ニュース
» 2021年10月12日 20時00分 公開

「マリトッツォは売り切れ」とうそをつき続け…… 流行に乗り遅れまいとしたパン屋の漫画がとんでもないオチ(1/2 ページ)

そういう結末に行き着くのか……。

[コンタケ,ねとらぼ]

 流行に乗り遅れまいと客にうそをつき続けたパン屋の漫画「究極のマリトッツォ」が、とんでもない展開と予想外過ぎる結末で人気となっています。途中から信じられない勢いでおかしな方向に進んでいく……!

究極のマリトッツォ 漫画 twitter おいしいマリトッツォを廻るパン屋の平和なお話……かと思いきや?
究極のマリトッツォ 漫画 twitter ちょっとしたうそをつく浜崎

 ある日客からマリトッツォを置いているか尋ねられた、パン屋の店主「浜崎」。作ったこともありませんでしたが、「はやっているパンがないイケてないパン屋」とうわさが広がらないよう「売り切れている」とうそをついてしまいました。

究極のマリトッツォ 漫画 twitter ちょっとしたうそが徐々に大事に……

 その後も売り切れで通し続けた結果、「いつも売り切れている超人気商品」といううわさが広がってしまった浜崎のマリトッツォ。ついには「SNSで究極のマリトッツォがあると聞いてきた」という若い女性客「松井」が来てしまいました。そんなものないと困惑しながらもいつも通り売り切れと言ってやり過ごすそうとすると、「今開店したばかり」と矛盾を指摘されてしまいます。

究極のマリトッツォ 漫画 twitter うをそ重ねる

 焦りながらも。「注文が多すぎて1カ月先まで予約しないと買えない」とさらにうそをついてしまう浜崎。それならと松井は予約して帰ってしまい、浜崎はタイムリミットの1カ月マリトッツォの研究を重ねます。しかし、究極といえるものにはたどり着けず、悩んだ末浜崎は体に包帯を巻いて「車にひかれた衝撃で作り方を全て忘れた」とうそを重ねることに。とてつもないほどショックを受ける松井ですが、この店のパンが好きなので今後もちょくちょく寄らせてもらうと帰っていきました。

究極のマリトッツォ 漫画 twitter うそだった事故が現実に

 しかしそれからパン屋に来ては、事故の詳細を聞いてくるようになった松井。そんなことが続いたある日、浜崎はうそが現実になったかのように車にひかれてしまいます。入院中、なぜか病院も知らせていなのに見舞いに現れた松井が「記憶を失ったときと同じような事故にあった衝撃で究極のマリトッツォの作り方を思い出せたか」と尋ねて来ました。事故の詳細を知る松井を一瞬疑う浜崎ですが、さすがに考えすぎかと考えを改めます。

究極のマリトッツォ 漫画 twitter 松井の凶行

 退院後、久々にパン屋で開店の準備を進める浜崎。しかしそこで、背後から現れた松井にスタンガンを押し当てられ倒れてしまいました。縛り上げられ、これから浜崎の頭に電気を流し究極のマリトッツォの記憶を復活させるという松井。

究極のマリトッツォ 漫画 twitter 松井も後戻りできない様子

 マリトッツォなんかのためになぜここまでやるのかと声を張り上げる浜崎ですが、実はネット上で「究極のマリトッツォ実在する・しない論争」が起こっていました。松井が究極のマリトッツォを予約したと投稿したところ「存在しない派」から煽られ、カッとなり「食べたことがある」とうその投稿をしてしまったのです。そこから話はさらに大きくなり、松井はいつしか「存在する派」のリーダーのような存在となってしまいました。浜崎のうそがもとで、ネット上で戦争が起きていたのです。

 こうして後戻りできなくなった松井により、頭に電気ショックを流される浜崎。あんなうそつかなければよかったと、死を覚悟するのですが……ここからさらに急展開を迎えるラストはぜひ漫画を読んで確認してみてください。

 この漫画を公開したのは、ナラボンさん(@naradesukedo)。「究極のマリトッツォ」は、「ジャンプルーキー!」投稿作品となります。

作品提供:ナラボンさん(@naradesukedo

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる