ニュース
» 2021年08月22日 12時00分 公開

ところで西九州新幹線って「開業区間が中途半端」じゃないですか?月刊乗り鉄話題(2021年8月版) 「西九州新幹線」の素朴な疑問11選(3)(1/2 ページ)

開業区間が「ちょっと中途半端」な気がする……。フリーゲージトレインはどこ行った……?。2022年秋開業、西九州新幹線の「?」を解消する素朴な疑問まとめ、3回目です。

[杉山淳一,ねとらぼ]

 2022年秋に開業する「西九州新幹線」。楽しみですが、いろいろ「?」なこともあります。前回は西九州新幹線の最高速度、所要時間、料金の疑問を解説しました。最終回の今回は「在来線はどうなるのか」「開業区間が中途半端……な謎」の疑問を解説します。

西九州新幹線 2021年4月に列車名を決定、2021年7月に車両デザイン(ロゴやシンボルマーク)が決定し、2022年秋開業予定の「西九州新幹線」

【疑問 9】新幹線の周辺の鉄道はどうなるの?

 西九州新幹線が開業したら、周辺の鉄道路線はどうなるのでしょう。

 長崎本線の肥前山口〜諫早間はJR九州が引き続き運行します。博多からの特急列車は肥前山口〜肥前鹿島までとなり、上下14本程度まで減便されます。

 この特急列車の名前は何になるのでしょうね。かもめは新幹線に使われてしまいましたし、リレーかもめも博多〜武雄温泉を走り新幹線に接続する特急列車と紛らわしくなります。かつて長崎本線で使われた列車名から「ちくご」がふさわしいと思われます。

西九州新幹線 西九州新幹線の周辺路線略図 黄色が「リレーかもめ」のルート。水色の長崎本線が上下分離区間。肥前山口〜武雄温泉間は複線化される(地理院地図を加工)

 普通列車は2021年現在の「運行本数を維持」します。肥前浜〜諫早間は電化設備を撤去し、気動車あるいは蓄電池電車で運行することになりそうです。この運行形態を少なくとも西九州新幹線の開業から「3年間は維持する」約束です。

 ちなみに他の地域は、整備新幹線が開業すると同区間の在来線はJRから分離され、第三セクター会社が引き継いで運行しています。これは、赤字必至の在来線をJRにぶら下げたままでは、新幹線を走らせても赤字になりがちだからです。JRが新幹線を引き受けてくれません。

 しかし、西九州新幹線は在来線の経営分離に一部の自治体が反対したため、整備新幹線の着工条件を満たさなくなりました。そこで、線路設備のみJRから分離し、第三セクター会社が引き受けます。その上で、列車の運行をJR九州が担当する方法となりました。「上下分離方式」といいます。JR九州は最短でも23年間は在来線を運行する約束になっています(関連リンク)

【疑問 10】ところで西九州新幹線って「開業区間が中途半端」じゃないですか?

 西九州新幹線は長崎県寄りの路線長67キロの新幹線です。

 長崎や諫早から嬉野温泉や武雄温泉に行くときにとても便利です。長崎空港も長崎駅からバスで50分前後かかりますから、西九州新幹線で新大村駅へ行き、そこから連絡バスを使う方が早くなるかもしれません。

 でも本当は「福岡や熊本へ直通」できたほうがいいですね。武雄温泉〜長崎間だけ新幹線で、しかも乗り換えアリ。ほかの新幹線とも乗り換えられない。確かに中途半端です。

 これは歴史的にややこしい事情があります。もともと“長崎新幹線”はフル規格で建設するつもりでした。フル規格とは、東海道・山陽・九州新幹線などと同じ設備です。軌間(レールの間隔)1435ミリ、大型車体、交流電化などです。ところが、建設、運行するはずだった国鉄が経営破綻し、分割民営化されてJRグループができました。

 民間企業となったJRに高額な新幹線建設を任せると、また国鉄のような赤字体質になってしまうかもしれません。その一方で、新幹線会議用予定地の自治体は「我が街に早く新幹線を」と早期建設を求めます。

 そこで政府は、もっと安価で、早く建設できる新幹線を考えました。既存の在来線を新幹線規格に改造する「ミニ新幹線」と、基本的に在来線規格の線路を使い、一部区間だけ新幹線のように高速で走行できる線路を作る「スーパー特急」方式です。

 ミニ新幹線は秋田新幹線や山形新幹線の形で実現しました。その他の整備新幹線計画も「ミニ新幹線」または「スーパー特急方式」にいったん決まりました。

西九州新幹線 (参考)ミニ新幹線である「秋田新幹線」

 長崎新幹線はスーパー特急方式でした。一部区間だけ新幹線のように高速で走行できる線路、それが今回開通する武雄温泉〜長崎間です。このまま建設していれば「かもめ」は乗り換えなしで高速化できました。

 ところが、1998年に長野オリンピックの開催が決まると、ミニ新幹線方式の予定だった北陸新幹線の軽井沢〜長野間はフル規格に変更されました。これ以降、各地で計画されていた新幹線についても「やっぱりフル規格がいい」となりました。九州新幹線(鹿児島ルート)も当初はスーパー特急方式で、新八代〜鹿児島中央間だけが高規格新線の予定でした。しかし、全区間をフル規格に変更して開業しています。

 “長崎新幹線”は長崎県側が「フル規格にしたい」と願いました。しかし、佐賀県は反対しました。理由は費用負担とメリットのバランスです。

 国鉄時代の新幹線は国が作り、国鉄が運行しました。しかし、JR化後の新幹線建設条件は「建設する距離に応じて自治体も建設費の一部を負担する」「並行在来線はJRから分離する」でした。多くの自治体が新条件を了承する中で佐賀県は応じませんでした。「スーパー特急で十分」だったわけです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」