ニュース
» 2021年05月14日 12時00分 公開

こんな風に人生を閉じたい 冬眠する小さな生き物の長老を描いた漫画に穏やかな気持ちになる(1/2 ページ)

こんなふうに「おやすみ」を告げたい。

[関口雄太,ねとらぼ]

 春に向けて冬眠の準備をする生き物たちのなかで、ひっそりと一人すべてのものに“おやすみ”を告げる長老の姿を描いた漫画「冬のおやすみ」が、おだやかな眠りについて考えさせてくれます。


【漫画】「おやすみ世界よ」 平穏な心で冬眠の仕上げをする長老の仕草に憧れる 最後かもしれない“おやすみ”


 「冬のおやすみ」は漫画家の永田礼路(@nagatarj)さんによる、小さな生き物たちが冬眠に向かう様子を描いた漫画。目覚めて迎える春を楽しみにドタバタとはしゃぐ子どもたちの中に、「眠るのが怖い」と1人緊張気味な子どもの姿があります。長老のカトゥが話を聞くと「目が覚めなかったらどうしよう」と不安な気持ちを打ち明けました。

 大人のように黙って眠れない子を、他の子どもたちは泣き虫だとからかいますが、カトゥは大人は鈍感だから怖さを忘れているだけだと説明します。春になれば大人が起こしてくれるから安心して眠ればいいと話すと、子どもの不安そうな表情は穏やかな笑顔に変わり、冬眠へ向かいました。


【漫画】「おやすみ世界よ」 平穏な心で冬眠の仕上げをする長老の仕草に憧れる ようやく寝る気になった子どもたち
【漫画】「おやすみ世界よ」 平穏な心で冬眠の仕上げをする長老の仕草に憧れる 不安が和らいで子どもは冬眠へ

 子どもたちを寝かしつけた後は大人もそのまま眠りにつきます。年長者のカトゥだけが一人、最後の戸締まりへ。長い冬眠は年寄りから体力を奪います。1歳上だった親友は今年、春が訪れても目を覚ましませんでした。

 亡き親友のことを考えながら冬眠の仕上げをするなかで、仲間たちや友人の遺骨、家具や草花に“おやすみ”と言葉を投げかけていきます。これから訪れる春、自分はもう目覚めないかもしれないと感じながら、生きて目にしてきた季節におやすみと言い、最後に「おやすみ世界よ」と告げるおだやかな姿は、人生の最期すら感じさせます。


【漫画】「おやすみ世界よ」 平穏な心で冬眠の仕上げをする長老の仕草に憧れる 前回の冬眠で親友は目覚めなかった

 永田さんは、遺伝子操作が産業として発達した世界を舞台にした作品『螺旋じかけの海』も手がけています。人間と動物の境界に生きる人々の生活を通して、生きることについて考えさせられるSF作品で、今回の漫画「冬のおやすみ」と似た部分も。同作は現在、電子書籍がセール中となっています(5月17日まで)。


※価格は記事掲載時点のもの

作品提供:永田礼路(@nagatarj)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」