ニュース
» 2021年05月31日 20時00分 公開

幼馴染のお兄ちゃんの車に乗る漫画 2人の関係性を想像させる物語に心をつかまれる(1/2 ページ)

二人にとっての最良の距離感とは。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 傷心の女の子が、幼馴染(おさななじみ)のお兄ちゃんに空港まで送ってもらう漫画が、いろいろな方向で想像力を掻き立ててきます。

漫画をまとめて読む
幼なじみ 年上 恋愛 家族でのドライブは苦手だけど……

 帰省先の実家からの帰り道。家族とのドライブが嫌いだった夏子は、幼馴染のお兄ちゃん・春ちゃんの運転する車で空港まで送ってもらうことになりました。

幼なじみ 年上 恋愛
幼なじみ 年上 恋愛
幼なじみ 年上 恋愛

 夏子は道すがら、浮気されたのを理由に彼氏と別れたことを明かします。そして、ドライブ嫌いになった原因でもある母親の怒り方と、自分の怒り方がそっくりだと気が付いて悲しくなり、春ちゃんと話せば、また昔みたいに「大丈夫になれる」と思い、春ちゃんに会うために帰省したのだと吐露しました。

幼なじみ 年上 恋愛

 家族とのドライブとは違い、春ちゃんが運転する車は好きなのだという夏子。「いつか東京でドライブしよう」「頑張れ、夏子」と元気づけてくれる春ちゃんの言葉に、思わず涙ぐんでしまいつつも、ちょっとだけ前向きな気持を取り戻せたのでした。

 空港へと向かうワンシーン、わずか4ページの内容ですが、相手の表情を伺いつつも交わることのない両者の視線、車外を眺める夏子と対になるように描写される春ちゃんの結婚指輪など、作中外の人生や関係性について、いろいろと思いを巡らせてしまう作品です。

 作者は漫画家でイラストレーターのごめん(@gomendayo)さん。現在Webサイト「TREE」(講談社)で、読者の実話を短編小説・イラストにしていく企画『もしもフィクションになれたら』を連載中です。

作品提供:ごめん(@gomendayo)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」