ニュース
» 2021年07月09日 19時30分 公開

「USB3.0」「USB3.1(Gen1)」「USB3.2(Gen1)」は“名前が違うだけで同じ規格” バッファロー「お客さまの困惑は知っている」

なぜ同じ規格に3つも名称が……。

[ねとらぼ]

 「USB3.2だと思って購入したのに、パッケージにUSB3.0と書いてあったから返品した」――。AmazonでUSBハブを購入しようとすると、こんな低評価レビューを見かけます。

 ところが、PC周辺機器メーカーのバッファローによると「USB3.0」「USB3.1(Gen1)」「USB3.2(Gen1)」“名称が違うだけで同じ規格”であり、“通信速度やその他の機能に差は無い”というのです。なぜそんなややこしいことになってるの!? 話を聞きました。

画像はAmazon.jpより

 以前ねとらぼでは「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」という実はアナログなUSB端子の仕組みを紹介しましたが、世間に浸透していない知識は他にもあるようです。

 その1つが、USBのバージョン名による違い……というよりも、「名前が違うのに中身は一緒」なパターンがあまりに多い事実です。

 現行のUSB規格には「USB3.0」「USB3.1(Gen1)」「USB3.1(Gen2)」「USB3.2(Gen1)」「USB3.2(Gen2)」といったバージョンが存在します。素人考えでは「そりゃ“3.1”よりも“3.2”の方が良い商品だろう」と思ってしまいますが、残念ながらそれは間違い。

 冒頭で述べた通り「USB3.0」「USB3.1(Gen1)」「USB3.2(Gen1)」は同じ規格。それどころか「USB3.1(Gen2)」「USB3.2(Gen1)」では、「USB3.1(Gen2)」の方が高性能だというのです。

表にするとこんな感じ。同一行にあるものは名称だけが異なり、それ以外の差異はないそうです(提供:バッファロー)

 注目すべきは「Gen1」「Gen2」の部分。これはいわゆる“世代”を表す表記で、「Gen1」は“第1世代”、「Gen2」は“第2世代”と言い換えれば分かりやすいでしょうか。

 名前に「Gen1」と付いている商品は全て世代が同じであり、性能差はありません。一方で、世代の異なる「Gen1」「Gen2」を比較すると、後に生まれた後者の方が転送速度は速いわけです。ちなみに「USB3.0」は世代の表記がありませんが「Gen1」と同期とのこと。

仕方ないのでバッファローの商品名は「USB3.0」「USB3.1(Gen1)」「USB3.2(Gen1)」全部盛り(公式ショップより)

 要点をまとめると以下の通り。今日はこれだけ覚えて帰ってください。

  • USB機器を買う上で重要なのは「Gen1」「Gen2」の部分のみ。その前の「3.0」「3.1」「3.2」は性能に関係しない。
  • 「Gen1」は最大転送速度5Gb、「Gen2」最大転送速度10Gbなので、後者の方が高性能。

※あくまで「USB3.0」「USB3.1」「USB3.2」の話であり、今後登場する「USB4.0」以降の規格がどうなるかは分かりません。


 では、なぜこのような分かりにくい仕様になっているのでしょうか? メーカー側にも自覚はあるようで、バッファローは「USBの表記に惑わされているユーザーの皆さまも多いようで……」と申し訳なさそうに前置きしつつ、以下のように説明しています。

 基本的に規格の名称はUSB-IF(USB規格の促進を目的とした規格団体)が決めています。

 USB3.0までは「USBの名称(バージョン)が異なれば接続・最大速度も異なる」仕様でしたが、USB3.1以降は「USBの名称(バージョン)が異なっても実質中身は同じ」規格が誕生し、メーカーによって名称がばらばらになってしまっています。

 USB-IFがこのような名付け方をした理由は発表されていないので、バッファローからは何とも言えない状況です。


 USB-IFは「Gen1」の規格を「SuperSpeed USB」、「Gen2」の規格を「SuperSpeed USB Plus」と呼んで区別していますが、こちらの名称は世間に浸透していない状況。さらに近年は次世代規格である「Gen3」も登場し、ますます分かりにくさに拍車が掛かっているようです。

 ユーザーからすると不便でしかないヘンテコな名称ですが、メーカーも困惑している様子。正しい知識を覚えておくと、買い物の際に役立つかもしれません。

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する