ニュース
» 2021年03月26日 15時30分 公開

SUBARU、アイサイト搭載車を月3万9820円から利用できる「SUBARU サブスクプラン」開始

比較的高年式の「XV」などを用意。

[ねとらぼ]

 SUBARUは3月26日、運転支援システム「アイサイト」付きのスバル車を月額課金制で利用できるサブスクリプションサービス「SUBARU サブスクプラン」を開始しました。

SUBARU サブスクプラン 月額定額課金でSUBARU車に乗れるサブスクサービスが開始

 SUBARU サブスクプランは、スマートフォンやNetflixなどのような月額課金制で契約するクルマ利用のサブスクリプションサービス。これまでの「車両を買う、所有する」に対して「使いたい期間だけ借りる」イメージで利用でき、初期費用なし、車両利用料、税金や任意自動車保険料、車検や整備などのメンテナンス・維持費用込みで月額3万9820円から利用できる車両を用意します。

 対象車両は運転支援システム「アイサイト」を搭載した中古のスバル車。比較的高年式でスバル販売店で整備された「XV」「インプレッサ スポーツ」などをそろえ、スバル販売店が車両の引き渡しとメンテナンスなどのサービスを担います。

 月額料金は、例えば2019年式の「インプレッサスポーツ 1.6i-L EyeSight(走行距離2万4829キロ)」24カ月契約で月3万9820円から、12カ月契約で月4万5800円から。初回は12カ月か24カ月、以後3カ月単位で契約できます。

SUBARU サブスクプラン 対象車両と価格の例 比較的高年式で走行距離も少ない「XV」「インプレッサ スポーツ」などを用意する(画像:SUBARU サブスクプランより)
SUBARU サブスクプラン 訴求ポイント

 対象エリアは神奈川県と新潟県から、以後他エリアも順次拡大する計画。自社独自技術であるアイサイトの機能を軸に、クルマは生活に必要だが購入する初期コストが高い、ローンや固定にはならない維持費も心配といったコスト面を考える層へ訴求し、以後のファン醸成などにもつなげたい考えです。

 「コミコミ」で乗れるクルマのサブスクサービスは、トヨタ自動車「KINTO」(関連記事)、日産自動車「クイックモビ」、ホンダ「マンスリーオーナー」などの自動車メーカーによるものから、中古車販売店やレンタカー事業者なども展開。15分単位で少し借りたいといったカーシェアサービスも含め、「売る」だけではない自動車メーカー発「クルマ利用サービス」の選択肢が増えてきています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」