小学生に大人気のYouTuberが明かす「こんな影響を与えているとは」 好きを仕事にする原体験、史上初のイベント開催秘話インタビュー(1/3 ページ)

あにまるず Animals×ちゃんねる鰐×マーシーの獲ったり狩ったり×真夜中のビバリウムの座談会の様子をお届け。

» 2023年02月25日 10時00分 公開
[あだちまる子ねとらぼ]

 2月11日、12日の2日間にわたり、「BitStarラウンジ(東京・渋谷)」で「生き物系YouTuber FAN FESTA」が開催されました。大人気の生き物系YouTuber12組が一堂に会し、トークショーやチェキ撮影、オリジナルグッズの販売などを行いました。

生き物ファンフェス

 ねとらぼ生物部では、同イベントに参加したYouTubeチャンネル「あにまるず Animals」のえーしさん、「マーシーの獲ったり狩ったり」のマーシーさん、「真夜中のビバリウム」の真夜中のビバリウムさん、「ちゃんねる鰐」のさんにインタビューを実施。

座談会メンバー 写真左からえーしさん、マーシーさん、鰐さん、真夜中のビバリウムさん

 “普段から遊んでいる仲間”という4人に、「事務所間のしがらみをぶっ壊してでもやりたい」という思いから始まった本イベントの開催秘話や、「ゴキブリでも何でも素手で捕まえていた」という生き物との原体験、自身が与える影響力への考えなど、座談会方式で語ってもらいました。

座談会参加メンバー(五十音順)

えーし(「あにまるず Animals」)

BitStar所属、登録者数63万人(記事執筆時点)。相方・あいるん氏とともにペンギン、ミニブタ、コツメカワウソなど、さまざまな動物の姿を届けている。実は本イベントの発起人の一人。

マーシー(「マーシーの獲ったり狩ったり」)

Kiii所属、登録者数28万人(記事執筆時点)。琵琶湖(滋賀県)を中心に生物生態系の保全を目的とした“ガサガサ”や外来種捕獲の様子を届けている。本イベントの見どころは“ヌートリアの毛皮”。

真夜中のビバリウム(「真夜中のビバリウム」)

BitStar所属、登録者数28万人(記事執筆時点)。たくさんの蛇や鳥、小動物たちとの暮らしの様子をまったりと届けている。家にいる生き物の数は、現時点で100匹前後。

鰐(「ちゃんねる鰐」)

Carry On所属、登録者数81万人(記事執筆時点)。爬虫類・両生類を中心とした生き物の魅力や生態を届けている。本イベントの開催前日(2月10日)が誕生日だった。


――まずは生き物に興味を持ったきっかけを教えてください。

真夜中のビバリウム子どものころから生き物がすごく好きだったんです。公園でよく鳩を見たり虫を取ったりしていて、うん、本当みんなかわいいんですよね。だから物心ついたときから生き物はいろいろ好きでした。

真夜中のビバリウム 真夜中のビバリウムさん 「決めポーズがない」と戸惑いピース

:自分は物心ついたときにはすでにゴキブリでも何でも素手で捕まえていました。本能的に好きなんですよね、多分。子どものときって皆、虫全般好きじゃないですか。それがなぜか成長に伴って苦手になっていく。ここにいる人たちは苦手にならなかったんだと思います。

ちゃんねる鰐 鰐さん 「俺はこれ」と決めポーズを披露してくれた

 最初に飼った生き物は金魚でしたね。小学2年生くらいのときに夏祭りで金魚すくいをして、うちが犬とか猫とか飼えなかったんですけど、「魚ならいいよ」ということで金魚を飼わせてもらえて。そっからずっと魚だけしか飼わせてもらえなかったんで、魚人間になりました。

マーシー:僕は父親が釣りとか旅行が趣味で、結構小さいときからいろいろ付いて行っていました。そこで魚釣りを覚えて、生き物と触れ合っていたのが最初かな。で、小学1年生くらいのときに父親がいなくても何か楽しめないかなと思って、近くの川に網を持って行って、今でいうガサガサをしていました。そのときから魚やカメを捕まえていましたね。

マーシーの獲ったり狩ったり マーシーさん 「網がないと手持ち無沙汰になるなぁ」

えーし:僕も皆さんと同じで、気付いたら動物好きでした。幼いとき、犬を飼っている同級生がすごくうらやましくて、物心ついたときに最初にねだった動物が犬だったことは覚えています。

あにまるず Animals えーしさん 「俺の決めポーズ、ヤンチャかな(笑)」

 結局犬は飼わせてもらったんですけど、当時住んでいた場所が下町で、周りの家がすごく近くて。ご近所さんからその犬が「うるさい」とすごく言われて、近くの家に泣く泣く譲渡したんです。僕としては中途半端に飼ってしまったことがすごく心残りで、通学路の途中にその犬を譲渡した家があったんですけど、いつも横目に見ていて。それが原因で登校拒否になったくらいショックな出来事でした。

 だから自分が管理できるようになったときに、生き物としっかりと向き合いたい、取り組みたいと思いました。好きというより“使命”みたいな感じでしたね。今は純粋に好きという気持ちで、「この子たちはどういうことを考えているんだろう」と思いながら動物と触れ合っています。本当にいろいろな動物が好きです。

――現在は“生き物系YouTuber”として皆さん活躍されていますが、YouTubeを始めたきっかけというものは何かあるんでしょうか?

真夜中のビバリウム:僕はSNS感覚で始めました。最初は爬虫類の情報収集や発信をしたくてTwitterから始めたんですけど、高校時代に映像を作るみたいなことをやっていたので、「エサ代くらいは稼げたらいいな」ぐらいの感覚で、5年ほど前にYouTubeを始めました。

:自分は10年以上前から、もともとは掲示板で活動をしていて、そこで生き物の写真をアップしたり雑談をしたりしていたんです。だけどその掲示板に動画をアップする機能がなくて、動画を見せたいときはYouTubeにアップしてURLを貼る、みたいな感じでやっていたんですよね。

 そしたら、そのうちの1個が200万再生くらいバズって、そのときに「こういうのって需要があるんだな」と初めて気付いて。5〜6年前、YouTubeがはやり始める前、ちょうど収益化が始まったくらいのタイミングで始めたのがきっかけです。

ピラニアに金魚20匹を与える

――なるほど。ちなみにその掲示板というのは個人で開設されたものだったんですか?

:いや、2ちゃんねるです!

えーし:(笑)、そこでプロレスをしていたんだね。

:はい、いろいろな人と交流してメンタルを鍛えられましたね。ありがたいです!

マーシー:僕は話すと多分、めちゃくちゃ長くなっちゃうんですけど……。もともと生き物が好きで、東海大学の海洋学部で海について学んでいたんですけど、就職のときに「(生き物に関わる仕事は)多分食っていけないだろう」と思って、不動産の営業にしたんです。だけどやっぱどうしても忘れられなかったというか、不動産の営業をやりながら、メンタル面でも「この仕事をずっとは続けられない」と思って。

 そのときに大学時代、面白い講義があったことを思い出したんです。エコツアーガイドを学生自らが企画して、付属の小学校の生徒たちと一緒に実践するという。僕はそのツアーの一応リーダーだったんですけど、未来ある子どもたちに環境のことを教えたり、興味の窓口を作ったりというのがしっくり来ていたな、と。これを将来仕事にしたい、いつか起業したいと決意して、不動産の営業は4年ほどで辞めました。

 ただ、エコツアーガイドをするにしても、自分はあまり琵琶湖のことを知らないな、まずは琵琶湖について学ばないと何も始められないなと思って、失業手当をもらいながら準備をしていました。その間に、もともと関心のあったYouTubeを始めたのがきっかけではあるんです。

 で、YouTubeの何が良いって、自分で広告が打てるんですよね。不動産の営業時代、広告にお金がかかることは知っていたので、将来起業するときに良いなと思って半年ほど続けていたら、“ウシガエルを3452匹捕まえる”という内容の動画がバズったんです。

【生態系崩壊】たった4時間で3452匹のウシガエルを捕獲した衝撃映像【琵琶湖ガサガサ探検記13】

 この動画の収益が入ったときがちょうど、失業手当が切れるタイミングだったんです。しかもコロナ禍ということもあって、対面でエコツアーガイドをやるよりも、YouTubeで飯を食えるくらいの収益がもらえるならこれでいいかな、と思って。これがきっかけで、登録者数も500人ほどから一気に2万人くらいまで増えました。

えーし:僕は飼っているいろいろな動物をたくさんの人に見てもらいたい、喜んでもらいたいと思って、最初はエキゾチックアニマルカフェを始めました。だけど僕あの、ちょっとばかで……実際に始めてみたら前途多難というか、いろいろな人に癒やしを与えるはずが、動物たちにストレスを与えることになってしまったんです。

 お客さんのなかには、動物を粗末に扱う人もいて、カフェが見せ物小屋みたいになってしまった。これはどうにかしないといけないとなったときに、相方のあいるんがカフェと並行して進めていたYouTubeなら、動物たちにストレスがかからないと思い、本格的に取り組み始めました。これなら直接の触れ合いはなくても、たくさんの人にかわいい動物たちを見せることができると。

きっかけを話すえーしさん 生き物に対する思いを語るえーしさん

 だけど最初は鳴かず飛ばずで……それこそ2年間くらい毎日動画をアップしても全く当たらずでした。それでも続けていくなかで、鰐さんとかたくさんの仲間ができて、いろいろ教えてもらったり協力してもらったりしながらやっていくうちに、動画の収益がカフェの売上を一瞬、一気にポンと超えたんです。このときに「今しかない」と思って切り替えたのがきっかけです。

――皆さん、多様なバックグラウンドがある……。そのYouTubeでの活動や、生き物との触れ合いのなかで、特に印象的だった出来事はありますか?

真夜中のビバリウム:2022年はイベントへの出店でファンの方と交流する機会が多かったんですけど、僕の動画を見て「ヘビ嫌いだったけど興味を持つようになった」とか、それこそ「好きになって飼いました」という人がいて、僕の動画がそんなに影響を与えていたんだ、と驚きました。これがやっぱ一番印象的で、うれしかったですね。

:今言われちゃったんだけど(笑)、俺はイベントとかに来るファンが小学生の男の子が多いんですよね。親御さんと一緒に来てくれて、「うちの子が鰐さんに憧れてるんですよ」「将来、鰐さんになるって言ってるんですよ」って言ってもらえることが多くて。

 自分が好きでやっていて、生き物の魅力を伝えたいって思いだけで動画を上げていただけなのに、こんなに影響を与えているんだ……という。もうアホなことできないなという不安はありつつ(笑)、でもすごいうれしいな、これからも頑張りたいなっていう喜びがあります。これが一番大きいです。

マーシー:いや本当、同じなんやな……。

真夜中のビバリウム:そう、自分が思っている以上に影響を与えてるんですよ。

談笑する4人 自身が与える影響の大きさに驚く4人

マーシー:僕もやっぱり同じで、今回のイベントでも僕の動画を見て「同じたも網を買いました」とか、「ウェーダーを買ってガサガサに行くようになりました」「亀の種類が分かるようになりました」「ごみ拾いを始めました」って言ってもらえるのが一番うれしくって。

 結局、僕が日々外来種問題に取り組んで動画をあげていることによって、伝播(でんぱ)はできているかもしれないけど、一人では駆除できる量や活動できる範囲が限られてしまう。将来的には生物生態系の多様性とか、持続可能な社会に向けた取り組みが必要だと思っていて、そういう仲間を増やしたいという思いで活動している

 それを実現するためにはものすごい大変な熱量が必要だと思っているので、視聴者さんが実際に活動してくれることは本当に感動するし、たくさんの力になります。

ザリガニの生態 今回のイベントでも自身のブースで生物生態系について伝えていたマーシーさん

えーし:うちはいろいろな動物がいるので、新しい動物との出会いは毎回衝撃を受けるんですけど、一番印象に残っているのはカワウソですね。飼い始めたときは「こんなにかわいい生き物がいるんだ」と感動して、このかわいさをみんなに伝えたいと思っていたんですけど、今はかわいい部分も含めて動物本来の危険な一面もあるよ、ということも伝えていきたいと思っています。

 もう……やばいです。何がやばいって、まず顎の力が強い。素人が手を出していい領域ではない。かといって、素人と玄人の違いというのはさっぱり分かりませんが、“かわいい”だけで安易に飼ってほしくないと思います。カワウソのことは苦労した分かわいいんですけど、よほどの熱量と愛情がなければ育ててはいけない動物であることを学びました。

 生き物を飼育するということに対する考え方もガラッと変わりましたし、そういう“良いも悪いも”を発信できる立場として、今後も伝えていきたいと思いました。カワウソは良い意味で衝撃を受けました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」