Special
» 2021年08月31日 13時00分 公開

決断力のありすぎる新キャラ「UQUEEN」誕生! UQ mobileのユニークな新CMの謎を担当者に聞いてみた

「これからのスマホはすべてこの私が決める!」「反対意見のある人は足の指を挙げてくださーい」。

[PR/ねとらぼ]
PR

 ユニークなCMに定評のあるUQ mobileが8月31日に新CMシリーズ「UQUEEN」を発表しました。主役のUQUEENは、その名の通り「かなり女王様気質の女王様」とのことですが……このキャラクターめっちゃクセ強いぞ!

UQUEEN「登場」篇 60秒

 第一弾となる「登場」篇の舞台は“UQ殿”なる宮殿。きらびやかな装飾品とデコりすぎなスマホカバーで着飾ったUQUEENは、その日も執事や侍女たちを突然招集したようで……執事は「だいたい突拍子もないことを言い出すパターンだ」と不安げです。

UQUEEN かなり女王様気質なUQUEEN

UQUEEN 突然の招集に不安そうな執事

 執事に口でドラムロールを言わせる女王様ぶりを発揮しつつ、UQUEENは「これからのスマホはすべてこの私が決める!」と力強く宣言。「反対意見のある人は足の指を挙げてくださーい」と無茶を言うと、周囲が戸惑っている間にさっさと「はいっ、決定でーす」と部屋を出て行ってしまいました。強引すぎるよ!

UQUEEN UQUEENの言うことは絶対!

 しかしその高い決断力や明快さは民衆からの支持も集めているようで、執事も「世の中変えるのは、案外こういう人かもな……」と尊敬の眼差しを向けています。確かに、隠しきれないカリスマ性がある……。

UQUEEN 執事「世の中変えるのは、案外こういう人かもな……」

 個性あふれる新キャラ「UQUEEN」は一体どのように生まれたのか。KDDI株式会社 宣伝部 メディア・クリエイティブ企画室 室長・合澤智子さんにお話を聞きました。

シンプルで切れ味のいいキャラ「UQUEEN」が生まれた理由

UQUEEN 合澤智子さん

―― UQUEENはかなりインパクトのあるキャラクターだと思いました。どうしてこういったキャラになったんでしょう?

合澤さん:UQ mobileが2021年3月から掲げているブランドスローガンに「シンプルを、みんなに。」というものがあります。それを体現するような、シンプルにスパッと伝えられるキャラクターを考えていたら、UQUEENというキャラ案が出てきました。

―― 切れ味よすぎるくらいめちゃくちゃスパッと言ってますよね(笑)。

合澤さん:なかなか日本人ってはっきり物事を言えないところがあると思うんですけど、あそこまでスパッと言ってくれると気持ちがいいですよね(笑)。またUQUEENの言葉には重みがあって、芯の強さがある一方で、かわいげや愛嬌もあるんです。そういうみんなに愛されて憧れられるキャラクターになってほしいという思いを込めました。

―― ディテールが凝っているところも面白いですね。UQUEENのスマホカバーがめちゃくちゃデコられているところとか。

合澤さん:そうですね。シンプルといってもビューティー感とか華麗さは持ち合わせているキャラクターなので、スマホカバーも女王様らしいこだわったものを使っているんです。王冠も実は青とピンクのUQのカラーになっているので、そんなところも見てほしいですね。

UQUEEN 王冠もUQカラー

―― UQ mobileのCMはユーモアがあるところが特長かなと思います。今回も執事が口でドラムロールをやるところでくすっとしました。

合澤さん:映像としての面白さを作ることは意識しています。CMとして伝えたいメッセージは一言でスパッと伝えつつ、強いメッセージを言われても聞いている人の心にスッと入ってくる仕草の面白さや愛嬌は残したいなと。そうしたユーモアはこれからもどんどん出てくるので楽しみにしてほしいです。

―― このタイミングで新CMシリーズが始まったということには何か理由があったんですか?

UQUEEN

合澤さん:UQ mobileは現在MNO(※自社で回線網を持つ事業者)としてKDDIのメインブランドのひとつになっていますが、2020年9月まではMVNO(※MNOから回線網を借りてサービスを提供する事業者)だったので、今も「格安スマホ」のイメージを持っている方が少なくないと思います。

 ただ最近は、一口に格安スマホと言ってもその中身は大きく変わってきています。お客様が求めているところもそれまでは「格安スマホ=安い」というざっくりしたものだったのが、「通信品質」「つながりやすさ」「安心感」など具体的なものに変わってきました。

―― 確かに最近は価格だけでなく質の面により注目が集まっている気がします。

合澤さん:UQ mobileが立ち上がった当初は「UQ mobile」という存在をしっかり覚えてもらう、ということが大事だったんですが、今後は「UQ mobileの魅力的なサービスや価値はこれ!」という点をシンプルにしっかりと伝えたいとなってきました。KDDIでは「au」「UQ mobile」「povo」の3つのブランドをご用意しているので、利用の目的に合わせて選んでいただきたいです。

 安心のデータ使い放題や豊富なサービスを利用したい方には「au」、シンプルでわかりやすいお手頃価格とサポートの充実を求めている方には「UQ mobile」、トッピング形式で利用スタイルに合わせたカスタマイズを楽しみたい方にはオンライン専用の「povo」をおすすめしています。いずれも人口カバー率99.9%の4G LTEと5Gサービスに対応しています。

―― UQUEENの「これからのスマホはすべて私が決める」というセリフは、UQ mobileとしてのまさにそうした宣言なんですね。

合澤さん:そうですね。公式サイトに「UQUEEN10カ条」というものを載せているんですが、UQUEENらしい考え方がよく表れていて面白いですよ。「いいものが好き。安くていいものはもっと好き。」「家族に愛を、ひとりにも愛を、紅茶にはミルクを。」「青春万歳。若者には、夢とえこひいきを。」とか。

UQUEEN UQUEEN10カ条

―― 女王様といえば贅沢なものが好きというイメージがありますが、UQUEENは民衆の気持ちをしっかりと理解できるタイプなんですね(笑)。

合澤さん:ただわがままや欲張りを言っているだけじゃなくて「国民の声を聞いていないようで聞いている。」とか、時に誰もが納得できる真っ当な名言も放つんです。

―― そのあたりが民衆に信頼されている理由なんですね。だから執事も口でドラムロールをやらされても嫌な顔をしないと。

UQUEEN

合澤さん:執事がいい味を出してますよね(笑)。あの女王の下でやっていける執事が実は一番鋼のメンタルの持ち主なんじゃないか、とか。

―― 口でドラムロールをやる練習を裏でしてるんだろうなとか思うとかわいいですね(笑)。今後のUQUEENのCMではどんな展開があるんでしょうか?

合澤さん:これからのUQUEENのいさぎよい名言に注目してほしいなと。大胆な言動の裏にある、ウィットに富んだ一面などにも注目してほしいです。

―― 楽しいCMでありつつUQ mobileの挑戦的な発表などもUQUEENを通して発表されるわけですね。

合澤さん:そうですね。UQ mobileの魅力的なサービスや価値自体をシンプルに伝えて、芯の強さがありながらも共感もしていただけるUQUEENというキャラクターにご注目いただければと思います。

家族全員スマホ料金が税別900円/月〜(税込990円/月〜)になる「自宅セット割」

 そんなUQ mobileから、でんきまたは対象のインターネットサービス(ネット+電話)とセットでくりこしプラン+5G加入の場合、家族全員(※1)のスマホ料金が1人あたり税別900円/月〜(税込990円/月〜)(※2)になる「自宅セット割」が9月2日から提供されます。早速UQUEENが思い切った決断を!

※1:ご契約回線数には上限があります
※2:「くりこしプランS+5G」で「自宅セット割」適用の場合。通話料(税込22円/30秒)など別途かかります

 でんきコースは「auでんき」または「UQでんき」の加入者、インターネットコース(2021年11月以降受付開始予定)は、auひかりをはじめとした、対象のインターネットサービス(ネット+電話)加入者が対象。条件など詳細はUQ mobile公式サイトにて。

 今後もまだまだリスクを冒したような画期的な発表をしてくれそうなUQUEENの一挙手一投足にご注目ください!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声

提供:KDDI株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2021年9月6日