30%がメタバースでの“お砂糖”経験あり―― 既に身近になりつつある「メタバース恋愛」の驚くべき実態とは【バーチャル美少女ねむ寄稿】(3/4 ページ)

» 2022年03月18日 21時00分 公開
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

メタバースでの「お砂糖」とは?

 これまでメタバース内での恋愛について見てきましたが、実際に恋が成就して恋愛パートナー、つまり物理現実でいうところの「恋人」が出来た人はいるのでしょうか?

 実は、VRChatなどのソーシャルVRの一部では恋人を作ることは既に文化の一つとして定着しつつあり、恋愛パートナーの事を日本のソーシャルVRでは俗に「お砂糖」と呼んでいます。なぜ「お砂糖」と呼ばれるようになったかには諸説あるのですが、砂糖のように「甘い関係」というところから来ているようです。あえて物理現実における男女関係に使われることの多い「恋人」という表現を避けているのは、先述したようにメタバースにおける恋愛は物理性別に必ずしもとらわれないものになりつつあること、また、後述しますがメタバースにおける関係性が物理現実における人間関係とは一線を画したものになっている場合が多いことなどが考えられます。

 なお、恋人関係に至ったことをソーシャルVR内の友人に報告することを「お砂糖報告」といい、逆に恋人関係を解消することを「お塩」といいます。

メタバース進化論 メタバース恋愛 お砂糖報告の例

 こうしたソーシャルVRにおける「お砂糖」の実態を調査するため、私はさまざまなパターンのお砂糖カップルにこれまで取材を行っており、了承が得られた場合には私の配信にカップルまたは片方に出演してもらい、公開インタビューに答えてもらっています(基本的に「お砂糖」はひっそりと行われているものなので、出演してもらえるケースは多くはないです)。

 カップルの組み合わせとしては、これまで説明してきたとおり、「物理男性+女性アバター」のユーザーが数としては多いため、そのタイプのユーザー同士のカップル(物理的には男性同士・見た目上は女性同士のカップル)が比較的多いです。しかし、物理男女のカップルも普通にいますし、変わったところでは「物理男性+女性アバター」と「物理女性+男性アバター」の性別逆転型のお砂糖カップルもいると聞いたことがあります。

 恋愛関係ですので、必ずしもいい話ばかりではなく、残念ながら「お塩」になって気まずい関係になってしまうこともありますし、「物理男性+女性アバター」のユーザー3名による三角関係や、痴情のもつれなども当たり前のように起こっています。

 また、前章で触れたとおりアバターや声からは物理的な性別は判断できない場合も多いです。物理的な性別は秘密にしている方も多いため、気になるからと言って軽々しく聞くのはマナー違反ですので注意しましょう(私は取材のために口外しない約束でこっそり教えてもらっています)。

 

「お砂糖」できたのは30%

 さて、ソーシャルVRの住人のうち、いったいどれくらいが実際にパートナー関係を経験しているのでしょうか?

 「ソーシャルVRで出会った相手と恋愛パートナー(いわゆる「お砂糖」関係)になったことはありますか?」と聞いたところ、VRChatの場合、実に31%の方がYESと答えていました。「恋に落ちた」は40%でしたので、そのうちの約8割が実際にパートナー関係に至っているということになります。

 実際に「パートナーができた」と「恋に落ちた」の相関関係を分析したところ、当然ですが、かなりはっきりと「相関有り」と認められました(相関係数 r=0.68)。

メタバース進化論 メタバース恋愛 ソーシャルVRでの恋人(VRChat)- ソーシャルVR国勢調査

 「パートナー経験率」を条件別でみたところ、サービス別ではやはりVRChatの31%がトップで、一番低いclusterでは7%となっていました。理由は「恋に落ちた」と基本的に同じだと考えられます。

 物理男女別では、物理男性が29%に対して物理女性は37%と8%も多くなっており、「恋に落ちた」よりも差が倍に開いています。理由としては、現在のソーシャルVRでは物理女性の比率が極端に低いため「VR恋愛でも物理性別が重要だ」とする残り25%からモテていることが考えられます。ただし「VR恋愛には物理性別は重要でない」75%の中には「中の人が物理女性だとむしろめんどくさい」と嫌厭する人も一定数おり、なかなか一筋縄ではいきません。このため、中の人が物理女性であることをソーシャルVR内で隠している方もいらっしゃいます。

 地域別では「恋に落ちた」ではトップだったヨーロッパの41%を抜いて、北米が43%でトップに躍り出ました。日本は29%と大きく下がりました。アメリカ人には、比較的カジュアルにカップルになったり別れたりする人もおり、国民性の違いが出ている可能性があります。そういう意味では、日本人はメタバースにおいても、比較的恋人を作る積極性には欠けると言えそうです。

 「パートナー経験率」と累計プレイ時間の相関関係を分析したところ、時間が長くなるほどに恋をした人の割合がどんどん増えていき、1000時間で48%と約半数に達し、5,000時間だと72%に達しました。「恋に落ちた」以上にはっきりと時間との間に「相関あり」と認められました(相関係数 r=0.46)。

メタバース進化論 メタバース恋愛 ソーシャルVRでの恋人とプレイ時間 - ソーシャルVR国勢調査

 つまり、メタバースで過ごす時間に応じて、パートナー経験者が増えていくということです。これまで説明した通りメタバースにおける「パートナー関係」は物理現実の「恋人関係」とは異なる性質が多いものの、やはりメタバースを「人類が人生を過ごす新たな仮想空間」と捉えると、そこで過ごすうちにいつか「特別な関係」が生まれるのは、人間として当然のことであると言えるのかもしれません。

 また、「VRでの恋愛パートナーは現在何人いますか?」を聞いたところ、基本的に条件に関わらず90%以上が「一人」と答えており、多くの場合メタバースにおける「パートナー関係」は一対一の関係であることがわかりました。唯一の例外が北米で、「一人」は83%まで下がり、残り17%が「二人」パートナーがいると答えていました。ここにも国民性の違いによるパートナー関係への考え方の違いが反映されているかもしれません。

メタバース進化論 メタバース恋愛 VR恋人の数(条件別)- ソーシャルVR国勢調査

 この質問をした私の意図としては、メタバースにおけるパートナー関係は物理現実の常識にとらわれない関係なので、もしかすると複数のカップルの掛け持ちが当然になっているのではないか、という仮説がありました。しかし、結果としてはカップルはメタバースでも結構「一途」だということがわかりました。ただし、物理現実でもいると思いますが「特定の相手に縛られたくないために、複数の相手と深い付き合いはするが、あえて公式な恋人関係は結ばない」という方は当然メタバースでもみかけますし、そういう人はこの数字には反映されていません。

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評