「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」は子どもも見られるマッドマックスだった(1/3 ページ)

ピーチ姫が強いことにも必然性がある。

» 2023年04月28日 19時00分 公開
[ヒナタカねとらぼ]

 「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」が4月28日より公開されている。本作は言わずと知れたゲームキャラクター・マリオを主人公に迎えたアニメーション映画。全世界での興行収入が1000億円の大台を突破するなど、すでに歴史的な超大ヒットを遂げている。

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」レビュー 子どもも見られるマッドマックスだった 「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」 4月28日(金)全国ロードショー 配給:東宝東和 (C) 2023 Nintendo and Universal Studios

 結論を申し上げれば、本作はめちゃくちゃ面白い! このゴールデンウィークに、老若男女が楽しめる映画として大プッシュでおすすめできる。何しろ、ほぼノンストップで見せ場が展開するのでまったく退屈する隙がない。上映時間も94分とタイトなので、長い映画だとグズってしまう小さなお子さんをお持ちの方でも安心だろう。

 ゲームを遊ばない、マリオのことをよく知らないという方でも問題なく、ファンであればさらにアガるサプライズや小ネタも仕込まれている。さらに、良い意味でのクレイジーでハイテンションな作風もまた見どころとなっていた。ここからは、大きなネタバレは避けつつ内容に踏み込む形で、さらなる魅力について記していこう。

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」セカンド予告(吹替版)

かわいいキャラの「新鮮な肉」発言から分かるクレイジーさ

 この「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」の最注目ポイントは、制作会社がイルミネーションであることだろう。「ミニオンズ(怪盗グルー)」「ペット」「シング」シリーズが有名で、ファミリー向けアニメ映画の大ヒット作を続々と送り出しているスタジオなのだ。

 そのイルミネーションの作品ではスラップスティックなギャグが多い。というよりも殴られたり蹴られたりの暴力がコミカルに描かれたり、思わずギョッとしてしまうほど毒っ気の強いギャグもある。今回は予告編でマリオがドンキーコングにボッコボコにされて「うわぁ、これはむごい!」と言われたりすることから、その攻めたギャグの一端が分かるだろう。

 さらなる衝撃は、「スーパーマリオギャラクシー」などに登場した星の形をしたキャラクター・ルマリー(日本版ゲームでの名前は「よろずやチコ」)の衝撃的な発言である。溶岩の上につるされた牢屋の中にいるルイージに対し、「おっ、新鮮な肉が来たね」「唯一の希望、それは死による解放さ」などと、虚無主義的な発言を繰り返すのである(※子どもも見る映画です)。

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」最終トレーラー(吹替版)

 そして、軍団がぶつかり合って戦ったり、カートに乗って激しい攻防を繰り広げる様が大迫力。大量のキャラクターが一堂に会する画の情報量の多さ、カーチェイスのドラッギーなまでのトンデモぶり、イカれた連中がキャラクターの9割を占める様から強く連想したのは、あの「マッドマックス 怒りのデス・ロード」だった。

 本作は「マリオmeetsマッドマックス」な内容と言っても過言ではなく、それこそディズニーやピクサーには絶対にできない、イルミネーションらしいアニメの魅力そのものだったのだ。よく考えたら、元のゲームもキノコを食べると巨大化したり、花を食べると火を放ったりする、まあまあおかしな発想があったので、このクレイジーさとの相性が良かったともいえる。

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」レビュー 子どもも見られるマッドマックスだった (C) 2023 Nintendo and Universal Studios

 そのハイテンションぶりがアクセル全開すぎるのか、多少の無理が通れば道理がひっこむ、勢い任せの展開もあったような気もしたが、それも含めて超楽しかったので個人的には大いに許せる。米批評サービスのRotten Tomatoesでの「批評家の評価は割れているが、一般観客からは大絶賛」という評価のバランスも、なんだか納得なのである。

まさかの実写映画版へのリスペクト(?)

 もはやマッドマックスぶりにびっくりする今回の映画だが、さらに驚いたことが序盤も序盤にある。何しろ、本作のあらすじは「ブルックリンで配管工をしているマリオとルイージの兄弟が、不思議な世界へ迷い込んでしまう」というもの。これが1993年の実写映画「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」の導入部ととてもよく似ていたのだ。

井上和彦&千葉繁ナレーションPV「スーパーマリオ 魔界帝国の女神 製作25年HDリマスター」Blu-ray

 その「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」は批評的にも興行的にも大失敗作と呼ばれており、確かにグロめの世界観やヨッシーがただの恐竜にしか見えないなどの問題もあるものの、個人的にはワクワクするギミック満載の楽しい映画だったと記憶している。そちらを黒歴史にするどころかリスペクト(?)してくるとは、いったい誰が予想しただろうか。

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」レビュー 子どもも見られるマッドマックスだった (C) 2023 Nintendo and Universal Studios

 そして、今回の「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」ではマリオとルイージは配管工として新しく事業を始めたばかりかつ、初っぱなから大失敗をしてしまう。そんな人生がどん詰まりな状況から、弟と生き別れになってしまうも、再会をするための冒険に旅立ち成長をしていく、分かりやすく感情移入をさせてくれる物語にもなっているのだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」