細田佳央太や志田彩良など、話題の“注目俳優”4人が「人生で一番うれしかったこと」は?

「ドラゴン桜」やNetflix作品など話題作に出演する俳優たちに聞きました。

» 2021年07月10日 12時15分 公開
[のとほのかねとらぼ]

 映画やドラマ、舞台やアニメなどで活躍する俳優陣。話題作に出演したことで、認知度を高めていく若い世代の俳優も多くいます。

 最近では、多くの人気俳優を輩出した「ドラゴン桜」の続編は話題に。原健太役の細田佳央太さんは、ほぼ無名時代に映画「町田くんの世界」で主役の座を手にし、以降多くの作品に出演。小杉麻里役の志田彩良さんは、「ドラゴン桜」と平行して「ゆるキャン△」の斉藤恵那役にも注目が集まりました。

 また、子役としてデビューし、10年以上のキャリアを重ねる中で新たな一面が注目を集める俳優も。2005年にテレビドラマ「瑠璃の島」で子役デビューを果たした恒松祐里さんは、Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督 シーズン2」で新たなヒロインとして新境地に挑戦しており、カルピスのCMが懐かしい小林星蘭さんは、映画「若おかみは小学生!」で主人公の声優を務め、高い評価を集めました。

 話題作への出演を経て、注目株となったそれぞれの若手俳優4人にとって“人生で一番うれしかったこと”を聞いてみました。

細田佳央太 志田彩良 小林星蘭 恒松祐里

動画で見る

細田佳央太

細田佳央太 志田彩良 小林星蘭 恒松祐里 細田さん(撮影/木下昂一

――人生で一番うれしかったことは?

『ドラゴン桜』のオーディションに受かったこと

 2014年に公開された映画「もういちど 家族落語」で俳優デビューを果たし、2019年には「町田くんの世界」で1000人以上のオーディションから映画初主演の座を射止めた細田さん。2021年4月期放送のTBS系日曜劇場「ドラゴン桜」で演じた原健太は、坊主頭にし、体重を13キロ増量し挑みました。

 健太にフォーカスされた3話では、発達障害という難しい役どころを演じた細田さんの演技力に注目が集まったこともありました。

志田彩良

細田佳央太 志田彩良 小林星蘭 恒松祐里 志田さん(撮影/こた

――人生で一番うれしかったことは?

『ドラゴン桜』(の出演)が決まったとき

 

 同じく「ドラゴン桜」で、6キロの減量を行い小杉麻里役に挑んだ志田さん。2014年の短編映画「サルビア」で俳優デビューを果たすと、「チア☆ダン」「パンとバスと2度目のハツコイ」「mellow」「ゆるキャン△」など多くの作品に出演します。

 その中でも、特に「ドラゴン桜」への思い入れは強かったようで、オーディションは、「絶対決めたい!」と並々ならぬ熱意を持っていたとのこと。演じた小杉麻里は、落ちこぼれ高校の中でも成績優秀な生徒で、祖父の死後、父から暴力を振るわれるようになってしまった難しい役どころ。本人も、「自分とは真逆な性格で、家庭環境、友達関係が自分と全く違うので演じることがすごく難しい」「でも自分の引き出しを増やすチャンスでもあり、演じていて楽しかったです」と語っていました。

恒松祐里

細田佳央太 志田彩良 小林星蘭 恒松祐里 恒松さん(撮影/inori

――人生で一番うれしかったことは?

20歳の誕生日

 2005年にテレビドラマ「瑠璃の島」で子役デビューを果たした恒松さん。映画「くちびるに歌を」(2015年)や「虹色デイズ」(2018年)「アイネクライネナハトムジーク」(2019年)などで学生役を多く経験します。

 2019年に迎えた20歳の誕生日は、ディズニーランドやディナーを満喫。母親が用意してくれたという日本酒の大吟醸を味見するなど、成人になった喜びをかみしめたようです。

 以降は、ドラマ「泣くな研修医」(テレビ朝日)、連続テレビ小説「おかえりモネ」(NHK)などに出演。Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督 シーズン2」では、大人な表情をのぞかせており、新境地に挑んでいます。

小林星蘭

細田佳央太 志田彩良 小林星蘭 恒松祐里 小林さん(撮影/じゅげむ

――人生で一番うれしかったことは?

『若おかみは小学生!』という映画で、声優として主人公のおっこちゃんをやらせてもらったこと

 小林さんは、4歳のころカルピスのCMで芸能界デビューし、同世代の芦田愛菜さんや鈴木福さん、谷花音さんらとともに子役界をけん引。最近では、声優としての活躍も目覚ましく、2018年公開の映画「若おかみは小学生!」で演じた主人公のおっこ(関織子)で注目を集めます。

 周囲の反響も本人に届いていたようで、「見ていただいた方からの反響がすごく大きくて地上波で放送したときもあったんですけど、そのとき、本当にいろんな方から反響をいただいて、それがすごいうれしかった」と喜びを語っていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/25/news023.jpg 小1息子「からあげって書いてある」→視線の先には…… 爆笑の珍回答が540万再生「かわいいから正解にしちゃおう」「オチwww」
  2. /nl/articles/2406/25/news174.jpg かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  3. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  4. /nl/articles/2406/25/news021.jpg 0歳赤ちゃんと2歳兄、“世界一かわいい兄弟げんか”がはじまったワケは…… 必死な兄の姿に「笑っちゃった」「たまらんです」
  5. /nl/articles/2406/24/news128.jpg 現存するの……!? 実家で見つけたティッシュ → 書かれていた“まさかの文字”に驚がく レアすぎる品に「すごっ」「もう27年か」
  6. /nl/articles/2406/25/news047.jpg 「美しすぎる文章」 90歳の祖母から届く小説のような手紙に反響 「素敵なおばあさま」「こんな文が書きたい」
  7. /nl/articles/2406/25/news121.jpg 44歳・遠野なぎこ「エヘッ お手て繋いでテクテク」 友人と連日外食→距離感問うSNSコメントにピシャリ「即ブロックしますからね」
  8. /nl/articles/2406/24/news137.jpg 「そうはならんやろ」 洗濯機で洗ってしまった“まさかのお菓子” → 衝撃の光景に6万いいね 「やばすぎw」「驚きの白さ」
  9. /nl/articles/2406/25/news032.jpg 大切なランプを壊してしまった妻 片付ける夫に「どうしてイライラしないの?」と聞くと…… 25万いいねを集めた回答がすてき【海外】
  10. /nl/articles/2406/25/news030.jpg 学校に行かせてもらえない娘の“絶望的状況”に「まさにトラップ」「家で自習ですね」 行く手を遮る正体に同情の声続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  3. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  4. 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  5. 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  6. いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  8. 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  9. 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  10. 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」