ニュース
» 2022年06月02日 14時45分 公開

ジョニー・デップDV巡る裁判勝訴に喜び「人生を取り戻してくれた」 元妻アンバーは「時代への後退」と非難(1/2 ページ)

長い泥沼裁判、ついに評決。

[城川まちね,ねとらぼ]

 6月1日(現地時間)、米俳優ジョニー・デップが元妻で米俳優のアンバー・ハードとの名誉毀損(きそん)裁判でほぼ全面的に勝訴しました。この裁判はアンバーが2018年に米Washington Post紙へ寄稿した文章が名誉毀損にあたるとして5000万ドル(約65億円)の損害賠償を求めていたもので、陪審員はジョニーの主張を認めアンバーへ1500万ドル(約19億5000万円)の支払いを命じました。

ジョニー・デップがアンバー・ハードとの名誉毀損裁判に勝訴 英国での裁判とは打って変わり勝訴(画像はジョニー・デップのInstagramから)

 一方、アンバー側もジョニーの弁護士によるDVはなかったとする発言が名誉毀損であるとして訴えており、そちらの主張も認められジョニーからアンバーへ200万ドル(約2億6000万円)の支払いが命じられています。

 2015年に結婚し翌年離婚した2人は、その後アンバーがジョニーからのDVを受けていたと訴え、あざになった顔写真などの証拠が提出されました。ジョニー側はDVを否定し、むしろアンバーから暴力を受けたなどと主張。また、英ロンドンの高等法院で英The Sun紙の発行元を相手取り名誉毀損を訴えた裁判では、記事内容が「おおむね真実」と訴訟が却下されていました(関連記事)。

ジョニー・デップがアンバー・ハードとの名誉毀損裁判に勝訴 ジョニーによる声明(画像はジョニー・デップのInstagramから)

 評決後の長い声明を、ジョニーは自身のInstagramにも投稿。6年前に自分や子どもたち、支援者らの人生が「がらりとかわってしまった」とし、6年後の今日「陪審員は私に人生を取り戻してくれた」と感慨深い思いを述べました。また、この裁判自体の法的な難しさや、裁判をすることで自身の人生が「世界的な見せ物になる」ことを予想し、考えつくした末の決断だったとのこと。

 しかし結果にかかわらず、裁判の目的は「真実を明らかにすること」だったと明かし、それは「私の子どもたちや、変わらず私を支え続けてくれた人たち」のためやるべきことだったとしています。そして「ようやく新しい章が始まった」とこれが終わりではないことを示唆しつつ、「Veritas numquam perit」とラテン語で「真実は決して滅びない」の言葉で結びました。

ヴァネッサ・パラディとリリー・ローズ・デップ 元パートナーのヴァネッサ・パラディと娘のリリー・ローズはジョニーを擁護するコメントを出していた(画像はリリー・ローズ・デップのInstagramから)

 ジョニーがアンバーからDVで訴えられた直後、元パートナーである仏俳優で歌手のヴァネッサ・パラディは、自身との14年間にわたるパートナーシップでジョニーが「一度も私を肉体的に傷つけたことはない」とコメント。娘のリリー・ローズ・デップも「私と弟にとって彼はただ素晴らしい父親であるだけ」と擁護していました(関連記事)。

 また、今回の裁判では元交際相手であった英モデルのケイト・モスが証言台に立ち、自身はジョニーから肉体的な暴力を受けたことはないと証言。アンバーが証言台で口にした、過去に「ケイトがジョニーに階段から突き落とされた」といううわさもデマであると否定しました(関連記事)。

アンバー・ハードはジョニーとの名誉毀損に敗訴 評決に失望したとアンバー・ハード(画像はアンバー・ハードのInstagramから

 両者ともに名誉毀損の訴えを認められたものの、内容的には敗訴となるアンバーも、声明をSNSで公開しています。「今日の失望は言葉では言い表せない」と自身の率直な落胆を述べつつ、この評決が女性が発言することを軽視された「時代への後退」であるとアンバー。さらに、評決にはジョニーの権力が強く影響しているとも主張しています。

アンバー・ハードの声明 評決後のアンバー・ハードの声明(画像はアンバー・ハードのInstagramから
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」