ニュース
» 2021年06月05日 11時30分 公開

河川敷にテント、上流で雨が降ったことに気付かないと……? アウトドアで命の危険を感じた体験談(1/2 ページ)

カヤック、カヌーツアー参加時の体験談。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者に「運動/スポーツでアカンことになったお話」を伺う読者募集企画。今回は「趣味のカヤック、カヌーで“命の危険を感じたときの体験談”」を伺いました。

連載:運動/スポーツでアカンことになった話、教えてください

「体を動かすのは健康に良い」と言われていますが、運動やスポーツには危険がつきもの。「どんな危険があるのか」「注意すべきポイントは何か」に気付くために、いろいろな人の話を聞いてみよう、という企画です。

川のカヌーツアー:石敷きの河川敷にテント



 若いころ趣味にしていたカヤック、カヌーで、2回ほど命の危険を感じたことがあります。

 1つは、1泊行程で行われた那珂川(茨城県)のカヌーツアーに参加したときのこと。通常水位から1メートル程度高い石敷きの河川敷にテントを張っていたのですが、主催者が上流(栃木県)での降水に気付かず、河川増水の避難呼びかけが遅れ、危うく大惨事になりかけました。

―― 「上流での降水に気付かない」というのはよくあることなのでしょうか?

 大河川は時間差で増水しますし、夜間などでは雨雲も見えませんからありえることです。

 私を含めた経験者が雨の降り方やラジオのニュースから上流で豪雨が降ったらしいことを知り、川の様子をたびたび見にいって増水に気付きました。テントにいる人たちを起こしてまわりましたが、熟睡していた方も多く、放置していたら危なかったと思います。

 ただ、装備や車の何台かは水没しました。河川敷は水を含むと石敷きでもタイヤがとられるので四輪駆動車でも脱出できなくなることがあるほか、水没すると電装系にダメージがあってシートなども泥臭くなるので廃車になるケースが多いんですね。

 行事として行われた大人数でのイベントだったことなどから、設営場所が主催者任せになっていたこともトラブルの一因だと思います。本来であれば「河川敷の草が生えていないところは、テントを張るな(増水したとき危険だから)」というのが鉄則です。

 その後、宿泊イベントではキャンプ場を利用するなど、より安全に配慮して運営されているようです。

 現在は雨雲レーダーや河川の水位観測データがインターネットで見られるので、より危険に気付きやすくなっていますが、昨今のキャンプブームで場外キャンプがまた増加しているのが心配なところです。

海のカヤックツアー:艇上での脱臼

 もう1つ、命の危険を感じたのは、沿岸でのシーカヤックツアーで肩を脱臼したとき。陸から100メートルほど離れた地点でカヤックが横波を受けて転覆しました。

 波を受けたり、それによって転覆したりすること自体は珍しくなく、カヤックやカヌーに乗る人は対応方法を練習していることが多いものです。私はこのとき「ハイブレイス」と呼ばれるパドルを立てて艇のバランスを取るテクニックを使ったのですが、波が高くて肘を上げすぎてしまい、肩関節を脱臼。バランスが保てず、転覆しました。

 現在教えられているブレイスのテクニックなどは改善されているのですが、当時はこのようなリスクがあることがそこまで周知されていませんでした。

―― 脱臼した状態で、どうやって海岸まで戻ったのでしょうか?

 艇を捨てても泳げる距離には限界があるので、同行者の付添のもと艇と一緒に岸まで波に乗って流されました。PFD(ライフジャケットと呼ばれるものに近い)を着用していたので溺れる心配はありませんでしたが、離岸流などにつかまると戻れなくなることもあり、もう少し沖に出ていたら危なかったかもしれません。

 また、このときは秋口で水温が高かったのも幸いでした。冬〜春先は水温が低下し、短時間でも体温低下の可能性がありますから。

 最近またアウトドアが流行していますが、「流行すると安全がおろそかになる」のはよくある話だと思います。現在はシットオンタイプのカヤックを使うカヤックフィッシングが流行していますが、転覆して脱出したカヤックにもう一度乗り込む「再乗艇」のスキルがなかったり、胴長(※)を着用していたりする人を時折見掛けます。そうした方も、安全には気を付けていただきたいと思います。

※胴長:「胴付長靴」「ウェーダー」とも呼ばれる、釣りなどに用いられる衣服。長靴とつなぎが一体化したつくりで体がぬれにくいようになっているのだが、中に水が入ってしまうと身動きが取りにくくなり危険といわれる。また投稿者によると、反対に水が侵入しない場合でも「落水時に足の部分に空気がたまって浮いてしまい、上半身が水につかるので非常に危険」とのこと。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」