ニュース
» 2021年07月02日 20時00分 公開

“ほぼ新車”なのに「全部バラす」!?!? パンクブーブー黒瀬の奇跡の旧車「Z750GP」、オジサンたちが本気出したテキパキ整備に「ずっと見てられる」の声(1/2 ページ)

無事に登録できるかな?

[カナブンさん,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「パンクブーブー」の黒瀬純さんが6月22日、自身のYouTubeチャンネル「9610くろじゅんチャンネル」を更新。手に入れた奇跡の旧車「Z750GP」整備の様子を披露しました。

Z750GP Z750GPの書類ありフレームが手に入った!(9610くろじゅんチャンネルより)
Z750GPをバラしてフレーム乗せ換える(再投稿版)(YouTube/9610くろじゅんチャンネル)

 黒瀬さんが手に入れたZ750GPは、1980年代に製造されたバイクなのに走らせず、登録もされず、いろいろあって約40年眠ったままだったという、“ほぼ新車”状態の世にも珍しい奇跡の個体です。

 しかし登録に必要な重要書類がなく、このままでは登録(ナンバーを取得)できない大きな課題が。車体は絶好調なのに……と途方に暮れていました。書類なしで登録できない課題は、同じ車種の「書類付きフレーム」を入手して挑むことにしました(関連記事)。

(参考)35年前の新車!Z750GPついに納車!エンジン1度もかかってない(YouTube/9610くろじゅんチャンネル)

 あれから約2カ月。その間に大型二輪免許も無事取得したものの、黒瀬さんはこのZ750GPのために他のバイクには一切乗らずガマンしてきました。

 だから「今日は本気ですよ」と意気込む黒瀬さん。今回は入手した中古フレームへ、“ほぼ新車”からパーツをごっそり全て移植して仕上げるという、バイクショップの旧車エキスパート「横兄」さんもさすがに初経験だという作業。“ほぼ新車”をバラすのはもったいない気もしてしまいますが、やっぱりバイクは乗って楽しんでナンボですもんね。

 「いやー楽しいなー」と初めての大掛かりな全バラシ作業に黒瀬さんもうれしそう。マフラーをカポンと取り外し「取れたぜ〜」とご満悦です。

Z750GP マフラー取れた
Z750GP エンジンを降ろして…
Z750GP パーツ類も何から何までごっそり外してそのまま移植

 きれいに磨いた中古フレームへ、“ほぼ新車”から外したパーツをごっそり移植していきます。エンジンを載せ、フロントフォークとハンドルを取り付けて……。いったんバラバラにされたマシンが再びバイクの元の形へサクサクと戻っていく様子が見ていて飽きません。黒瀬さんの初めてのバイクは無事に走り出せるのか。完成が楽しみです。

Z750GP 用意したフレームへごっそり載せ替えて再びバイクらしい姿へ

 ファンからも「黙々と作業してるだけの動画はずっと見てられるわ」「まさに博物館級のコンディション!」「ピカピカのフルノーマル、いいですねぇ」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する