ニュース
» 2021年04月08日 17時30分 公開

危ないと感じた時にはもう遅い 高速道路を走るバイクに向かってタイヤが転がってくる事故映像が怖すぎる

バイクの後ろにクルマがいなくて良かった……。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 こんなのどうしろっていうんだよ……! バイクに乗って高速道路を走っていたら、突然前方からタイヤが転がってきたという恐ろしい映像が注目を集めています。

photo タイヤが一直線に迫ってくる……!(画像はYouTubeから)

 事故が起こったのは、カリフォルニア州サンディエゴ。被害にあったライダーの男性のヘルメットに取り付けられていたドライブレコーダーが、事故の一部始終を録画していました。

 高速道路は交通量はやや多いながらもスムーズに流れており、被害にあったバイクも快調に走っていました。しかし、高架下をくぐった次の瞬間、目の前に1本のタイヤが転がってきました。

 「危ない!」と感じた時には遅く、タイヤはそのままバイクと接触。その衝撃でライダーは高速道路上で転倒してしまいました。

photo タイヤは3秒もしない間に迫ってきます(画像はYouTubeから)
photo 転んだバイクの真横には走行中のトラックが(画像はYouTubeから)

 幸いなことに後続車両に轢かれるといった被害はなく、ライダーは大きなケガなく無事でした。

 事故の原因になったタイヤについては、前方を走っていたクルマのスペアタイヤであるという見方もありますが、高速道路の外から何者かが故意にタイヤを投棄した疑いもあり、現在調査が進められています。

photo 事故時のヘルメットはボロボロ(画像はYouTubeから)
Motorcycle crash on San Diego freeway caused by 'malicious prank'


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.