ニュース
» 2021年12月09日 21時30分 公開

「アーケイン面白かったから原作も遊んでみたいな!」と思った人へ、LoLの楽しい部分を伝えて背中を推したい記事を書きました(1/3 ページ)

「治安が悪いゲーム」という評判も否定はしませんが……。

[のす,ねとらぼ]

 「Arcane(アーケイン)」、見た!?

 ゲーム「League of Legends(通称LoL)」を原作とするこのアニメは世界中で大ヒット。Netflixで46日間トップを走り続けた「イカゲーム」を超えて堂々の1位となりました。

Arcane(アーケイン): オフィシャルトレーラー日本語吹替版
LoL アーケイン
LoL アーケイン
LoL アーケイン

オフィシャルトレーラーより


 なめらかな戦闘アニメに加え、エフェクトもド派手でかっこいい。分かりやすい友情や愛情の裏で思惑がうごめく先の読めない展開が魅力で、何より原作を知らないといけないシーンがないので、LoL未プレイでも楽しめる。貧困や才能といった重いテーマを扱っているので少し大人向けな作風ではあるものの、膨大な金と時間をかけて作られていることが感じられる作品で、見終わったあとの充足感は2021年トップでした。

 原作未プレイの人がそんなアーケインを見たら思ってしまうはずです。「こんなに面白いアニメなんだから原作もやってみたい!」と。でも原作のLoLは、月間アクティブプレイヤーが1億人を超える世界的人気ゲームとはいえ、悪逆非道のプレイヤーがひしめく煽りと暴言の無法地帯……“最悪の民度”と語られるそんなゲームはちょっと……と思う人もいるはず。

 筆者もLoLプレイヤーの一人ですが、こういった風評を多少言いすぎとは思うものの否定はしません。ですがSNS上では、LoLをやったことがない人にまで「治安が悪いゲーム」として暴言や煽り行為のスクリーンショットが拡散されていたりして、悪い部分だけが独り歩きしすぎているような気もします。「アーケイン面白かったから原作も遊んでみたいな!」と思ってくれた人の背中を押せるよう、LoLの楽しい部分を伝えたい。これはそんな記事です。

ライター:のす

のす プロフィール

ゲーム大好きプログラマー。好きなゲームは「OneShot」と「魔女と百騎兵」。現在は暁月のフィナーレを泣きながらプレイ中。写真は自宅の動くモップ。

Twitter:@nosunosu



治安は悪いけど、それ以上に魅力あるゲーム

 LoLはアクションRPGと格闘ゲームを半分ずつ合わせ持ったようなゲームです。

 プレイヤーは全員レベル1からスタートし、各自レベルを上げて装備を整えて、先に相手の拠点を破壊した方が勝ちとなります。

 プレイヤー同士の戦いでは腕前の差よりも、レベル差や装備差が重要となり、これはRPGでいかに効率的な命令を行ってもレベル差がある敵には勝てないという要素と似ています。「相手よりも自分が強いときは戦闘し、弱いときは戦わずレベル上げに専念する」という瞬間的な判断力が重要になるのです。

 5対5のゲームなので人数をそろえて戦った方が強力ですが、経験値やお金になる中立モンスターは広いマップに点在しているので、散会した方がレベリングの効率は良いというのが難しいところ。基本はバラバラに動いてキャラクターを育て、相手に勝てると判断したタイミングで集合して相手を倒す、というのが理想的な動きになります。

LoL アーケイン 序盤は散会してレベル上げ
LoL アーケイン 終盤ではチームファイト

 治安が良くない理由は複数ありますが、大きな理由として「味方のミスで敵が強くなってしまう」というのがあります。

 前述したレベリング効率の関係で序盤は1対1の戦いが多く、そこでデスを重ねてしまうと必然的に対面する敵がどんどん強くなり、最終的にはムキムキに育った敵キャラクターが味方全員を破壊するということが多々あります。そうなると怒りの矛先は対面を育ててしまったプレイヤーに向かいます。FPSや格闘ゲームではラウンドごとに状況がある程度リセットされるためメンタルリセットしやすいですが、LoLは15分〜40分以上この状況が続くため、戦犯とヒーローがはっきりしやすく、「どうしてくれるんだ」とやらかしてしまったプレイヤーが矢面に立たされるのです。

 スプラトゥーンなど、日本企業のチームゲームだと責任の所在がかなり曖昧になっていて、ストレス緩和について作りこまれていると感じる一方、LoLはかなりハードともいえる仕様です。しかし、実はこの仕様こそがLoLの大きな魅力でもあるのです。

 逆に自分が対面を制し、何度もキルを重ねてこの無敵のムキムキゴリラ状態になったとき、最高に楽しいLoLが始まります。相手のスキルを全部受けても減らない体力、ちょっとなでただけでデスしていく敵チーム。このチート状態で敵をなぎ倒して行く快感は他のゲームでは例えられない気持ちよさがあり、しかもこの状態が試合終了時まで続きます。

 「責任の所在がはっきりしている」「一度得た有利が試合終了時まで維持される」という点が他の多人数対戦ゲームとは一線を画す点であり、決定的に好みが別れる点ともいえるでしょう。

 もちろん圧倒的な勝利だけでなく、拮抗した試合も多くあります。ワンミスで試合が終わる緊張感の中、5人の息があった連携で勝利をもぎ取る。この達成感はかけがえのないものがあります。5人の野良プレイヤーで足並みをそろえるのは難しいですが、だからこそ完璧な連携ができた時の盛り上がり方はLoLならではのものがあります。

LoL アーケイン 勝てたときは本当にうれしい

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」