【漫画】猫の殺処分を減らすために、飼い猫にこそ避妊去勢手術を 一体なぜ? 獣医師に話を聞いた

たとえ1匹の完全室内飼いの猫にも、避妊去勢手術を。

» 2023年07月09日 20時30分 公開
[k村ねとらぼ]

 「猫の殺処分を減らすために、飼い猫にこそ避妊去勢手術の徹底を――」。獣医師が描いた注意喚起の漫画がInstagramに投稿され、400件以上のいいねを集めています。作者は一般社団法人「猫総合相談センターハッピータビー」(@happy_tabby_clinic)の獣医師、橋本恵莉子さん。猫の殺処分数と飼い猫の避妊去勢手術には、どのような関連があるのでしょうか。ねとらぼ編集部は橋本さんに取材しました。

 近年、犬猫の殺処分数は減少傾向に。その理由は殺処分への否定的な意見の広がり、動物保護団体の増加による保健所の引き取り数の減少、保護犬・猫の譲渡数の増加などがあげられます。しかし、環境省の統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」によると、2021年4月1日〜2022年3月31日の猫の殺処分数は合計で11718匹にも及び、今もなお多くの猫たちが殺処分の対象になっていることが分かります。

 橋本さんが描いたのは、殺処分の対象になる野良猫たちを増やさないため、「たとえ1匹で完全室内飼いしている猫でも避妊去勢手術の徹底が必要である」というテーマの漫画です。

飼い猫の避妊去勢手術の徹底を 飼い猫の避妊去勢手術の徹底を
野良猫を増やす原因になる 野良猫を増やす原因になってしまう

 雌と雄の猫が暮らしている家庭での避妊去勢手術は、むやみな繁殖を防ぐために必要であることは分かりますが、なぜ1匹だけ室内飼いしている猫にも避妊去勢手術が必須なのか。橋本さんは漫画で、猫が脱走して迷子になってしまうケースをあげて警鐘を鳴らします。

脱走して迷子になったら? 万が一、猫が脱走して迷子になってしまったら

 橋本さんによると、何らかの理由で脱走してしまった雌猫が妊娠して帰ってきてしまうケースは珍しくないとのこと。また、脱走後の猫が戻ってこられずにそのまま野良猫になってしまうと、新たな野良猫を増やしてしまう原因になるといいます。

脱走した雌猫が妊娠してもどってきた 脱走した雌猫が妊娠してもどってきたケースは珍しくないそうです
脱走しないと本当に言える? 私の猫は大丈夫、と思っても……

 もちろん、愛猫の脱走を望む飼い主はおらず、「うちの猫は大丈夫」と自信がある飼い主が多いでしょう。しかし、もし地震などの災害で突然家が倒壊したら? パニックになった猫が家から飛び出して戻ってこられなくなったら……。橋本さんは「予想外の防ぎようがない脱走もあり得る、本当に絶対大丈夫なのかな?」と問いかけています。

災害で家が倒壊して脱走したケースも 災害で家が倒壊して脱走したケースも
災害時に家から離れ、戻れなくなった猫 災害時に家から離れ、戻れなくなったケースも

 脱走や災害で家を離れてしまい、戻ってこられなかった猫たちが手術を受けていなければ、繁殖し野良猫増加の原因のひとつになります。橋本さんによるとこの現象は東日本大震災や熊本地震でも確認されたのだとか。漫画の最後で橋本さんは「平常時に飼い猫に避妊去勢手術をしておくことが、万が一の脱走や災害時への備えとして重要なのです!」とつづっています。

飼い猫の避妊去勢手術の徹底を

 編集部は、橋本さんに話を聞きました。

――「飼い猫にこそ避妊去勢手術を」というテーマで漫画を描こうと思ったきっかけを教えてください

橋本さん:野良猫を減らす活動として、TNR活動が知られてきていますが、それよりも大切なのが、実は飼い猫の手術の徹底なのです。なぜなら、飼い猫が外に出たりして、野良猫を増やしてしまっている事実があるからです。

 しかし、一頭で完全室内飼いの飼い猫への不妊去勢手術には、まだまだ飼い主さんのご理解とご協力が必要です。獣医師という立場からそのことを説明したくて、漫画にしました。

※TNR……Trap・Neuter・Return(トラップ・ニューター・リターン)を略した言葉。捕獲器などで野良猫を捕獲(Trap)し、避妊・去勢手術(Neuter)を行い、元の場所に戻す(Return)こと

――漫画にあったように「脱走したメス猫が妊娠して帰ってきた」というケースは多いのでしょうか。印象的なケースがあれば教えてください

橋本さん:一頭のメス猫が妊娠して帰ってきて、その後繁殖を繰り返した結果数十頭までに増え、エサが足りず、共食いと出産を繰り返す地獄のような多頭飼育崩壊になった、という例があります。その現場からレスキューされた1頭が、譲渡型保護猫カフェの「Happy Tabby Room」のカール君です。

――読者や猫と暮らす方へのメッセージがありましたら教えてください

橋本さん:正しく繁殖予防をして、行き場のない可哀そうな命を産ませないことが、動物愛護の基本の「き」です。それは1頭だけで飼っているご家庭も無関係ではありません。不妊去勢手術をすることで、猫ちゃん自身の生殖器疾患の予防にもなります。必ず、手術をしてあげてくださいね!

(了)

 獣医師の橋本恵莉子さんが代表理事を務める「猫総合相談センター ハッピータビー(Happy Tabby)」は、猫の不妊去勢手術専門クリニックと譲渡型保護猫カフェ「ハッピータビールーム」を運営し、猫の過剰繁殖とTNR活動に関する相談受付やサポート、啓発活動などを行っています。Instagram(@happy_tabby_clinic)には、活動内容や里親募集中の猫たちの情報、ずっとのお家を見つけた猫たちの幸せそうな姿が投稿されています。

画像提供:猫総合相談センター ハッピータビー Happy Tabby(@happy_tabby_clinic)さんのInstagramアカウント

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」