川谷絵音、ロッキン中止を巡る発言で謝罪「“しか”という表現は間違い」 後藤正文が意見「抗いたい」「過剰な社会制裁についても」(1/2 ページ)

自身の発言を問題視された川谷さんが謝罪に追い込まれていました。

» 2021年07月08日 17時25分 公開
[斉藤賢弘ねとらぼ]

 ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の後藤正文さんが7月8日にTwitterを更新し、国内音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」(以下、「ロッキン2021」)の中止を巡り、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの発言が問題視され、訂正することになった一件に言及。「聖人君子しかモノ言えぬ空気ってのにも、抗いたいよね」と私見を述べています。

ASIAN KUNG-FU GENERATION ゴッチ 後藤正文 ゲスの極み乙女。 川谷絵音 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 後藤正文さん(画像は後藤正文Instagramから)

 8月に茨城県「国営ひたち海浜公園」で開催予定だった「ロッキン2021」は、7月2日に茨城県医師会から「今後の感染拡大状況に応じて、開催の中止または延期を検討すること」「仮に開催する場合であっても、更なる入場制限措置等を講ずるとともに、観客の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すこと」との要請を受けたことで中止が決定。

 開催が目前に迫った段階での急展開に、「ONE OK ROCK」のTakaさんが「もうそろそろみんな怒るよ」、「RADWIMPS」の野田洋次郎さんが「『ふざけんな』という気持ちです」とコメントするなど、出演予定だったアーティストも含めて怒りを爆発させている中、川谷さんは「エンタメが死んでいかないように自分が出来ることは、ひたすら音楽を作っていくことしかないな」とコメント。

 この決意表明ツイートに多くの励ましが寄せられる一方で、「まずは投票呼びかけるべきかと」「どうか声もあげてください」と考えを異にする声も見られ、川谷さんが「“しか”という表現は間違いでしたね。。」「発言が不用意でした。すみません…」と謝罪に追い込まれる事態となっていました。

 政府のコロナ対応を一貫して疑問視し、「ロッキン2021」にも出演予定だった後藤さんは、2011年に発生した「東日本大震災」を巡って、“おじさん”たちから絡まれたことにまず言及。原子力発電反対の曲を歌っていた忌野清志郎さんと比較されて「なんで清志郎みたいにやらないんだ!」と言われたといい、「失礼ながら、お前がやれよ! って思ってしまいました」「僕は僕らしくやるので」と反発心をあらわに。

 過去に受けた苦々しい経験と重ねる形で、「絵音君に意義を唱えている人たちの問題意識はよくわかる」(原文ママ)としつつも、川谷さんが社会に何か物申した際に起こるであろうバックラッシュ(強い反動や反発のこと)にも想像力を働かせてほしいと主張。「聖人君子しかモノ言えぬ空気ってのにも、抗いたいよねって思う」と、結局一部の人しか自由に意見表明できない社会に反対し、その原因となる“過剰な社会制裁”に知らず知らずのうちに加担してしまう危険性を訴えていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評