ニュース
» 2021年04月03日 20時00分 公開

ワンコが食べると危険! 「絶対に与えてはいけない食材」と「注意が必要な人間の食べ物」とはペット手帳

もう一度おさらい!

[ペット手帳]
Mashable

ペット手帳

 ワンちゃんの食事は基本的に専用のフードとお水です。食べて良いとされている人間の食べ物でも、ワンちゃんによってはアレルギーが出たり、体調不良になってしまったりすることも少なくありません。

 例えば脂の多いお肉や、フライドポテトなどの油っぽい物は、急性膵炎の原因となるので、避けた方がいい食べ物の一つです。

疑問に思ったら獣医師さんへ


ペット手帳

 人間の食べ物で、ワンちゃんにも食べさせて良いのかどうか、迷ったときは必ずかかりつけの獣医師さんに相談してみてくださいね。

ワンちゃんに絶対に与えてはいけない食べ物1


ペット手帳

  • タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニク

赤血球を損傷する可能性があり、貧血を引き起こす恐れがあります。ネギは野菜炒めやすき焼きなど、加熱しても危険です。ニンニクはパウダーとなって含まれる加工食品にも注意しましょう。

  • チョコレート

テオブロミンが中毒症状を引き起こします。特にダークチョコレートはテオブロミンの含有率が多く、危険で、死に至るケースもあります。

  • キシリトール入りのガムなど

急速に血糖を降下させ、重症の場合は肝不全で死に至ることもある危険な食べ物です。少量でも危険なので、食べたらすぐに受診しましょう。

ワンちゃんに絶対に与えてはいけない食べ物2


ペット手帳

  • 鶏の骨

犬は骨をすりつぶして細かくして食べることができません。鶏の骨は縦に割れて裂けるため、胃や腸を傷つける危険があります。

  • アボカド

FDA(アメリカ食品医薬品局)は「アボカドは、犬や猫にとって軽度の毒性があるため危険」と発表しています。また、高脂質のため、急性膵炎を引き起こすこともあります。

  • ぶどうとレーズン

中毒となり、最悪の場合には急性腎不全となり、最悪の場合死に至ります。レーズンやレーズンパンなども危険です。

  • ナッツ類

ナッツ類は消化に悪いことから、消化不良や嘔吐、下痢の原因となります。

注意が必要な人間の食べ物


ペット手帳

  • レバー

犬にレバーを大量に食べさせることで、ビタミンAの過剰摂取により健康を害することがあると考えられています。

  • ほうれん草

シュウ酸が尿路結石の原因となることがあるので、注意が必要です。ほうれん草のアクにはシュウ酸が含まれるので、与える場合には必ずゆでてアク抜きをした後、水で十分に洗い流したものを与えましょう。大量に与えると嘔吐や下痢の原因となるので、与える量にも注意しましょう。

  • コーヒー、紅茶、緑茶など

カフェインは、心筋と中枢神経系を刺激し、カフェイン中毒を引き起こす恐れがあります。コーヒーゼリーや抹茶アイスなど加工された食品にもご注意ください。誤食や誤飲などにも注意しましょう。

  • 生肉

厚生労働省は「牛肉や豚肉には腸管出血性大腸菌やサルモネラのような病原性の細菌が付着したり、E型肝炎ウイルスなどの人に害を与えるウイルスや寄生虫に感染している場合がある」としており、犬に肉を生で与えることは危険です。肉を与える際は必ずしっかり加熱して与えましょう。

注意が必要な人間の食べ物2


ペット手帳

  • 香辛料

香辛料や刺激物は胃や腸に与える刺激が強く、嘔吐や下痢の原因となります。特に唐辛子に多く含まれるカプサイシンは大量に食べると胃腸炎を引き起こします。

  • 生卵

白身は必ず加熱してから与えてください。白身に含まれるアビジンは腸内でビオチンという水溶性ビタミンと結合し、排出されてしまいます。大量の生の卵の白身を摂取するとビオチン不足となり、皮膚のトラブルや強い疲労感、脂肪の代謝障害の原因となります。

  • にぼし

マグネシウムを多く含み、尿路結石になりやすくなる可能性があります。また、物によっては塩分の過剰摂取につながることもあります。

 人間にはおいしくて栄養のある食べ物でも、ワンちゃんにとっては最悪死に至る場合もあります。「絶対に与えてはいけない食材」はもちろん「注意が必要な人間の食べ物」にも誤食や誤飲などないように細心の注意を払う必要があります。飼い主さんが危険な食べ物を理解してワンちゃんの食生活を管理してあげてくださいね。


ペット手帳

© stepdays Inc.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10