁もまた、デザインや味のこだわりをじっくりと堪能したいものです。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響