ニュース
» 2021年07月09日 11時30分 公開

「旅行に行きにくい」「どの病院に行ったらいけば……」 アレルギー情報サイト運営者さんに聞く“食物アレルギーの難しさ”(1/2 ページ)

「アレルギーっ子の旅する情報局CAT」の運営者さんにお話を伺いました。

[ねとらぼ]

 アレルギーに気付いた体験談をねとらぼ読者に伺う企画。今回はアレルギー関連情報サイト「アレルギーっ子の旅する情報局CAT」の運営者さんに、自身の食物アレルギー体験談や、アレルギーの難しさについて伺いました。

大好きだったエビを食べたいと思わなくなるまで

 幼少期からエビが大好き。大学時代にはちょっと高めのおすし屋さんでアルバイトしていて、その業務の1つに「エビの殻を大量にむく」というものがありました。

―― あ、ちょっと楽しそうですね。

 しかし、むき続けているとなんだか手がかゆくなってきて。その症状が徐々にひどくなり、最終的に手が真っ赤になるように。また、カニが入ったまかないを食べると、のどの奥にかゆみを感じるようになりました。

 実は幼いころから「甘エビを食べたらかゆくなった」のような出来事はあったのですが、私は(甘エビはいいとしても)エビマヨがあまりにも好きだったので、「気のせいだ!!!!!」と体に言い聞かせていました。

 はっきりアレルギー症状が出始めた20歳(大学時代)以降も血液検査を受けたり病院で薬をもらったりしつつ、加熱されたものに関しては食べ続けていました。

―― 「生でなければ大丈夫」など、人によって“セーフな基準”があったりしますよね。

 ですが、昨年(2020年)から加熱されたものまでダメに。長い時間をかけてアレルギーが少しずつ悪化していって。ついに愛してやまなかったエビが食べられなくなったのですが、重い倦怠感、激しい腹痛などが出るようになってからは全くと言っていいほど口にしたいと思わなくなりましたね。

 息子に食物アレルギーがあるため、もともと原材料のチェックは身についていたので、現在は自分のためにも店舗で事前確認しながら購入する食品を選ぶようにしています。

食物アレルギーの難しいところ

―― 「アレルギーっ子の旅する情報局CAT」というWebメディアを運営されていますが、このきっかけは?

 息子の小麦アレルギーです。離乳食で初めてパンを食べたとき、顔が尋常じゃなく腫れあがって、病院に飛び込みました。自分自身にもアレルギーがあったとはいえ、「まさか息子が」と驚きました。

 生後10カ月のころ、旅行に行こうと宿に連絡を入れ、息子に食物アレルギーがあることを伝えたところ、「アレルギーがある人は断っている」と。

 食物アレルギーがあると旅行に行きにくくなることを知り、「そういう人でも旅行などを楽しめるように」という思いから2015年からサイト運営を行っています。「アレルギー×エンターテインメント」情報をテーマにした、アレルギー児がいる家族向けのWebメディアですね。

―― “食物アレルギーの難しさ”は何だと思いますか?

 アレルギーの悩みは千差万別だということです。特に驚いたのは「子どものアレルギーで悩む親と、意外とあっけらかんとしていることが多い当事者(子ども)」という気持ちの差。

 むしろ親の方が「自分の子は食物アレルギーがあるから一般的な楽しみがない」と思い込んでしまっているケースが多いと思います。

 私はある女の子(当時小学4年生)から「私は食物アレルギーがあっても旅を楽しんでいるし、楽しむことを諦めていない」と言われ、あらためて制限にとらわれず楽しむことの大切さに気付かされました。

 食物アレルギーがあると、確かに制限はあるかもしれません。だけど、楽しみを諦めたくないし子どもたちにも諦めてほしくない。諦めなくてもいい社会になるようにしていきたいです。

 また、大人のアレルギーについて言うと「病院の入り口が分からないこと」が課題だと思います。

―― アレルギーは症状が多岐にわたるので、最初は内科で診てもらうべきか、それとも耳鼻科か皮膚科か……と迷いそうですが。

 そうですね。

 それから、世間一般に「アレルギー=子ども」というイメージがあり、小児科にいけばアレルギーの相談ができると思うのですが、大人になると小児科に行けない。また、「子どものときからアレルギーがあって、高校生になっても小児科に行かなくてはならず、すごく恥ずかしかった」というような話も聞きます。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」