ニュース
» 2022年01月16日 12時30分 公開

マーベル作品だけど実は親しみやすい「学園もの」 “男らしさ”を超えるヒーロー映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」を漫画でレビュー(2/3 ページ)

[直江あき,ねとらぼ]

MCUに詳しくなくても楽しめるストーリー

スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー
スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー

 今までスパイダーマンしかMCU作品を見てこなかった作者ですが、3部作の最終作品は100%堪能したい……! ということで、MCUの過去作をできる限り観て映画館に足を運びました。

 その上で分かった結果ですが……『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、MCUの過去作を観なくても楽しめる作品となっていました!

スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー
スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー
スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー
スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー

 本作はスパイダーマンの正体がピーター・パーカーだと世界中に明らかになることから始まります。正体がバレたことにより、平穏だった彼の高校生活はめちゃくちゃに。さらに自分だけでなく、恋人のMJと親友のネッドも、スパイダーマンの友人ということで大学から入学を断られてしまいます。

 困り果てた彼は、魔術師ドクター・ストレンジに、自分がスパイダーマンだということをみんなの記憶から消すように頼みに行きます。しかし魔術は失敗し、スパイダーマンはMJとネッドに助けを求めるのですが……。

 ここで注目すべきは、スパイダーマンが自らの失敗で困難に陥った状況で、周囲に助けを求めていることです。しかもヒロインであるMJにも。ヒーローであるスパイダーマンがヒロインを助けるという構図ではなく、ヒーローであるスパイダーマンがMJに「助けて」と素直に頼む描写は新しく感じました。

ピーターは「男らしさ」から男性を解放するヒーロー

スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー
スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー
スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー

 また、本作では悪役をただ倒して終わるのではなく、ピーターがある試みを考案します。こちらも、伝統的価値観に縛られないフラットな主人公ならではの考えだと感じました。

 理数系の高校に通うピーターは、「男らしい」と言われる体育会系ではなく、理数オタクのいわゆる「ギーク」。スパーダーマンとして「与えられた強い力」で男らしく相手を倒すのではなく、「魔術よりも強いのは数学」と、勉強好きな自分に誇りを持ち、自らが学んできた数学によって人を救おうとするところも画期的です。

 「男らしさ」については、本作でドクター・ストレンジ役を演じるベネディクト・カンバーバッチが近年話題になっている「有害な男らしさ」について「男性たちの振る舞いを正していく必要がある」と語っています。この「有害な男らしさ」という言葉があるように、社会はときに男性に対し「感情的にならない」「たくましい」「力がある」といった伝統的な男らしさを強要し、その規範にそぐわない男性を排斥します。この「有害な男らしさ」は、男性自身を苦しめるだけでなく、女性蔑視や性暴力にも繋がっています。

 そんな中、ヒロインであるMJを頼りにし、悪役にも寄り添おうとするピーターには「有害な男らしさ」から解放するパワーを感じられました。

予習すべきはMCUじゃなかった……?

スパイダーマン スパイディ 映画 感想 マーベル レビュー

 さて、MCUを予習して臨んだ筆者ですが、予習すべきは実は他の作品でした。が、予習すべき作品を書くとそれ自体がネタバレになってしまうというジレンマが……。予習しなくても十分楽しめますが、隣の席で号泣しているスパイダーマンファンであろうお姉さんを見て、少し羨ましく思ったのでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/07/news105.jpg 「金爆」樽美酒研二、すっぴんの妖艶和装にファン悲鳴 「気絶しそうです」「めまいと動悸してきました」
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/07/news027.jpg 猫ちゃんをお風呂に入れると……「リアクションが薄すぎてほんとに猫か疑うレベル」 お利口すぎるお風呂風景に驚きの声
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/06/news019.jpg 大好きなお兄ちゃんの“彼女”と初対面した柴犬、ライバル出現かとおもいきや…… 和やかな雰囲気に「人懐っこくてかわいい」
  6. /nl/articles/2207/07/news132.jpg 萬田久子、トイプードルの愛犬・カキが10歳で天国へ ファンから別れの言葉寄せられる「いつもかわいい姿に癒されてました」
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  9. /nl/articles/2207/07/news017.jpg おばあちゃんの畑仕事に寄り添うワンコ、落とした葉っぱを持ってきて…… 孫のようなお手伝い風景がほのぼの
  10. /nl/articles/2207/08/news032.jpg 首を切られた時に面白いくらい血が噴き出した少年を祭る神社!? 鹿児島にある「面白殿」の歴史が深かった

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」