ド真ん中をやると異質になる――超学生、メジャー1stアルバム「超」制作で込めた“狙い”とは(1/3 ページ)

「自己紹介のようなアルバムが今回作れた」

» 2023年02月20日 20時00分 公開
[斉藤賢弘ねとらぼ]

 パワフルな“ガナリボイス”を武器とするボーカリスト・超学生さんが2月15日、メジャー1stアルバム「超」をリリースしました。

 すりぃさん、ピノキオピーさんら有名ボカロPから、「BiSH」や「BiS」との仕事で知られる松隈ケンタさんや元「欅坂46」平手友梨奈さんの楽曲を手掛ける辻村有記さんらに加えて、海外作家陣も参加。ストーリー性あふれるほの暗いものから、新しい試みともいえるまぶしいまでにポップなものまで、各プロデューサーが腕をふるった楽曲を乗りこなす、超学生さんの歌唱スキルがたっぷり堪能できる作品となっています。

 「超」という作品を“色彩豊かな世界”だと表現する超学生さん。初めてのアルバム作りでアーティストとして目指した場所、またそこにたどり着いた先で新たに生まれた夢などについてうかがいました!

超学生のメジャー1stアルバム「超」

曲順に表れた“意味”

―― 「超」リリースに先だって出されたステートメントで、同作のテーマを“多様性”にしていました。この言葉は現在だと、「異なる個性の認め合い」などの文脈で理解されることが多いですが、あえてご自身のファーストアルバムの軸に据えた理由をまずうかがえますか?

超学生 音楽ってすごく昔だと、やってはいけないことがあったりするんです。「禁則」というそうですけど、こういう音は使っちゃいけないみたいなものが、クラシックにまでさかのぼると存在していました。

 そうした“ルール”的なものって過去だけじゃなく、現代にもある程度存在するなと。こうした作品を今のタイミングで出した方がいいとか、自身のリスナーが求めているからこういうタイプのものを発表した方がいいといった空気感が「あるな」ってどことなく感じていました。

 「超」に関していうと、逆に世間の流れをいったん全部無視して、1曲1曲やりたい要素を優先して作ったアルバム。アルバムを見据えて作ったというより、自分の目指すところに沿った楽曲たちを最終的にアルバムの枠でまとめた段階で、集まった作品を眺めた際の共通点として“多様性”という言葉がしっくりくるなって。

―― それは“Break The Rules”みたいなニュアンスですか?

超学生 そうです。ただ、ものすごくトガった方向というよりは、世間が強く求めるところのド真ん中を特に選んでいないよ……っていうぐらいの感じですね。

―― 一点気になっていることがあります。本作はタイアップ曲「Did you see the sunrise?」ではなくて「サイコ」で終わるようになっています。あくまで印象ではあるんですけど、この並び順だとリスナーが一聴した際、スッキリとではなくドロッとした余韻が残りますね。

超学生 確かに!

―― 個人的には、こうした曲順にかなり意図的なものを感じたのですが、いかがでしょうか?

超学生 おっしゃる通りですね。

 今回のアルバムは、テーマに沿って楽曲の順番を決めたのではなく、ほとんどリリース順で並べているんです。「ルーム No.4」で始まって最後を「サイコ」にしたいなって。こだわりじゃないですけど、その一点だけはやりたいなという思いがありました。

―― それはどういった理由なのでしょうか?

超学生 「ルーム No.4」は僕にとってインディーズ時代最初の、「サイコ」がメジャーデビュー直前、インディーズ時代最後の楽曲になるんですよね。2曲そろって作詞作曲はすりぃ(※1)さん、MVはイクミさんとねこぜもんさんと、制作陣も全く同じ方たちで。

※1 すりぃ……2018年活動開始のボカロP。「テレキャスタービーボーイ」「ジャンキーナイトタウンオーケストラ」などの代表曲を持つ他、Ado「レディメイド」、天月「負け犬のリベンジ」、缶缶「ドロシー」など楽曲提供も盛んに行っている。

 僕もいろいろな人のオタクをやっていることが多くて、その感覚で捉えたときに「なんだか遠くなっちゃった感」みたいなのがありすぎるのも嫌だなと思ったんです。だから、アルバムのラストにインディーズ時代最後の曲を持ってくることで、「インディーズのころの超学生もちゃんと丸ごと引き連れて、メジャーで今後やっていきます」っていう意味を込めています。

―― 「超」は出発点であり、またある意味では原点回帰の1枚でもあるということですね。

超学生 メジャーで今後活動していくことを考えた場合、インディーズの最初と最後の曲をアルバムの入口と出口に配置するアイディアって今回しかできないなって。そういう意味でもやってみたかったので、実現できてよかったなと思っています!

「王者っぽい曲がほしい」コラボ相手への思い

―― 非常に面白い話ありがとうございます。同作では作曲だけで、10人以上のプロデューサーが関与しています。コラボ相手というのはどのような基準で選んでいるのでしょうか?

超学生 基本的にボカロPさんやFAKE TYPE.(※2)さんらインターネット出身の方に関しては、僕がまずやりたいこと、例えばエレクトロ・スウィングをやりたいとか、「人類のさらにちょっと上にいるような目線」の曲が欲しいといった希望が前提としてあって、その内容に沿って選ばせてもらうことが多いですね。

※2 FAKE TYPE.……トップハムハット狂とDYES IWASAKIの2人が2013年に結成したユニット。Mori Calliope「NEZUMI Scheme」やHey! Say! JUMP「OH MY BUDDY」などを手掛けている。

 それ以外の辻村有記(※3)さんやJazzin’park(※4)の皆さんなどの場合だと、基本的にレーベル側から提案いただいた中から楽曲を聞かせてもらった上で、僕がやりたいと思っていたことを実現させてもらえそうだなと感じた方をピックアップしています。

※3 辻村有記……4人組ロックバンド「HaKU」の元ギター&ボーカル。2016年のバンド解散後、2018年1月にアルバム「POP」をリリースした他、欅坂46「誰がその鐘を鳴らすのか?」や平手友梨奈「ダンスの理由」などメジャーで活躍するアーティストの楽曲を多く担当している。

※4 Jazzin'park……久保田真悟と栗原暁の有名音楽プロデュ−サー2人からなるユニット。King & Prince「koi-wazurai」「恋降る月夜に君想ふ」、Snow Man「Secret Touch」、なにわ男子「Brand New Heroine」「ダイヤモンドスマイル」など、ジャニーズ楽曲での仕事で知られている。

―― 辻村さん、Jazzin’parkさん、また松隈ケンタ(※5)さんは非常にエッジが立っているというか、作家性の部分で大変な評価を受けている面々だという印象があります。数多く受けたであろう提案の中でこの方たちを特に選んだ理由というのは何でしょうか?

※5 松隈ケンタ……音楽クリエイターチーム「SCRAMBLES」を率いるプロデュ−サー。WACKとの関係が深く、BiS、BiSH、GANG PARADE、豆柴の大群などのグループ楽曲を制作している。「超」では有名曲「Did you see the sunrise」を担当した。

超学生 辻村さんは、平手友梨奈さんの「ダンスの理由」はじめいろいろな担当曲を聞かせてもらっていて。

 当時、超学生がみんなを引っ張っていくというか、余裕のある王者っぽい曲がちょっと欲しいなと思っていました。平手さんの楽曲のような“主人公感の強い曲”を作るのが得意な方だなと感じたので、打ち合わせのときにもそうお願いした結果、「Fake Parade」のようにトガりめな曲になったんじゃないかなと。

―― ひるがえってJazzin’parkの「Untouchable」は非常に爽やかな感じで、明るい王道曲になっています。

超学生 この曲はボカロっぽくない、メジャーっぽい音の曲をぜひやってみたいと思って作った1曲ですね。Jazzin’parkさんといったら、ジャニーズさんはじめメジャー中心に活躍されているので、音作りに関しては全くもう期待しかなかったんです。

 楽曲制作にあたっては、「超学生はとにかく何でも歌いますので、今までの創作で抑えている部分があったら、そういうのは全部開放して好きに作ってください」ってお願いしたので、「Untouchable」はある意味で一番Jazzin’parkさんらしい曲なのかもしれません。それもさっき言った、ひとつの“多様性”なのかなっていう。

―― 冒頭とうまい具合につながりましたね(笑)。

超学生 はい(笑)。

超学生のメジャー1stアルバム「超」
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」