ニュース
» 2020年09月13日 14時00分 公開

【犬】もう一度見直そう! この時期に気をつけたい“部屋の中に潜む危険”

「知ってる/知らない」で心構えが大きく変わります。

[ペット手帳]
Mashable

ペット手帳

 猛暑の夏でした。日中は冷房の効いた室内で、快適に過ごす時間が増えます。しかし、一見すると安全な家の中で、意外な危険が隠されていました。今回はわんちゃんのお部屋の中の安全対策について、もう一度見直してみましょう。

危険その1 転倒・転落の危険〜実際にあった事例〜

ペット手帳

 最初に見直したいのが転倒・転落事故です。リビングでくつろぐ飼い主さんに寄り添うために、ソファの上に登ろうとして転落した、という経験のある人は意外と多いのではないでしょうか。ソファに乗るための台や、ソファそのものが滑りやすい皮革素材の場合は、カバーなどを掛けて、わんちゃんが登りやすくして、事故を防ぎましょう。

 元気なわんちゃんはお部屋の中を走りまわるのが大好きです。つるつる滑るフローリングは、人間に例えると、いつも滑るスケートリンクの上で生活するようなもの。滑らないように常に関節に力が入るため、関節を痛める原因となります。

 また、走った振動で、床の上に重ねていた本や段ボールが倒れてケガをしないよう、走る場所には倒壊するような物を置かないようにしましょう。

ペット手帳

 ケージの隙間から前脚を出していたわんちゃんが、前脚を強く挟まれて骨折してしまったケースもあります。また、ケージに脚が引っ掛かったまま、無理やり引っ張ってケガをする事故も多いので、出す前にはちょっとだけチェックしてあげましょう。

 わんちゃんを膝にのせて、おいしいお茶やコーヒーをいただくのは至福の時ですが、ポットからお湯を注ごうとした飼い主さんに飛びついて、熱湯がかかってしまった事故も起きています。熱湯を扱う時は、十分注意してあげてくださいね。

 その他、わんちゃん大好きな子どもが無理やり抱っこして重さに耐えられず落としてしまう事故もありました。犬と遊ばせる時は無理やり抱き上げたり、強くひっぱらないよう、見守ってあげましょう。同時に、わんちゃんは命ある大切な家族で、遊び道具ではないことを、子どもたちにきちんと教えてあげる機会にできたら良いですね。


危険その2 誤飲・誤食の危険

ペット手帳

 室内の事故では、誤飲・誤食事故が目立ちます。特に夏に多いのは、保冷剤を誤食する事故です。やわらかく、肉のようなかみ心地で甘さを感じる保冷材には、エチレングリコールという大変危険な化学物質を含んでいます。

 エチレングリコールの中毒による事故で命を落とすわんちゃんは、少なくありません。できればわんちゃんのいる場所では危険な保冷剤を使わないこと。冷凍庫に保管して、遊ばせないようにしてください。人間用の薬は薬そのものも危険ですが、薬が入っている包装材を食べる事故もありました。うっかり置いたままにしておかないよう、薬の保管には特に注意しましょう。

 わんちゃんにとっては危険な「人間の食べ物」はたくさんあります。代表的で良く知られているのがタマネギ、チョコレート、キシリトールなど。他にも油っぽい肉やポテトチップスなど、脂質を多くに含む食材を一度に大量に食べると、急性膵炎の原因となります。命の危険を伴うため、基本的に「人の食べ物は与えない」方が安全です。

 おいしいお肉の味や匂いが付いた包装材をゴミ箱からあさって食べてしまったわんちゃんもいました。しっかり蓋が閉まり、倒しても中身がこぼれないゴミ容器に見直しましょう。ゴミ関連で、床に落ちた糸くずや、飼主さんの髪の毛をなめてしまい、腸閉塞となったわんちゃんもいました。小まめな掃除は、わんちゃんの安全確保にもつながります。

危険その3 withコロナで出てきた新しい危険

ペット手帳

 コロナ禍で家にいる時間が増え、今までよりもお家の中での事故が増えています。例えば、いつも家にいない子どもたちなど飼い主さんが、食べ物や飲み物を部屋に放置して、わんちゃんに誤飲・誤食させてしまう事故です。

 また、マスクの手作りで裁縫道具を誤食したケースもありました。布にしるしをつける縫製用のプラスチックへらを齧って遊んでいるうちに飲み込んでしまったのです。関連して糸くずを大量に飲み込んでしまったわんちゃんもいました。

 アルコール除菌スプレーが原因で昏睡状態になったケースもあります。犬は人と異なり、アルコールを体内で分解できません。致死量は1キロ当たり5mg程度ですが、これ以下でも、昏睡状態になった事例が紹介されています。スプレーを直接吹き付けたり、大量に使った部屋にはわんちゃんを入れないようにしましょう。

 除菌関連では、次亜塩素酸ナトリウムの取り扱いにも注意しましょう。マスク除菌に使う機会が増えていますが、わんちゃんが近づかない工夫を。誤飲を防ぐのはもちろんのこと、液体に触れただけで皮膚炎になる場合もあります。

 こうして見回すと、身近なところに危険が潜んでいました。部屋の中で熱中症になるわんちゃんもいて、上記のことはもちろん「お部屋だから100%安全」と過信するのは危険です。猛暑の夏、家の中の危険カ所を少し見直して安心・安全・快適なペットライフを


ペット手帳

© stepdays Inc.

先週の総合アクセスTOP10