ニュース
» 2021年08月31日 12時35分 公開

「namimonogatari」出演アーティストが“家族への脅迫”を告白 妻や子どもへの「死ねや、殺すぞに関してはとても残念」(1/2 ページ)

MC TYSONさん「一緒に歌ってくれた皆を心の底から愛してるよ」

[深戸進路,ねとらぼ]

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防対策が徹底されないまま開催された大規模野外フェス「namimonogatari」。同フェスに出演したラッパーのMC TYSONさんが8月30日、自身の家族に対して「死ね」「殺すぞ」といった脅迫文がSNSのダイレクトメッセージ(DM)で寄せられていることを明かしました。

namimonogatari ラッパー 出演者 MC TYSON コロナ 感染 誹謗中傷 フェス 家族への脅迫を訴えたMC TYSONさん(画像はMC TYSON Instagramから)

 緊急事態宣言下での上限人数を超える観客が詰めかけ、密状態でマスクをせずに大声をあげる様子を映した動画が拡散するなど、コロナ禍における倫理観や感染予防の観点で大きな問題になっている「namimonogatari」。30日には、開催地である愛知県常滑市の伊藤たつや市長が主催者に対して抗議文を送付しており、同日内には主催者が公式サイトを通して謝罪文を発表しています(関連記事)。

 世間の厳しい批判の矛先は主催者だけでなく、同フェスに参加した多数のアーティストにも向けられており、出演者の1人であるTYSONさんはSNSで「日本中の皆が自分のことを叩くのはかまいませんし、批判されている事をしてしまっている自分に非があるので全てを受け止めます」とコメント。TYSONさんは29日にパフォーマンス中の動画をSNSで公開しており、「まじで人間性疑うわ」「音楽を愛しているなら取るべき行動違うはずですよね」など実際に多くの批判コメントが寄せられていました。

 中には批判の域を越えたものがあったようで、TYSONさんは「DM等で自分の妻や、息子達に対して死ねや、殺すぞ等、の心ない言葉に関してはとても残念に思います」と家族に対する脅迫や殺害をほのめかす言葉が散見されることを告白。最後には、「昨日会場に駆けつけてくれた皆へ。暑い中、朝から並んでLIVEを観に来てくれて本当にありがとう。一緒に歌ってくれた皆を心の底から愛してるよ。またいつかどこかで皆に逢える日を楽しみに俺は諦めず頑張るからね。本当にありがとう」とつづっています。

namimonogatari ラッパー 出演者 MC TYSON コロナ 感染 誹謗中傷 フェス パフォーマンス中の様子。観客に声を出すように煽るTYSONさん(画像はMC TYSON Instagramから)

 出演アーティストの対応はさまざまで、ヒップホップMCのZeebraさんは「そもそも出演すべきでは無かったという意見もごもっともだと思います」「国民の皆さんに多大なご心配とご迷惑をお掛けした事、ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じてます。誠に申し訳ありませんでした」と30日に謝罪(関連記事)。

 ヒップホップアーティストのAK-69さんも、「愛知県民の皆様をはじめ、国民の皆様に多大なご迷惑をおかけし申し訳ございません」「HIP HOPシーンを牽引していく立場の人間として、自らは出演辞退、イベントの開催中止を主催者側へ提案すべきでした」と同じく謝罪しています。

 また、「namimonogatari」の主催者だという誤情報がSNSで拡散されたヒップホップユニット「BAD HOP」は、9月1日〜2日に横浜アリーナ(神奈川県横浜市)で予定されていたヒップホップフェス「BAD HOP THE REVENGE TOUR FINAL IN YOKOHAMA ARENA 2DAYS」を延期とすることを発表(関連記事)。

 ラッパーのLEXさんは、「今回の件は本当に悪かった。少し距離を置かせて欲しい」と新アルバムのリリースを取りやめることを明かした他、フィメールラッパーのElle Teresaさんは「これからはもっとみんなの安全、みんなを守れるようにがんばります。でも混乱してる、失敗することもあるよ。みんなそんな責めないで」とSNSで思いをつづっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声