「夢を壊すための裁判ではなく、守るための裁判」「今でもディズニーを愛している」 東京ディズニーランド出演者訴訟、判決受け原告が会見(2/3 ページ)

» 2022年03月29日 19時20分 公開
[Kikkaねとらぼ]

緊張の判決、まさかの「判決が聞こえず勝ったか負けたかわからない」

 50人以上の傍聴人が詰めかけ、傍聴は抽選となるなど高い注目度がうかがえた今回の判決。傍聴券を手に入れた人々を取材したところ、「判決は一瞬だった」「裁判長の声が小さくて何も聞こえなかった」「3年8カ月かかった裁判の判決だと意気込んでいたが、裁判長が入ってきたと思ったらすぐ出て行ってしまった。何も聞こえず勝ったか負けたかわからない」などの意見が続々。同裁判を支援してきた、「なのはなユニオン」の関係者らも首をかしげるなど現場が混乱しました。

東京ディズニーランド TDL オリエンタルランド 千葉地裁

 その後、関係者同士で情報を共有し合い、原告勝訴であることが分かると、裁判所のロビーでは小さく拍手が起きたり、涙を流す関係者の姿が見られました。

 特に原告のBさんは「法廷で私の主張が認められたんだとわかったけれども、全身の力が抜けてしまって何も考えられない」と体を震わせ、支援者らが「よかったね」「よく頑張った」とねぎらいの言葉をかけていました。

 弁護団が判決文を受け取った後、場所を移して行われた記者会見でBさんは「おかしいことはおかしいと声をあげました。それが認められてうれしい気持ちになりました」とコメント。

 今回提訴したパワハラはあくまでも一部であるとしたうえで、「もっとひどい内容もたくさんありましたが、子どものころからずっと憧れていたものをかなえることができて、続けるためには我慢するしかありませんでした」と心境を吐露し、今回の裁判は「仕事を続けるための裁判だと思っています」と力強く話しました。

東京ディズニーランド TDL オリエンタルランド 会見に集まった報道陣に感謝を述べるBさんとなのはなユニオン鴨桃代委員長

 また裁判の中でオリエンタルランド社が「(Bさんが)うつ病なのに笑顔で写真に写っていた。(オリエンタルランド社関連の施設で)外食できている」などの主張を繰り返したことについても言及。

 「私はうつ病を発症してからも1日も休まずに出勤してきました。同じ病気を抱えるゲストの方から『つらいけれども頑張ってディズニーランドに来てよかった。ありがとう』と何度も笑顔で声をかけられ、うつ病でも笑うことができるし、外出できるとゲストが教えてくれました」と話し、「ディズニーには、うつ病の人は来てはいけないというような会社の主張にすごく悲しみを覚えます。“夢と魔法の王国”を掲げている場所が、憧れの場所をそんな風に言ってほしくなかったです」と話しました。

 さらにオリエンタルランド社側が証人尋問で「Bさんが仕事中に過呼吸を発症していると主張するのに、実際は倒れていないじゃないか」と発言したことに対しては、「キャラクター出演者の労働環境は本当に過酷です。熱中症などになって倒れそうになっても、『ゲストの夢を壊したくない』と必死で我慢をしながら出演しています。そんな気持ちも踏みにじられたと感じました。出演者がどんな気持ちでみんなにエンターテインメントを提供しているか、会社に一番わかってほしかったです」と涙ながらに語りました。

 また、上司が裁判官に対して「長年にわたり守ってきた夢をBさんが壊したのが悲しい」と証言したことについては、「この裁判は、夢を壊すための裁判ではなく、夢を守るための裁判です」としたうえで、「なぜ裁判を起こさなければなければならなかったのか、会社にも今一度考えなおしてほしいです。この仕事を続けたいのに続けられないのではなくて、続けたい人が仕事をし続けられるような環境になってほしいと願っています」とコメント。

 判決を受けてオリエンタルランド社から「今回の判決において、当社の主張が一部認められなかったことは誠に遺憾であり、判決内容を精査した上で今後の対応を検討して参ります。なお、原告が主張するパワーハラスメントに該当する発言は認められませんでした。ゲストの皆様をはじめとする日頃より当社を支えてくださる全ての皆様に対しご心配おかけしておりますことをお詫び申し上げます」との声明が出されたことについてBさんは、「“当社の主張”が何に対して何を主張をしていたのかを知りたいです。(裁判でのオリエンタルランド社の主張が)どうしても受け入れられない内容ばかりだったので……」と率直な心境を明かしました。

 最後にBさんは「ディズニーが悪いわけではないし、ディズニーというもののイメージが壊れることがとても悲しいです。繰り返しますがディズニーが悪いわけではないんです。悪いのは労働環境を是正してこなかったオリエンタルランドという会社です。裁判を始める前も終わった今もディズニーというコンテンツを愛しています。今後私と同じように憧れて入社してくる方々が自分と同じ目に合わず安心して働ける、本当に従業員にとっても夢と魔法の王国と胸を張って言える環境にしていってほしいです」と締めくくりました。

 Aさんは訴訟中に退職。Bさんは現在本件訴訟とは無関係のパレード中のアクシデントで首を負傷で休職中。なのはなユニオンの関係者からは、職場環境を浄化するための訴訟なので、Bさんの傷病の状態が看過した後には、オリエンタルランド側にBさんの気持ちに寄り添った対応を期待したいとの声が上がっていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  2. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  3. /nl/articles/2407/22/news048.jpg 宿題にイラつく9歳長男→部屋から出てきたら…… “まさかの気分転換”に「すばらしい」「いずれ大成するでござる」
  4. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. /nl/articles/2407/19/news171.jpg 「なに目指してんねんw」 ギャップが激しい“JAL職員の理想と現実”が160万再生! 「おもろい」「意外すぎ」と反響続々
  6. /nl/articles/2407/19/news096.jpg ママが寝ている横で……? 赤ちゃんによる早朝の“秘密の遊び”に39万いいね「かわいい」「良い子すぎる」
  7. /nl/articles/2407/21/news008.jpg 大雨の直前、迷子の子猫を急きょ保護→家に連れ帰ったら…… 大胆なギャップに「大笑いしました」「これからが楽しみ」
  8. /nl/articles/2407/18/news017.jpg 知っていると一目置かれる“旅館浴衣のキレイな着方”に「これ知りたかった!」「わかりやすい」 一級着付け技能士が解説
  9. /nl/articles/2407/22/news115.jpg 橋本環奈「立ち直れそうにない」トラブルにいたわりの声続出 「絶望感ハンパない」「ほんとに号泣案件」
  10. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」