ニュース
» 2021年04月27日 12時50分 公開

メルセデス・ベンツ、“普及価格帯”のピュアEV「EQA」発売 航続距離422キロ、640万円から(1/2 ページ)

意外と安い……? 高い?

[カナブンさん,ねとらぼ]

 メルセデス・ベンツ日本は4月26日、SUVタイプのピュアEV「EQA」を発売しました。価格は640万円(税込)からです。

EQA メルセデス・ベンツのEV「EQA」(写真:メルセデル・ベンツ、以下同)

 EQAは、SUVの使い勝手と“都市生活にちょうどいいサイズ”、電動による経済性・先進性を追求したピュアEV。同社初のEV「EQC」(関連記事)に続く、メルセデス・ベンツの電動車ブランド「EQシリーズ」の第2弾として展開します。

 パワートレインはフロントアクスルに電動モーターを搭載した1モーター前輪駆動仕様で、最大出力140kW(190馬力)、最大トルク370Nm。

 66.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、最大航続距離422キロ(WTLCモード)を実現します。モーターの搭載方法を工夫し、振動や騒音が車内になるべく伝わらないようにした静音設計もアピールポイントに据えます。

 充電は6kW(200V/30A)までの家庭用AC普通充電と、100kWまでのCHAdeMO規格DC急速充電に対応。購入後1年間、全国約21000基(2021年4月現在)の提携充電スポットを無料で使える充電サービス特典も付与します。

EQA 家庭用AC普通充電と、100kWまでのCHAdeMO規格DC急速充電に対応
EQA 提携充電スポットでの充電が1年間無料

 デザインはスタイリッシュで曲線を用いた都会的なスタイル。フロントには、おなじみのスリーポインテッドスターエンブレムを配置しつつ、エンジンがないので通風口が不用なEVならではのフラット造形グリル、水平に伸びる光ファイバーがフルLEDヘッドライトと結び付く近未来感のある意匠を採用します。車体サイズは4465(全長)×1835(幅)×1625(高さ)ミリです。

 助手席前方のイントルメントパネルに、スパイラル調(バックライト付き)インテリアトリムを採用。夜間にはアンビエントライトの設定により64色から選択できるバックライトが点灯し先進性を表現します。インフォテインメントシステム「MBUX」も搭載します。

EQA フロントグリルは黒を基調とした高級感とEVの先進性を訴えるデザイン
EQA なだらかに下降していくルーフライン
EQA トランクと可倒式後席
EQA リアは中央に向けて次第に細くなるLEDのライトストリップを採用
EQA 一体感のあるダッシュボードやコンソールデザイン
EQA オプションのブラックレザーシート
EQA

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10